産経オンライン英会話Plusの評判・口コミと体験した感想!講師の質が抜群だった

「産経オンライン英会話Plusの評判・口コミと体験した感想!講師の質が抜群だった」の記事 トップ画像

産経オンライン英会話Plusの評判・口コミと私自身の実体験レビューをまとめました。

リーズナブルな料金で質の高い講師のレッスンを受講できるので、すごくコスパが良いというのが所感です。
また教材は日常会話からビジネス英語、中学校英語、キッズ向けまであり、色んな年齢層の方にオススメできると感じました。
特にビジネス向けの教材は充実しているので、ビジネスパーソンにぴったりです。

このようにメリットが多いですが、実際に試してみて分かったデメリットもあります。この記事では評判・クチコミとともに、私の実体験を元にした正直なレビューをご紹介したいと思います。

産経オンライン英会話Plusの特徴

産経オンライン英会話Plusは大手新聞社の産経グループが運営するオンライン英会話です。

サービス品質の高さに定評があり、国内のオンライン英会話スクールで初めて2種類の教育ISO(ISO:品質に関する世界共通の規格)を取得しています(→詳細はこちら)。
つまり、信頼のおけるカリキュラムや講師、教材を提供しているということですね。

リーズナブルな値段で日常会話からビジネス英語、キッズ、中学生英語まで幅広いレッスンを提供しており、多くの人にオススメできるスクールです。

まずはサービスの内容をざっと表にまとめました。

月額料金(税込)・200コイン(最大月10回):4,620円
・620コイン(最大月31回):6380円
・1240コイン(最大月62回):12,100円
レッスン単価約195円~
1レッスンの長さ25分
レッスン可能時間5:00~25:00(24:30開始のレッスンが最終)
講師・国籍:フィリピン人、日本人、ネイティブ(アメリカ、カナダ、南アフリカなど)
・人数:約400人
・備考:中国人講師から中国語レッスンも可能
教材※オリジナル教材(無料)
日常会話、ビジネス英語、職業別英会話、キッズ、中学生、TOEICなど
※特定スキルにフォーカスしたオプションあり(英検、大学入学共通テスト、メールライティングなど)
無料体験回数4回

産経オンライン英会話Plusのメリット・デメリット

まずは産経オンライン英会話Plusのメリット・デメリットからご紹介しましょう。

産経オンライン英会話Plusのメリット

メリット

・リーズナブルな料金設定。月10回レッスンプランは4,620円~
・料金はコイン制。使いきれなかった分は翌月繰り越し可能
・家族5人までサブアカウント登録可能で、コインをシェアできる
・全体的に講師の質が高い。ネイティブ・日本人・中国人講師も在籍
・ビジネスパーソン向けの教材が豊富。日常会話、キッズ、職業別英会話もある
・特定スキルにフォーカスしたオプションが豊富
・レッスン予約は5分前までできる

リーズナブルな料金設定

産経オンライン英会話Plus 月額料金に含まれるもの

産経オンラインの料金はとってもリーズナブル!

月6,380円で毎日レッスンができ、その際のレッスン単価は約195円。
月額料金はDMM英会話(6,480円)やネイティブキャンプ(6,480円)よりも安いです。
長期契約割引もあり、12か月契約だと月5,742円で毎日レッスンができます!

また1か月10回レッスンプラン(4,620円)もあるので、気軽に始められます。

料金はコイン制。翌月繰越や家族とのシェアも可能

産経オンライン英会話Plus コインの説明

料金はコイン制になっており、コインを使ってレッスンを受講することになります。
コインは毎月プランに応じて付与されますが、使いきれなかったときは翌月繰越もでき、無駄になりません。

また家族5名までサブアカウントに登録可能で、家族とコインをシェアすることもできます。
家族みんなで英会話できるのは嬉しいですね!

講師の質が高い。ネイティブ・日本人・中国人講師も在籍

産経オンライン英会話Plus 講師陣

全体的に講師の質が高く、どの講師も安定感があるレッスンを提供してくれました。英語を話せるだけでなく、教える力量がある講師ばかりです。
特にレッスン後のフィードバック「レッスンレポート」が、他社と比べてすごく充実しているのが印象的でした!発音や文法のミスなども一つ一つ記載してくれるので、復習に役立ちます。

