鹿児島県民割と全国旅行支援!今こそ鹿児島の旅のじゃらん・楽天トラベルでの予約方法やクーポン取扱店は?

「鹿児島県民割!今こそ鹿児島の旅のじゃらん・楽天トラベルでの予約方法やクーポン取扱店は?」の記事 アイキャッチ画像

鹿児島県は国の交付金「地域観光事業支援」を活用し、九州居住者向けの旅行キャンペーン「今こそ鹿児島の旅・第2弾」を実施しています。

鹿児島県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県の居住者が鹿児島県内を旅行する場合に「1人泊あたり旅行代金が最大5,000円オフ+2,000円分の地域クーポン進呈」となり、ものすごくお得です!

この記事では今こそ鹿児島の旅・第2弾の割引詳細や予約方法、使い方、地域クーポンの取扱店などについて詳しくまとめています。

じゃらんや楽天トラベルなどの予約サイトから予約する方法も解説しているので、対象の都道府県にお住まいの方はぜひご参考に!

※8/29NEW:9/30まで期間延長!9月分は8/25から受付開始

「今こそ鹿児島の旅・第2弾」は地域観光事業支援を利用した県民割!

今こそ鹿児島の旅・第2弾キャンペーン

今こそ鹿児島の旅・第2弾は国の旅行業界への補助金である「地域観光事業支援」を活用した、旅行割引キャンペーンです。

鹿児島県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県に住んでいる方が鹿児島県内を旅行する場合のみ対象で、支援内容は

・旅行代金が50%オフ(上限:1人泊あたり5,000円)
・旅行代金4,000円以上の場合、2,000円分の地域クーポン進呈

となっています。

5月末に終了の予定でしたが、期間が延長されて2022年9月30日まで実施されることになりました。

まずは重点のみ表でご紹介しましょう。

名称今こそ鹿児島の旅・第2弾
対象鹿児島県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県の居住者が鹿児島県内を旅行する場合に対象。日帰りも可。
※ワクチン接種証明書(3回接種)もしくは陰性証明書が必要
期間2021年10月7日〜2022年9月30日
※4/29~5/8除く
割引額旅行代金が50%オフ
※上限:1人1泊(日帰りは1人1回)あたり5,000円
地域クーポン旅行代金が4,000円以上の場合、1人泊(日帰りは1人1回)あたり2,000円分の今こそ鹿児島クーポン進呈
キャンペーン対象施設対象旅行会社一覧:鹿児島県民向け / 県外居住者向け
併用市町村や予約サイトが実施する割引との併用可)
利用条件泊数・利用回数の制限なし
予約方法以下の2つの方法
①クーポン利用:楽天トラベルじゃらんJTBるるぶヤフートラベル一休.comゆこゆこ近畿日本ツーリスト日本旅行
②対象旅行会社に申込
公式サイトhttps://www.imakago.com/

このように最大5,000円の割引+2,000円分のクーポン進呈で、最大7,000円分お得になります!

利用者は楽天・じゃらんなどの旅行予約サイトや対象旅行会社ごとに取り扱っている宿泊施設を予約することができます。
なので対象宿泊施設の一覧などは提供していません。

またチェックイン時や旅行会社での申し込みの際に、対象の都道府県に住んでいることを確認する身分証明書(免許証など)と、ワクチン接種証明もしくは陰性証明書などの提示が必要です。

ちなみに地域観光事業支援の詳細については下記の記事で詳しくまとめています。

地域観光事業支援(県民割)クーポンで最大7千円お得!予約方法や対象の県は?
県民割・地域ブロック割や全国旅行支援一覧とじゃらん・楽天のクーポンまとめ!対象拡大でよりお得

ワクチン接種証明・PCR陰性証明の提示が必要

チェックイン時や旅行会社での申込時に、ワクチン接種証明もしくはPCR陰性証明の提示が必要となります。

必要な証明書は以下のようなものです。

  • ・ワクチン接種済・予防接種済証・接種記録書・自治体が発行する接種証明書
    →3回接種済必須
  • ・PCR検査の陰性証明書(宿泊日・出発日の前日から起算して3日前以降)・抗原検査(宿泊日・出発日の前日又は当日)の陰性証明書
    →陰性証明書は受検者氏名、検査結果、検査方法、検査所名、検体採取日、検査管理者氏名、有効期限が明記されているもの
  • ※12歳未満は、同居する親等が同伴する場合は検査不要

それでは、次のセクションから利用・予約方法について説明していきます!

