バンコク観光のおすすめスポットを観光・夜遊びのジャンル別でご紹介!

バンコク観光 ジャンル別おすすめスポットのトップ画像

タイの首都バンコクは独特の文化やエキゾチックな街並みから東南アジアの中でも一、二を争う人気観光地です。また、タイは微笑みの国と呼ばれているぐらい人々が優しく、観光しやすい場所なので海外初心者にもおすすめできます。ほどよく大都市なところもバンコクが観光しやすい理由の一つではないでしょうか。
観光、食べ歩き、買い物、夜遊びなど全てにおいて最高のバンコクは、病みつきになって何度も戻ってしまうという人も多いです。
今回はそんなバンコク観光のおすすめ観光スポットを観光地・夜遊びのジャンル別でご紹介します!なお、バンコクの買い物おすすめスポットについては「バンコクで買い物するならここ!バンコクのショッピングおすすめ5選」の記事に書いてますのでこちらも読んでみてください。

バンコクの観光地・夜遊びおすすめスポットの地図

下のグーグルマップ上で観光地はオレンジ、夜遊びスポットはグリーンのピンをつけています。バンコクのショッピングおすすめスポットについては別記事に書いてますのでよかったらご確認ください!

・バンコク観光地おすすめスポット
1. ワットポー 2.ワットプラケオ 3.王宮 4.バンコク国立博物館 5.チャオプラヤ川 6.ワットアルン 7.ワットパクナム 8.タリンチャン水上マーケット 9.ジム・トンプソンの家 10.
ターオ マハー プラマ

・バンコク観光(夜遊び)おすすめスポット
1. カオサン通り 2.チャイナタウン 3.バイヨークスカイタワー 4.ソイカウボーイ 5.スカイバーSIROCCO 6.カリプソキャバレー 7.アジアンティーク・ザ・リバーフロント

バンコクの観光地おすすめスポット

バンコクの観光地おすすめスポットをご紹介!まずは観光地編から。

ワット ポー(Wat Pho)

バンコク観光のマスト!バンコク三大寺院の一つで、寝釈迦仏(寝ているお釈迦様)の像で有名な寺院です。14世紀に建てられたバンコク最古の寺院。一番の見所は全長49メートルの金の寝釈迦仏!めちゃくちゃ大きく、圧巻です。足の裏には螺鈿(らでん)細工によって、バラモン教の宇宙観が108の絵で描かれていて、人気のフォトスポットになっています。また、108の賽銭鉢が置いてあり、こちらにサタン硬貨(20バーツで購入可能)を入れていくことによって108の煩悩を捨てられると言われています。
入場料は2019年2月時点で200バーツ(350円ほど)。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

ワット プラケオ(Wat Phra Kaewエメラルド寺院)

こちらもバンコク三大寺院の一つ。仏陀の遺骨が納められている由緒ある寺院で、タイ全土から巡礼者が訪れます。金色の仏塔がとても美しいです。一番の見所はヒスイで作られた本尊 の仏像で、エメラルドのように輝くことからエメラルド寺院とも呼ばれています。
入場料は500バーツ(1,700円ほど、2018年3月時点)で、これ1枚で王宮、貨幣博物館、ウィマンメーク宮殿も入れます。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

王宮 (プラボロマ マハー ラーチャワン、Grand Palace)

白壁に囲まれた20万平方という広大な敷地内に、ワットプラケオと隣り合って建っています。ワットプラケオに入場して本堂を見た後、王宮エリアの見学コースとなります。特にチャックリーマハープラサート宮殿は下が洋風、屋根はタイ風という独特の風貌で、とても美しいです。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

バンコク国立博物館(Bangkok National Museum)

王室ゆかりのものが多く展示されている博物館です。敷地内はチャクリー王朝歴代の副王宮殿の一部であり、歴史的な建物の中で展示を見ることができます。毎週水・木曜日の9:30から約2時間、日本人ボランティアによる〔無料日本語ガイド〕 も行われています。タイの歴史や文化に興味がある方におすすめです。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★

チャオプラヤー川(Chao Phraya River)

バンコクを代表する大きな川です。歴史的にも、タイの発展は常にこのチャオプラヤ川のそばで起こりました。交通にも使用されており、ワットポーやワットプラケオがある側から、ワットアルンに行く際はボートに乗って渡ります。その料金はたったの4バーツ!渡っている途中にいい感じで川とワットアルンを写真におさめることができます。
所要時間:10-15分
おすすめ度:★★★★★

ワット アルン(Wat Arun)

こちらもバンコク三大寺院の一つで、「暁の寺」とも呼ばれています。ワットポーの乗り場からボートでくる方が多いと思いますが、75メートルの仏塔は船の上からでも良く見えます。他のタイの寺院とは少し違い、ほのかにヒンドゥー教の寺院感が漂っています。これはこれでおもしろい!きれいな装飾や彫刻が施された仏塔は必見です。仏塔は登ることができて、上からの景色もすばらしいです!
入場料は50バーツ(170円ほど、2018年3月時点)。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

上の画像がワットアルンの上から見える景色です。

ワットパークナム(Wat Paknam)

ちょっと変わった寺院を求めている方にはここがおすすめ!アユタヤ時代に設立された寺院で、まるでグラフィックCGのような仏舎利奉安塔と仏伝図が見所です。緑色のガラスの仏舎利奉安塔と頭上のカラフルな仏伝図は神秘的というよりとてもサイケデリックです。
入場料は無料。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