メインはフィリピン人講師ですが、ネイティブ・日本人・中国人講師もいます。中国人講師からは中国語レッスンを受けられますよ。

ただネイティブと日本人は人数が少なく消費コインも多いので、ちょっと割高です。
詳しくは後述の「デメリット」のところで解説しています。

ビジネスパーソン向けの教材が豊富。日常会話、キッズ、職業別英会話も

日常会話からビジネス英語、キッズまで色んな教材があるのも大きなメリットです。

特にビジネスパーソン向けの教材が充実しており、ビジネス英語やTOEIC対策、産経のニュース記事を利用したディスカッションなど、多数取り揃えられています。
珍しい職業別英会話や中学校教科書準拠のテキストがあるのも特徴的です。

また主要教材にはネイティブによる音声も用意されており、予習・復習に役立ちます。

オプションが充実している

特定のスキルにフォーカスした「オプションプラン」もあります。

英文メールライティング講座やコーチング型短期集中プラン、TOEIC対策などビジネス向けのものもあれば、大学入試や英検対策などの学生向けまで様々。

詳しくは後述の「オプションプラン」の欄で説明しています。

産経オンライン英会話Plus公式サイト

産経オンライン英会話Plusのデメリット

デメリット

・ネイティブ・日本人講師のレッスンは高い&人数が少ない
・受講者による講師のレビューや評価がない
・講師によっては多少ティーチングスキルに差がある

ネイティブ・日本人講師のレッスンは高い&人数が少ない

ネイティブ講師や日本人講師のレッスンは、フィリピン人講師の15倍のコインが必要です。
その際のレッスン単価は約2,927円なので、他社と比べてちょっとお高め。

また予約が全く取れないということは無いですが、人数もかなり少ないです。
普段はフィリピン人講師でたまにネイティブ講師を受けるなら良いかもしれませんが、ネイティブや日本人を毎日受講したいなら他社の方がオススメです。

ネイティブ在籍のオンライン英会話ならDMM英会話(日本人講師も在籍)やCambly(ネイティブのみ)がオススメです。ビジネス英語ならEFイングリッシュライブが良かったですよ。

>参考:ネイティブ講師在籍のおすすめオンライン英会話12選!目的別に徹底比較

ただよっぽどの上級者でなければネイティブ講師にこだわる必要は無いと思います。
英語はフィリピンの公用語の一つだし、学校教育は国語以外すべて英語で行われるので、ほとんどのフィリピン人は流暢な英語を話します。

更に産経オンラインでは講師の採用率が1.2%!
厳しい選考・スクリーニングをクリアした講師のみが在籍しているので、非ネイティブでも講師の質に不安を感じる必要は無いでしょう。

受講者による講師のレビューや評価がない

受講者が講師のレビューや評価を書く/見る制度が無いので、講師を選ぶのがちょっと大変です。

DMM英会話ネイティブキャンプにはレビュー制度があるし、レアジョブ英会話では講師を総合評価順に並べられるので、質の良い講師を見つけるのは簡単でした。

とはいえ、産経の講師は全体的に質が高い印象なので、レビューが無いのは「どの講師でも良いレッスンを提供できる」という自信の表れかもしれません。

講師のプロフィールページはかなり充実しており、音声自己紹介や動画などもあるのでプロフィールを見て講師を決めるといいでしょう。

講師によっては多少ティーチングスキルに差がある

産経オンラインの講師は全体的にレベルが高い印象ではありますが、やはり講師によって力量に多少の差があります。と言ってもこれは同価格帯の他社も同様です。

講師検索システムでは講師歴(何年講師としての経験があるか)でも講師を絞り込めるので、ある程度講師歴が長い人を選べば、そうそう微妙な講師に当たることは無いと思いますよ。

継続していくうちにお気に入りの講師も数人見つかるので、後々はお気に入りの講師を狙って予約するといいでしょう。

産経オンライン英会話Plusはこんな人にオススメ!

・リーズナブルな料金でオンライン英会話を利用したい人
・質の高い講師から発音・文法の間違いを細かく指摘してもらいたい人
・ビジネス英語を鍛えたい人
・接客業(小売店・レストランなど)のために英語力を身に付けたい人
・中学校で習う英語を復習したい人
・家族で英会話を習いたい人

料金はすごくリーズナブルなので、安いオンライン英会話を利用したい人にオススメです。
また講師は間違いを指摘してくれるので、「楽しくフリートークしたい」という人よりも「しっかり勉強したい」という人向けです。

ビジネス向けの教材やTOEIC対策、接客業向けの職業別英会話もあるので、仕事で英語が必要な人にもぴったり。
また中学校教科書準拠テキストは中学生はもちろんのこと、中学英語を復習したい社会人にもオススメです。

最後に、家族5人までコインをシェアできるので、親子や兄弟で英会話したい方はぜひ検討してみてくださいね。

産経オンライン英会話Plus公式サイト

産経オンライン英会話Plusの評判・口コミは?