「今こそ鹿児島の旅・第2弾」の利用・予約方法

今こそ鹿児島の旅クーポン

今こそ鹿児島の旅・第2弾対象プランの利用・予約方法には次の2つがあります。

・宿泊予約サイト(じゃらん・楽天トラベル含)で割引クーポンを使って予約
・対象旅行会社で割引料金のプランを申込

予約サイトのポイントや他のクーポンと併用できる場合もあるので、予約サイトからの予約が一番お得だと思います。
ただし日帰り旅行は旅行会社でのみ申し込み可能です。

それでは、それぞれの利用・予約方法を解説していきましょう。

旅行予約サイト(じゃらん・楽天トラベル含)で割引クーポンを使って予約する方法

割引クーポンを使って予約する場合は、次のような手順になります。

①予約サイトから割引クーポンを使って対象施設を予約
②チェックイン時に身分証明書&ワクチン接種証明もしくは陰性証明を提示

チェックイン時に旅行者全員の身分証明書(免許証など)と、ワクチン接種証明もしくは陰性証明の提示が必要です。

またチェックインの際に今こそ鹿児島クーポンが配布されます。

どの予約サイトでも会員登録しないとクーポンを使えないので、会員でない方は会員登録をまずしてくださいね。登録は無料です。

楽天トラベル

楽天トラベルの今こそ鹿児島クーポンはこちら。

楽天トラベル 県内旅行応援キャンペーン

鹿児島県を選択し、リンク先ページのクーポンをクリックしてクーポンを獲得してください。

今こそ鹿児島の旅・第2弾 楽天トラベルのクーポン

対象の宿を予約する際に獲得したクーポンを利用すれば割引適用となります。
また対象の宿は、「クーポンの対象施設を見る」というボタンをクリックすると検索できます。

今こそ鹿児島の旅・第2弾 楽天トラベルのクーポン

楽天トラベルのポイントと併用するともっとお得です!

>参考:楽天トラベル割引クーポンと(GoTo)キャンペーン情報!併用が超お得【2022年9月最新】

じゃらん

じゃらんの今こそ鹿児島クーポンはこちら。

じゃらん地域観光事業支援クーポン

今こそ鹿児島の旅・第2弾 じゃらんのクーポン

上図の「クーポンを獲得する」をクリックし、リンク先ページの鹿児島県の欄の「詳しくはこちら」をクリックすると、クーポン獲得ページに移動できます。

今こそ鹿児島の旅・第2弾 じゃらんのクーポン

対象の宿を予約する際に獲得したクーポンを利用すれば割引適用となります。
またクーポン獲得ページの「クーポン対象の宿を探す」という欄から対象の宿を検索できます。

今こそ鹿児島の旅・第2弾 じゃらんの対象施設検索

じゃらんのポイントや他のクーポンと併用するともっとお得です!

>参考:じゃらんネット割引クーポンと(GoTo)キャンペーン情報!併用で格安に【2022年9月最新】

JTB

JTBの今こそ鹿児島の旅クーポンはこちら。

JTB割引クーポン一覧

「今こそ鹿児島の旅クーポン」と書かれているボタンをクリックし、リンク先ページでクーポンコードとパスワードを確認・メモしてください。
予約画面でクーポンコードとパスワードを入力し、割引適用となります。

今こそ鹿児島の旅・第2弾 JTBのクーポン

ページ内のクーポンは北海道→沖縄の順に並んでいます。

今こそ鹿児島の旅・第2弾 JTBのクーポン

クーポン獲得ページ内の「対象の宿泊プランを探す」というボタンをクリックすると、クーポンが使える宿を検索できます。

JTBのクーポンの対象施設検索

JTBの他のクーポンやポイントと併用するともっとお得です!

