ジムトンプソンの家完全ガイド!シルク王のお屋敷やレストラン・カフェを満喫!

「ジムトンプソンの家完全ガイド!シルク王のお屋敷やレストラン・カフェを満喫!」 トップ画像

タイシルクの最高級ブランド「ジムトンプソン」をご存知でしょうか?
タイ旅行の定番土産としてよく紹介されているシルク製品のブランドで、世界的にも超有名なんです!

この高級シルクブランドを生み出したのが、アメリカ人のジム・トンプソン氏。人名がそのままブランド名になってます。
彼が暮らしていた家がバンコクにあるんですが、現在は博物館になっていて、日々多くの観光客が訪れています。

この記事ではそんなジムトンプソンの家の見どころや行き方、併設のショップや大人気のレストラン・カフェなどをまとめています。

タイのシルク王、ジムトンプソン!謎に満ちた失踪事件とは?

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House)

ジム・トンプソン氏の本名は、ジェームズ・ハリソン・ウィルソン・トンプソン。「タイのシルク王」とも呼ばれています。
軍人だった彼は、第二次世界大戦中に東南アジアに派遣され、終戦後もそのままタイに留まります。

当時、タイシルクは品質がとても悪く、評判は最低でした。
トンプソン氏はそんなタイシルクに注目し、生産から品質管理まで徹底した結果、アメリカのファッション業界にタイシルクを売り込むことに成功しました。

彼がプロデュースしたシルクは、ハリウッド映画の「王様と私」にも起用されるなど、高く評価されています。

実業家として大成功を収めたトンプソン氏ですが、その後謎の失踪事件が起こってしまいます・・・!!

事件は1967年、マレーシアでのこと。彼が休暇で訪れたキャメロンハイランド高原で、こつ然と姿を消してしまったのです!
地元の警察やマレーシア軍も捜索に加わりましたが、遺留品一つ発見されないまま現在に至ります。

なんとその後、彼の姉もアメリカで他殺体として発見されました。二つの事件が繋がっているように感じるのは、きっと私だけでないでしょう。

そんな数奇な運命を辿った彼が暮らしていた家が、この「ジムトンプソンの家」です。
現在は博物館になっていて、彼が実際に暮らしていた部屋の数々や、彼の美術品コレクションなどを見ることができます。

また、敷地は広く、家の他にもショップやレストラン、カフェなどが併設されています。特にレストランは、美味しいタイ料理が食べられると評判です。

ジムトンプソンの家の入場料

ジムトンプソンの家の敷地内には無料で入ることができますが、家の中を見学したければ、

・大人:200バーツ
・22歳未満の人:100バーツ

の入場料が必要です。
なお、22歳未満の人はパスポートなどのIDで年齢を証明する必要があります。10歳未満の子供は無料です。

なお、家の中の見学はガイドツアーでのみ可能です。ガイドツアーの詳細は後のセクションに書いています。

ジムトンプソンの家の見どころは?お土産探しも楽しい!

最大の見どころは、トンプソン氏が実際に暮らしていた家と、最高級のシルク製品が買えるショップでしょう!それぞれご紹介していきます。

家の見学ツアー!

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) 博物館

敷地内にあるお屋敷は、トンプソン氏が1959年から8年間暮らしていた家です。

チーク材を用いて、タイの伝統様式で造られているんですが、これがまた雰囲気最高なんです!いかにも南国!といった感じのエキゾチックな建物で、リゾートにあるヴィラのように見えます。

家の中ではダイニングルームや客間、寝室など彼が実際に暮らしていた部屋の数々を見ることができます。
また、注目すべきは彼の古美術品のコレクション!アジア各地から集められた美術品は、貴重な品ばかりで見応えたっぷりです。

なお、上述のように家の見学はガイドツアーでのみ可能となっています!チケットを買う際にガイドツアーの案内があるので、日本語ガイドツアーの時間を確認しましょう。

ガイドツアーの所要時間は約30分間で、日本語、英語、フランス語、中国語、タイ語で行われています。

また、家の中は写真撮影禁止になっています。

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) チケット売り場

チケット売り場

ジムトンプソンのブランドショップ

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) ショップ

敷地内にはジムトンプソンのショップが併設されていて、スカーフやドレス、バッグ、雑貨など、素晴らしいシルク製品の数々を見ることができます。

私自身も色々見てきましたが、どれも本当に質が良く、そしてオシャレでした!
まあお値段もそれなりですが、日本で買うよりは安いです。お土産に買って行くと絶対喜ばれるでしょう!
自分用にも欲しくなっちゃいました。

自然豊かな庭園

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) 庭園

ジムトンプソンの家の庭は、美しい木々や植物、花々などで覆われています。
高層ビルが多いバンコクの中では、正に都会のオアシスと言える場所でしょう。

庭園内には繭を茹でて生糸にする方法や、色んな蚕の展示などがあり、面白かったです。

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) 庭園 生糸作りの実演

繭が煮られているところ

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) 庭園 生糸と蚕

生糸と繭

下の画像は、伝統的な絹織りの道具かな?