それでは、産経オンライン英会話Plusの評判やクチコミを見てみましょう。

良い評判・口コミ

確かに全体的に講師の質は良かった!熱心な講師が多い印象です。

中学校教科書準拠のテキストがあるのは珍しいですよね。中学生も、基礎を復習したい社会人にもオススメです。

どの教材も最後には受講者自身の意見を問うような問題があったので、表現力・応用力も鍛えられます。

レッスンレポートの質の良さは群を抜いています!間違いをリストで書いてくれるのが良かった。他社もフィードバックはありますが、けっこう適当だったりします。

英語を使う接客業の方には職業別英会話がぴったりでしょう。レストラン、小売店、鉄道、タクシーなど色んな仕事の教科書があります。

上述のようにネイティブ講師は少し高い&人数が少ないですが、たまに受講する分には良いと思います!毎日ネイティブが良いなら他社の方が良いかも。

自分のニーズに合うようにプランをカスタマイズできるのが良いですね!公式サイトにカスタマイズプランの料金シュミレーションもあります!

悪い評判・口コミ

DMM英会話に入会するとiKnowという英会話アプリ(通常月1,540円)を無料で使えるようになりますが、産経にはそのようなアプリはありません。

確かにダイアログはちょっと淡々としているかも。でも実践的で、よく使うフレーズが組み込まれています。ネイティブキャンプの教材はよりストーリー性があります。

講師によってはティーチング能力に差がありますが、これは同価格帯の他社も同じです。お気に入りの講師を数人見つけて、常にその講師たちを予約するのがいいでしょう。

産経オンライン英会話公式サイト

産経オンライン英会話Plusのコースと料金

産経オンライン英会話の料金についてお話ししましょう。主なポイントは

・料金はコイン制
・家族5人までサブアカウント登録可能(家族でコインシェア可能)
・カスタマイズプランあり
・特定のスキルを学べるオプションプランあり

など。

料金はコイン制。翌月繰越や家族とシェアも可能!

産経オンライン英会話の料金システムはコイン制です。
プランに応じて毎月コインが付与され、そのコインを使ってレッスンをすることになります。必要なコイン数は講師によって変わってきます。

プランと月額料金、付与コイン数、講師ごとの必要コイン数については下表で確認してください。

●プランと月額料金、付与コイン数

プラン付与コイン数月額料金(税込)長期契約割引(税込)
プラン200200コイン4,620円
プラン620620コイン6,380円・3か月:18,787円
・6か月:36,366円
・12か月:68,904円
プラン12401240コイン12,100円・3か月:35,574円
・6か月:68,970円
・12か月:130,768円

●講師ごとの必要コイン数(9/30まで減量キャンペーン実施中!)

講師必要コイン数
フィリピン人講師1回20コイン
ネイティブ講師1回300コイン200コイン(9/30 18時まで)
日本人講師1回300コイン200コイン(9/30 18時まで)
中国人講師1回200コイン

プラン620であれば、フィリピン人講師と月31回レッスンできますね!

プラン620はDMM英会話の毎日レッスン(月6,480円)やネイティブキャンプ(月6,480円)よりも安いです。

また長期契約割引では1か月あたりの料金が、

・3か月契約:1か月あたり6,252円
・6か月契約:1か月あたり6,061円
・3か月契約:1か月あたり5,742円

となり、よりお得です。

また使いきれなかったコインは翌月繰越できるし、家族アカウントとシェアもできるので無駄がありません。
コインが足りなくなった際は、追加購入も可能でです。

カスタマイズプラン

産経オンライン英会話Plus カスタマイズプラン

カスタマイズプランもあり、「コイン枚数×受講曜日×1日のレッスン受講回数×同時予約可能数×何日先まで予約可能か」を組み合わせて自由にプランを作ることができます。

個々のニーズに合わせてプランを組めるのがいいですね!産経オンライン英会話Plusの料金シュミレーターで簡単にカスタマイズ料金の確認ができるのもGood。

オプションプラン

産経オンライン英会話Plus オプションプラン

産経オンラインではビジネス英語やTOEIC対策を含む、特定のスキルを集中して学べるオプションを取り扱っています。オプション一覧は以下。

・コーチング型 初⼼者脱出!短期集中プログラム(2ヶ月コース/3ヶ月コース)
・大学入試外部検定試験対応テキスト
・英検®二次試験対策
・【通信講座】TOEIC対策eラーニング TOEIC®L&R TEST 完全達成 470/650/730
・【通信講座】 世界中で通じる! ものづくり現場の英語
・目からウロコのメールライティング講座
・キャビンアテンダント面接突破対策プログラム