>参考:JTBの割引クーポンコードと(GoTo)キャンペーン情報!実質最大5割引【2022年9月最新】

るるぶ

るるぶの今こそ鹿児島の旅クーポンはこちら。

るるぶ割引クーポン一覧

今こそ鹿児島の旅・第2弾 るるぶのクーポン

お目当てのクーポンをクリックするとクーポンコードが表示されるので、コードをコピーしてください。

今こそ鹿児島の旅・第2弾 るるぶのクーポン

上図の「宿泊施設を検索」というボタンをクリックすると、クーポンが使える宿を検索できます。

ヤフートラベル

ヤフートラベル 県民割・ブロック割キャンペーン

ヤフートラベルには県民割・ブロック割キャンペーンの特設ページがあります。

県民割・ブロック割キャンペーンページ

ヤフートラベルの今こそ鹿児島クーポンは、予約の際に自動的に適用されるようになっています。
クーポンが適用されていることを確認してから、予約を確定してください。

誰でもPayPayポイント最大10%還元キャンペーンでさらにお得です!

一休.com

一休.com 県民割・ブロック割キャンペーン

一休.comには県民割・ブロック割キャンペーンの特設ページがあります。

一休.com 県民割・ブロック割キャンペーン特設ページ

一休の今こそ鹿児島クーポンは、予約の際に自動的に適用されるようになっています。
クーポンが適用されていることを確認してから、予約を確定してください。

ゆこゆこ

ゆこゆこの今こそ鹿児島の旅クーポンはこちら。

ゆこゆこ 都道府県・自治体キャンペーン

今こそ鹿児島の旅・第2弾 ゆこゆこのクーポン

今こそ鹿児島の旅クーポンの欄の説明をよく読んでから、利用されるクーポンをクリックしてください。
クーポンを獲得し、対象の宿を予約する際にクーポンを利用すると割引適用となります。

近畿日本ツーリスト

近畿日本ツーリストの今こそ鹿児島の旅クーポンはこちら。

近畿日本ツーリスト 都道府県割引旅行プラン&割引クーポン一覧

「九州・沖縄」の枠から鹿児島県>今こそ鹿児島の旅クーポンを選択し、特設ページ内の利用条件を読んでから「宿泊割引クーポンを獲得!」というボタンをクリックして、リンク先ページでクーポンを獲得してください。

今こそ鹿児島の旅・第2弾 近畿日本ツーリストのクーポン

日本旅行

日本旅行の今こそ鹿児島の旅クーポンはこちら。

日本旅行 居住地限定応援割特設ページ

鹿児島県を選択し、今こそ鹿児島の旅のページからクーポンを獲得の上、クーポンの利用条件を読んでから対象宿泊施設を予約してください。

今こそ鹿児島の旅・第2弾 日本旅行のクーポン

旅行会社に申し込む方法

旅行会社に対象の宿泊・日帰りプランを申し込むこともできます。
「今こそ鹿児島の旅」を利用したい旨を伝えて、予約しましょう。

>対象旅行会社一覧:鹿児島県民向け / 県外居住者向け

旅行会社での申込時や旅行当日に旅行者全員の居住地が確認できる身分証明書(免許証など)と、ワクチン接種証明もしくは陰性証明の提示が必要です。
提示のタイミングについては各旅行会社にお問い合わせください。

今こそ鹿児島クーポンは旅行会社での申込の際に渡されます。

「今こそ鹿児島の旅・第2弾」の利用・予約の際の注意事項

注意事項!
  • ・チェックイン時または旅行会社での申込時に居住地が分かる、旅行者全員分の身分証明書(免許証など)の提示が必要
  • ・身分証明書は旅行の間中、携帯する必要がある
  • ・ワクチン接種証明(3回接種済)もしくは陰性証明が必要
  • ・利用泊数・回数の制限なし
  • ・出張などのビジネス利用も対象
  • ・子ども料金についても利用可能金額を満たしていれば利用可能(無料の添い寝などは不可)
  • ・予算が上限に達し次第、キャンペーン終了となる
  • よくある質問(PDF)

今こそ鹿児島の旅・第2弾の今こそ鹿児島クーポン(地域クーポン)詳細。使えるお店は?