ジム・トンプソンの家(Jim Thompson House)

Photo credit: Twang_Dunga on Visual hunt / CC BY

タイシルクの実業家として有名なジムトンプソンの家です。彼が1967年に休暇で訪れたマレーシアでこつ然と行方不明になり、現在に至っているというのは有名な話です。ショッキングですね・・・何があったのやら。そんなジムトンプソン氏が8年間住んだ家が、博物館になっています。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★

ターオ マハー プラマ (エーラーワンの祠(ほこら) 、Thao Maha Brama (Erawan Shrine))

バンコク一番のパワースポット!ビルの一角にある小さな祠ですが、お願いしたことはなんでも叶うということで世界中から多くの観光客が訪れています。これはお願いしに行くしかないですね!
所要時間:30分-1時間
おすすめ度:★★★★★

ダムヌンサドゥアック水上マーケット(Damnoen Saduak Floating Market)

タイに行ったらぜひ行ってほしい水上マーケット!バンコクからはこのダムヌンサドゥアックに行く人が一番多いです。なお、バンコクからは片道1時間半ほどかかるので行って帰ると半日以上はつぶれると思った方がいいでしょう。観光地化され過ぎという意見もありますが、タイ文化を体感したい方には面白い場所かと思います。時間がある方はぜひ。
所要時間:半日
おすすめ度:★★★

バンコク観光(夜遊び)のおすすめスポット

バンコクと言えば楽しむべきはナイトライフ!ここからはバンコク観光「夜遊び」のおすすめスポットを紹介していきます!

カオサン通り(Khao San raod)

バックパッカーの聖地として有名な路地です。屋台、レストラン、クラブ、バーなどが立ち並ぶ若者向けの活気ある場所で、夜には店の外までガンガン音楽が流れています。夜眠りたい方はこの辺の宿に泊まらない方がいいかも。パーティーピーポーにおすすめ!
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★

チャイナタウン(ヤワラート通り、Yaowarat rd)

バンコクのカオスな中華街!このヤワラート通りには中華料理店や屋台などが並び、まるで上海の裏通りにいるみたいです。特に夜は街がネオンライトでギラギラになり、歩くのが楽しいですよ。
リーズナブルにおいしいものを食べれるおすすめの場所です。食べ歩きを楽しんでください!
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★

バイヨークスカイタワー(Baiyoke Sky Tower)

Photo credit: cat_collector on Visualhunt / CC BY

バンコク一高い展望台!84階にルーフトップ回転展望台が、そして77階にもスカイウォークという展望台があり、たったの400バーツ(1,400円ほど)で両方にアクセスできます(しかもドリンク付き!)。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

ソイカウボーイ(Soi Cowboy)

バンコク一の歓楽街です。男性には歩く度に女の子たちから呼び込みがかかります。カラフルなネオンライトがきらめき、派手な女の子たちが呼び込みをかけている光景はバンコク感があって歩くだけで面白い場所です。もちろんお子さん連れの方にはおすすめしません!(笑)
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★

SIROCCOのスカイバー

スカイバーは世界一高い場所にある屋外レストラン「SIROCCO」併設のバーで、映画「ハングオーバー2」の舞台にもなった場所です。ここで夜景を見ながら一杯なんて、最高です!お値段はバンコクにしてはちょっと高く、ドリンク1杯が400-600バーツ(1,500-2,000円ぐらい)です。ドレスコードもあり、スポーティーな恰好やサンダル、男性の袖なし・短パンは不可です。
ちなみにSIROCCOの食事は一品1,000バーツとかします・・・。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★

カリプソキャバレー(Calypso Cabaret)

Photo credit: Colin Tsoi on Visual Hunt / CC BY-ND

本場のニューハーフショーが見たいならここ!ショーに出てくるお姉さま方は元男性と思えないぐらい妖艶です。タイに行ったからには一度は見てみましょう!
2018年3月時点で、チケットはオンラインで900バーツ(3,100円ほど)、窓口で1,200バーツ(4,100円ほど)です。オンラインチケットはボヤジンVELTRAHISなどで購入可能です。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

アジアンティーク・ザ・リバーフロント(Asiatique The Riverfront)

超洗練された夜のレジャースポット!バンコクの若者や観光客の間で超話題の複合エンターテイメント施設です。1,500店舗もの土産物やファッション、雑貨などの店舗に、チェーンレストランが40店舗ほど出店している大型テーマパークで、観覧車もあるし何かと楽しめる場所です。カリプソキャバレーのショーも公演されてます。洗練され過ぎてタイらしさが無いという意見もありますが・・・。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★

まとめ:バンコク観光のおすすめスポットを観光・夜遊びなどジャンル別でご紹介!

この記事では「バンコク観光のおすすめスポットを観光・夜遊びなどジャンル別でご紹介!」について書きました。さすがバンコク、楽しい胸ときめくスポットがたくさんありますね!
日本からの直行便もあり6時間以内で行けるので、ぜひゴールデンウィークにでもバンコク旅行に行ってみてください。
※この記事に記載の情報は2018年3月執筆時の情報です。随時更新するつもりですが、最新情報については各公式サイトでご確認ください。