料金についてはそれぞれ異なります。詳しくは公式サイトで確認してくださいね。

産経オンライン英会話Plus公式サイト

産経オンライン英会話Plusの講師の質と予約の取りやすさ

産経オンライン英会話の講師の質

産経オンライン英会話のメインの講師はフィリピン人で、他にネイティブ講師、日本人講師、また中国語レッスンのための中国人講師がいます。

同価格帯の他社と比べて、全体的に講師のレベルが高い印象です。特にレッスン後に送られてくるレッスンレポートの内容がすばらしく、発音・文法の指摘が細かく書かれていました。

産経オンラインの講師の採用率は1.2%とのことで、厳しい選考を通り抜けた講師のみが採用されているからこそ、高水準の講師がそろっているんでしょうね。

ネイティブ・日本人は人数が少なく、消費コインも多いので毎日ネイティブ・日本人講師を受講するなら割高になります。
ネイティブから主にレッスンを受けたいという方は、DMM英会話【Cambly(キャンブリー)】などの方がお得だと思います。

>参考:ネイティブ講師在籍のおすすめオンライン英会話12選!目的別に徹底比較

ただ産経オンラインには質の高いフィリピン人講師がそろっているので、よっぽどの上級者でなければネイティブ講師じゃなくても満足できるでしょう。

講師の予約は取りやすい?

フィリピン人講師の予約については、当日の夜でも土日でも予約が取りにくいことは無かったです。直近の土曜日で講師を検索すると165人も検索結果に出てきました(検索したのは木曜日)。

産経オンライン英会話Plus 講師検索結果

ネイティブ・日本人講師も数は少ないですが、全く予約できないということは無いです。

また予約はレッスン開始の5分前までできるので、スケジュールが不規則な方でも思い立ったときにレッスンできますよ。

ただ受講者による講師のレビュー・評価などが無いので、講師を選ぶのが少し大変でした。
とはいえ同価格帯の他社と比べて講師の質が高いので、微妙な講師に当たることは稀だと思います。講師歴が長く、予約がある程度埋まっている講師だと間違いなさそうです。

予約システムは日時の他、かなり細かく条件を指定して講師を絞り込める点がすごく便利でした。

産経オンライン英会話Plus 講師検索システム

例えば、下記のような絞り込み条件があります。

・日本語レベル:話せない/簡単な会話は可能/日常会話が可能/ビジネス会話が可能
・講師歴:1年~3年/3年~5年/5年~10年/10年以上
・レッスンレベル:お子様/初心者・初級者/初中級者/中級者/上級者/教師・講師

これらの条件で絞り込むとある程度自分に合う講師が探せると思いますよ。

講師のなまり・アクセントについて

初回レッスンのフィリピン人講師には若干のアクセントがありましたが、気になるほどではありません。2回目のフィリピン人講師はなまりはほぼ無く、すごくキレイな発音でした。

また日本人講師はほんの少し日本人特有のアクセントがあったものの、発音はほぼネイティブレベルでした。

講師によってはなまり・アクセントがありそうなので、気になる方は予約前に講師プロフィールページの自己紹介音声や動画で発音をチェックすると良いでしょう。

産経オンライン英会話Plus公式サイト

産経オンライン英会話Plus 講師のプロフィールページ

産経オンライン英会話Plusの教材

産経オンライン英会話には日常英会話からビジネス英語、中学生向け、キッズ向けまで多数の教材を用意しています。主な教材は以下の通り。

教材説明
日常英会話初級、初中級、中級、中上級の4種類
ビジネス英会話初級、初中級、中級、中上級の4種類
職業別英会話小売店、レストラン、鉄道、タクシー、郵便局がある
学校教科書準拠中学校教科書準拠のテキスト
ニュースディスカッション産経新聞の記事を基にした英文ニュースでディスカッション
TOEIC®L&R TEST市販のTOEIC教材を利用したレッスン。教材の購入が必要。
中国語会話日常会話(初級・初中級・中級)とビジネス中国語(初級・初中級・中級)がある
キッズ・対象学年別教材:幼児~小学校中学年・初心者対象、小3~小6対象、小5~小6対象の3種類
・フォニックス教材(Grade1~3)