今こそ鹿児島クーポン 見本

今こそ鹿児島の旅・第2弾では、1人泊(日帰り:1人1旅行)あたり4,000円以上の旅行代金の際に、2,000円分の「今こそ鹿児島クーポン」をもらうことができます。

例えば1人で1泊5,000円の宿に2連泊する場合は、4,000円分の今こそ鹿児島クーポンをもらえます。

利用期限は以下の通り。

・鹿児島県在住:令和4年3月14日~ 令和4年10月1日
・佐賀県・大分県・熊本県・宮崎県在住:4月1日~ 10月1日
・長崎県在住:4月4日~ 10月1日
・福岡県在住:4月8日~ 10月1日
※利用は旅行開始日から可能
また1,000円券での配布で1枚ずつ利用できますが、お釣りはでません。

今こそ鹿児島クーポンはキャンペーンに参加している飲食店やお土産屋さん、観光・温泉施設はもちろんのこと、コンビニやスーパー、百貨店、レンタカーを含む2,000以上の施設で利用できます。

利用可能な店舗一覧については、公式サイトの加盟店一覧のページで確認してくださいね。

利用可能な店舗には以下のようなステッカーやポスターなどが貼られているので、こちらを目印にされてください。

今こそ鹿児島クーポン 取扱店のステッカー

そもそも地域観光事業支援とは?県内旅行が1人泊あたり7,000円分お得に!

地域観光事業支援の説明

そもそも地域観光事業支援ってなに?という方のために、さらっと説明したいと思います。

地域観光事業支援とはGo Toトラベルが再開するまでの間、旅行業界を支援するための事業です。
現在40を超える都道府県が地域観光事業支援を活用した旅行割引キャンペーンを実施しており、今こそ鹿児島の旅もそのうちの一つです。

当事業では国が対象都道府県に補助金を交付し、

1人1泊あたり最大7,000円を支援(日帰りの場合は1人1旅行あたり)

します。

当初は4/1~5月末までの実施予定でしたが、終了日を「2022年9月30日」まで延長することが決定されました。

下表に地域観光事業支援の要点をまとめています。

支援対象の旅行居住地と同一県内の旅行
近隣県の居住者まで対象を拡大
国の支援額(宿泊旅行)1人1泊あたり最大7千円 内訳↓
①1人1泊あたり最大5,000円割引
②地域クーポンなども実施する場合は1人1泊あたり最大2,000円を追加支援
国の支援額(日帰り旅行)1人あたり最大7,000円 内訳↓
①1人1回あたり5,000円割引
②地域クーポンなども実施する場合は1人1回あたり最大2,000円を追加支援
対象の都道府県感染状況がステージ2相当以下。実施の有無は各自治体が判断。
実施期間2021年4月1日~2022年9月30日まで

Go Toトラベルとの違いは、内容や制度、利用方法などを国でなく各自治体が決定するということ。
そのため都道府県ごとに内容や利用方法が異なります。

地域観光事業支援の詳細については下記の記事で詳しくまとめています。

地域観光事業支援(県民割)クーポンで最大7千円お得!予約方法や対象の県は?
県民割・地域ブロック割や全国旅行支援一覧とじゃらん・楽天のクーポンまとめ!対象拡大でよりお得