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) 庭園

こんな可愛らしいお花も。

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) 庭園の花

ジムトンプソンの家のレストランでランチはいかが?

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) レストラン

ジムトンプソンの家の敷地内には、美味しいタイ料理が評判のレストランや、オシャレなカフェなんかもあるんです!ぜひ家の見学の後に、ランチでも食べてみてくださいね♪

ジムトンプソンの家の大人気レストラン!

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) レストラン

「Jim Thompson Restaurant and Wine Bar」では、素晴らしいタイ料理を楽しむことができます。
料理が美味しいはもちろんのこと、清潔で雰囲気もオシャレなのでゆっくり寛げるでしょう。テラス席もステキな雰囲気でした。

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) レストランのテラス席

お値段もそんなに高くないです。メインディッシュが200~300バーツぐらいなので、日本円だと700~1,000円ほど(2019年2月のレート)。
料理の質を考えると、高コスパでしょう!

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) レストランのテラス席
バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) レストランのテラス席

予約は 海外レストラン予約サイトの「グルヤク」からできるので、ぜひ行ってみてください。
家の見学をせずに、レストランだけ利用するという人もいるみたいです。

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) レストランのテラス席

レストラン詳細
名称:Jim Thompson Restaurant and Wine Bar
営業時間:
>ランチ:10~17時(ラストオーダー16時半)
>ディナー:18時~23時(ラストオーダー21時半)
予約: 予約はこちらから

ジムトンプソンの家のカフェ

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) カフェのテラス席

ジムトンプソンのショップの2階は、カフェになっています。
このカフェの中にはシルク製品が展示されていて、とてもオシャレなんです!

特に下の画像の展示は、天井から螺旋状に吊り下げられたシルクの布たちがくるくる回るようになっていて、見応えがありました。

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) カフェのシルクの展示

ここではサンドイッチなどの軽食やデザートなどを出しているので、デザートとコーヒーのみの利用も良さそうです。

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) カフェのシルクの展示
バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) カフェのシルクの展示

カフェ詳細
名称:Jim Thompson Cafe
営業時間:9~18時

ジムトンプソンの家の行き方。立地はバンコクのサイアム地区!

ジムトンプソンの家は、バンコクのサイアムエリアにあります。BTSスカイトレインのナショナルスタジアム駅から、徒歩5分ほどです。

バンコク観光 ナショナルスタジアム駅

ナショナルスタジアム駅の1番出口を出たら、すぐに案内標識があります。

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) 案内標識

この案内標識の角を曲がったらあとは真っすぐなので、迷うことはないでしょう。

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House)

なお、無料のトゥクトゥク送迎も出ているので、ぜひ帰りにでも乗ってみてください。

バンコク観光 ジムトンプソンの家(Jim Thompson House) シャトルサービス

行き方の地図はこちら。

1.ジムトンプソンの家 2.ナショナルスタジアム駅

ちなみに、私たちはナショナルスタジアム駅目の前の「 イビス バンコク サイアム(ibis Bangkok Siam)」に泊まったので、超アクセス簡単でした♪

ジムトンプソンの家の詳細情報

ジムトンプソンの家詳細
名称:ジムトンプソンの家
名称(英):Jim Thompson House
名称(タイ):พิพิธภัณฑ์บ้าน จิม ทอมป์สัน
住所:6 Soi Kasemsan 2, Rama 1 Road, Bangkok
住所(タイ語):6 ซอยเกษมสันต์ 2 ถนนพระราม 1 กรุงเทพฯ
営業時間:毎日9時-18時
所要時間:1~2時間

まとめ:ジムトンプソンの家完全ガイド!シルク王のお屋敷やレストラン・カフェを満喫!

ジムトンプソンの家は、博物館はもちろん、レストランやカフェ、ショップも楽しめる名スポットでした!庭や建物の雰囲気もエキゾチックで素晴らしいので、一度立ち寄ってみることをオススメします!

それにしても、失踪事件は謎過ぎますね・・・この謎が解明される日は来るのでしょうか!?

バンコクで立地・コスパが良いオススメのホテルは、下の記事にまとめています。

レンタルWiFiを借りるなら、キャンペーンやクーポンを利用して安く借りましょう!

※この記事に記載の情報は2019年2月執筆時の情報です。随時更新するつもりですが、最新情報については各公式サイトでご確認ください。