ビジネス英会話やニュースディスカッション、TOEICなど、ビジネスパーソン向けの教材が充実しています。

主要教材についてはネイティブスピーカーによる無料音声教材が提供されているのもポイント。音声教材を使うとより効率的に予習・復習ができますよ。

:産経オンライン英会話Plus 音声教材

珍しい職業別英会話と中学教科書準拠テキスト

職業別英会話と中学校教科書準拠テキストがあるのは特徴的ですね。他社にはめったにありません。

職業別英会話は小売店やレストラン、鉄道など接客業で外国人と話す機会が多い人にぴったりの内容です。

産経オンライン英会話Plus 職業別英会話

職業別英会話「小売店」のレッスン例

また中学校教科書準拠テキストは中学生はもちろんのこと、基礎を復習したい社会人にもオススメです。

産経オンライン英会話Plus 中学校教科書準拠テキスト

ニュースディスカッション

産経オンライン英会話Plus ニュースディスカッション

中級以上の方にオススメなのが、産経新聞の記事を基にした英文ニュースのディスカッション用教材です。

DMM英会話にもニュース教材がありますが、日本のニュースは少なめ。

対して産経には日本のニュースが多いので、英語を学ぶと同時にニュースも読めて一石二鳥です。知っている話題が多いし日本語訳とも見比べられるので、ディスカッションへのハードルも下がります。

ただ記事の数はDMMと比べるとかなり少ないです。
希望すれば外部の英文ニュース記事を使ってレッスンできるので、予約の際にURLを講師に送って「この記事でレッスンしたい」と伝えておきましょう。

産経オンライン英会話Plusの体験談・感想

ここからは産経オンライン英会話のレッスンを受けた際の体験談や感想についてお話ししましょう。

無料会員登録と無料体験レッスン

まずは会員登録をします。無料会員登録はすごく簡単で、3分ほどで終わりました。

産経オンライン公式サイトのトップページにある「無料体験レッスンお申し込み」というボタンをクリック。

産経オンライン英会話Plus 無料体験申込ボタン

②次ページで氏名・メールアドレス・パスワードを入力し、「仮登録メール送信」をクリック。

産経オンライン英会話Plus 無料会員登録

登録したメールアドレス宛に「会員登録のご案内」というメールが届きます。
③メール本文の指示に従って本登録用のリンクをクリック。

産経オンライン英会話Plus 無料会員登録の確認メー

これで無料会員登録完了です!

産経オンライン英会話Plus 無料会員登録

無料体験レッスンの詳細

無料会員登録をしたら、無料体験レッスンを受けてみましょう!詳細は以下の通り。

・無料体験レッスンの回数:4回
>内訳:フィリピン人講師×2回、日本人講師×1回、中国人講師(中国語レッスン)×1回
・無料体験用レッスンチケットの有効期限:
>フィリピン人講師:無料会員登録後60日
>日本人講師・中国人講師:無料会員登録後3日

このように日本人講師と中国人講師の体験用チケットは有効期限が3日しかないので注意してくださいね。

レッスン体験談:フィリピン人講師とビジネス英会話

どきどきの初回レッスン!フィリピン人講師とのレッスンです。
教材は「ビジネス英語中級-Lesson1. スミスさん、またお会いすることができて光栄です。」でした。

講師は明るく可愛らしい女性で、英語を教える国際資格「TESOL」の保有者です。
軽く自己紹介をしてからレッスンに入ります。

教材に沿って「今日のフレーズ→シチュエーションの確認→ロールプレイ→ボキャブラリー→複数のフレーズの練習→意見を問う質問」の順で進んでいきます。
和訳もあるので、初心者にも優しいですね。

産経オンライン英会話Plus 初回レッスン(ビジネス英会話)

ロールプレイは「またお会いできて光栄です」という挨拶の後に、近況や午後の会議について話すという内容で、かなり実践的。

・It’s necessary for both of us to be well-prepared for it.(私たちにとってしっかり準備ができていることが必須)
・It’s good to be ahead of schedule.(予定より早く仕事を進めることは好ましい)

など、ビジネスで使えそうなフレーズがたくさん出てきます。

教材に無いエクササイズを合間に入れてくれたのも良かった!例えば単語練習では「これらの単語を使って文章を作ってみて」などアウトプットを促す練習を入れてくれました。

最後の質問も「どうすればビジネスで成功できますか?」など意見を問うものばかりで、表現力や応用力が鍛えられそうです。

産経オンライン英会話Plus 初回レッスン(ビジネス英会話)