鹿児島県の全国旅行支援!県民割の全国拡大版

全国旅行支援の支援内容

県民割・ブロック割が終わり次第、全国の旅行を対象とした新しい観光需要喚起策「全国旅行支援」に移行します。

全国旅行支援とは県民割の全国版のような事業で、旅行割引と地域クーポンを合わせて最大11,000円分支援されます。

2022年7月前半から開始予定でしたが、感染症拡大により延期となりました。

政府は感染症が落ち着き次第速やかにスタートさせたいと表明しており、9月中に開始する案も含めて開始時期を検討中です。

下表に全国旅行支援の要点をまとめました。

支援対象の旅行全国の旅行
割引率旅行代金40%オフ
割引上限・交通付宿泊は1人1泊あたり最大8,000円割引
・その他の旅行は1人1泊あたり最大5,000円割引
地域クーポン・平日:1人1泊あたり3,000円分
・休日:1人1泊あたり1,000円分
実施期間早ければ2022年秋~年末まで

今こそ鹿児島の旅と全国旅行支援の違いは?

今こそ鹿児島の旅と全国旅行支援の違いは下表の通り。

今こそ鹿児島の旅全国旅行支援
対象同一県内・地域ブロック内の旅行全国の旅行
割引率50%40%
割引上限
(1人泊あたり)
5,000円・交通付宿泊8,000円
・その他5,000円
クーポン
(1人泊あたり)
2,000円分・平日3,000円
・休日1,000円
最大支援額
(1人泊あたり)
最大7,000円分最大11,000円分

今こそ鹿児島の旅と全国旅行支援の違いについて、主なポイントをまとめました。

  • ①対象を地域ブロック・近隣県→全国に拡大
  • ②割引率は50%→40%に下がったが、交通付宿泊は最大8,000円に割り増し
    交通業者への支援および地方の旅行への促進
  • ③平日のクーポンを増額
    平日の利用を促進し、旅行客を分散させる

また県民割・ブロック割と同様にワクチン接種証明や陰性証明の提示が必要となります。
全国旅行支援の詳細については下記の記事で詳しくまとめています。

鹿児島県の新たなGo Toトラベルについて。再開される?

全国旅行支援とGo Toトラベルの違い

鹿児島県の全国旅行支援が終了した後に新たなGo Toトラベルが再開するかどうかは、現在未定となっています。
感染状況を踏まえての判断となります。

2021年11月に観光庁が発表した情報によると、全国旅行支援と新たなGo Toトラベルの違いは下表の通りです。

 全国旅行支援新Go Toトラベル
対象全国の旅行全国の旅行
割引率40%30%
割引上限
(1人泊あたり)
・交通付宿泊8,000円
・その他5,000円
・交通付宿泊10,000円
・その他7,000円
・日帰り3,000円(1人1旅行あたり)
クーポン
(1人泊あたり)
・平日3,000円
・休日1,000円
・平日3,000円
・休日1,000円
最大支援額
(1人泊あたり)
最大11,000円分最大13,000円分
主導各自治体政府

割引率は全国旅行支援より下がりますが、上限は最大10,000円に割り増しされるので旅行代金が高ければ高いほどGo Toトラベルの方がお得になります。

また全国旅行支援は各都道府県が主導ですがGo Toトラベルは政府主体の事業です。

そのため全国旅行支援では各都道府県によるルール調整や停止・再開の判断ができますが、Go Toトラベルは全国統一ルールのなので一部の都市で感染状況が悪化した場合は全国一斉停止となります。

まとめ

最大7,000円もお得になるのはめちゃくちゃお得ですね!対象の都道府県にお住まい方はぜひこの機会に、鹿児島県のお気に入りの場所や今まで行ったことがない場所に足を運んでみてくださいね。

最後に今こそ鹿児島の旅・第2弾の利用・予約方法をまとめましょう。次の方法があります。

①予約サイトで割引クーポンを利用:楽天トラベルじゃらんJTBるるぶヤフートラベル一休.comゆこゆこ近畿日本ツーリスト日本旅行
②対象旅行会社に申込

予約サイトから予約する場合は、予約サイトのポイントやクーポンも併用できる場合もあり、よりお得だと思います。