講師は始終にこやかで、明るい雰囲気でレッスンできました。少々の訛りはありましたが気になるほどではなかったです。

レッスン後には発音・文法の間違いなどをまとめたレッスンレポートが届きました。他社では見逃されそうな細かい間違いもしっかり拾ってくれています。

産経オンライン英会話Plus 初回レッスン(ビジネス英会話)のレッスンレポート

レッスン体験談:フィリピン人講師とニュースディスカッション

2回目のレッスンはフィリピン人講師とニュースディスカッション!英文ニュースを読んで問題に答えます。

講師は穏やかでリラックスした雰囲気の女性の方で、発音がすごくキレイでした!
予約の際に「発音や文法の間違いがあれば指摘してください」とリクエストを送っていたんですが、レッスンを始める際にリクエストについて再確認してくれたのも良かったです。

産経オンライン英会話Plus 2回目のレッスン(ニュースディスカッション)

自己紹介の後は記事を選んで、レッスン開始。「奄美など世界遺産 生物多様性を知る好機だ」というタイトルの記事にしました。
レッスンは「音読→フレーズ・単語の確認→問題」という順。

まずは音読から。長いしけっこう難しいので、中級以上向けですね。一応、教材の下の方には日本語の記事も載っています。
音読を終えたら、発音が悪かった単語が全てチャットで送られてきました。

産経オンライン英会話Plus 2回目のレッスン(ニュースディスカッション)の指摘

expected、manifestedなどの-edの発音と、receivingやintroducingなどのcの発音を主に指摘されました。自分では気づいてなかった発音ミスに気づけて良かった!
これらの発音が直るまで繰り返し練習させられました。

その時言われたのが、

「発音の間違いは都度その場で直すようにしなさい」

ということ。確かに間違った発音がクセになったら大変です。基礎の重要性を説いてくれるすばらしい先生でした!

最後には記事に関する設問があり、記事を理解できたかどうかも問われます。

リーディングが鍛えられるのはもちろんですが、音読によってアウトプットの練習にもなります。指摘によって苦手な発音が分かったし、すごく充実したレッスンになりました。

レッスン後に届いたレッスンレポートにも発音の指摘がびっしり書かれていました。

産経オンライン英会話Plus 初回レッスン(ビジネス英会話)のレッスンレポート

上述のように予約時にURLを送って「この記事でレッスンしたい」と伝えれば、産経以外の英文ニュース記事でレッスンすることも可能です。

レッスン体験談:日本人講師と日常英会話

3回目のレッスンは日本人講師!教材は「日常英語中級-Lesson51. 外国に行った場合は生水を飲まない方が良い。」でした。

講師Kさんはすごく明るい女性の方で、なんと国家資格の全国通訳案内師を保有しています。
いつも通り自己紹介をしてから、レッスン開始!

産経オンライン英会話Plus 日本人講師のレッスン(日常英会話)

すごく良かったのが、発音ミスがあるとその都度止まって、発音できるようになるまで繰り返し練習させてくれたことです。
「water」「emergency」が発音できてないとのこと・・何度も練習させてくれてありがたかったです。

先生は「water」が伝わらなくてショックを受けていた日本人を何人も見てきたそうです。
確かに、どんなに文法が完璧でも発音が違うと分かってもらえないですもんね。

最後には与えられた複数の単語を使って、先生に海外旅行のアドバイスをするという練習もしました。単語は

belongings、suitcase、health insurance、medicine、large bottles of liquids、passport、travelers checks、money、emergency contact number、avoid dark areas

など、海外旅行でよく使う単語ばかり。これはすごく良いアウトプット練習ですね!

産経オンライン英会話Plus 日本人講師のレッスン(日常英会話)

日本人講師だと分からない点を日本語で聞けるからいいですね!
先生は若干の日本人アクセントはあるもののネイティブ並みのキレイな発音で、英語力も申し分無かったです。

産経オンライン英会話Plus公式サイト

まとめ

講師のレベルが全体的に高く、細かい間違いもちゃんと指摘してくれるところが一番印象に残りました。リーズナブルな料金でこのクオリティはすばらしい!

ビジネス向けの教材・オプションが多いのでビジネスパーソンに特にオススメですが、日常英会話や職業別英会話、中学高英語、キッズコースもあるので幅広い年齢・目的の方にオススメできます。

オンライン英会話をする上で一番大事なのは自分に合うかどうかなので、ぜひ一度無料体験レッスンを受けてみてくださいね。

オンライン英会話の関連記事はこちら!