台中の滑り台が楽しいおしゃれホテル!レッドドットホテル(紅點文旅)宿泊記

台中 レッドドットホテル(紅點文旅)のロビー

「台中で他とは一味違うユニークなホテルに泊まりたい」
と思っているなら、レッドドットホテルがオススメです!

レッドドットホテルは遊び心たっぷりの楽しいホテル。夫と一緒に泊まったんですが、特にロビーにある巨大な滑り台が超インスタ映えで、すごく個性的なホテルでした。
古い建物をリノベーションしたホテルなので、レトロな雰囲気満載ですごくおしゃれです。

すごく楽しいステイになったので、宿泊記をまとめました!

台中のおしゃれで楽しいデザイナーズホテル!レッドドットホテル(紅點文旅)

台中 レッドドットホテル(紅點文旅)の外観

レッドドットホテル(中国語名:紅點文旅)はゲストをワクワクさせるような仕掛けがたくさんある、楽しくておしゃれなホテルです。
1979年創業の元・銀河大飯店をリノベーションしたもので、2014年にリニューアルオープンしました。

赤レンガの壁などのビンテージな雰囲気と前衛的なモダンアートが融合して、個性的かつスタイリッシュな空間が生み出されています。
特にロビーでど~ん!と圧倒的な存在感を放っている滑り台が特徴的。

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) ロビーの滑り台

このユニークな滑り台が反響を呼び、海外メディアでも「World’s MOST FUN hotel? (世界で一番楽しいホテル?)」と取り上げられました。

ホテルランクについてはExpediaでは3.5星、Booking.comでは4つ星ホテルとランク付けされています。

今回「スタンダードダブルルーム」に泊まりましたが、朝食付きで7,348円/1泊(税・サービス料込)という格安価格。一人あたりだと、一泊約3,674円ですね。コスパ最強です!

更にExpediaのクーポンを使ったので、合計金額から500円ほど割引になりました。Expediaのクーポンについては「Expedia割引クーポン情報(最大10%)!使い方・獲得方法まとめ【2019年12月最新】」の記事で詳しく説明してます。

駅近というわけではありませんが、台鉄台中駅からタクシーもしくはバスで10分程度(1.4km)ほどの距離なので、十分に便利な立地です。
それでは前置きが長くなる前に、宿泊レポしていきます!

レッドドットホテル(紅點文旅)のロビーとチェックイン

レッドドットホテルの建物は下半分が赤レンガ、上半分がモダンな建築になっていて、リノベスポット感たっぷり。入口もすごくおしゃれです。

台中 レッドドットホテル(紅點文旅)の外観
台中 レッドドットホテル(紅點文旅)の入り口

中に入るとまず滑り台が目に飛び込んできます!!ど~ん!!

台中 レッドドットホテル(紅點文旅)のロビー

存在感がすごいですね(笑)こんなにワクワクするロビーのホテルは他にないんじゃないでしょうか。その長さはなんと30m!こちら実際に滑ることができるんです!

早く滑り台がしたい!と思ってレセプションで詳細を聞いてみると、滑れる時間帯が「11~12時」「15~18時」と決まっているそうです。また、お尻の下に敷くソリみたいなのも貸してくれます。2階から滑り降りるので、滑るときは2階に行きます。

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 滑り台の入り口

この男の子、きゃっきゃ言いながら何回も滑っててかわいかった(笑)
滑り台ばかりに目がいってしまいますが、ロビーの椅子やソファーなどのインテリアもめちゃくちゃオシャレ。

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) ロビーのインテリア

ロビーにはお土産も置いてありました。また、ロビーの奥の部屋にはアートスペースがあり、カップやお皿、花瓶、置物などのクラフトグッズが展示されていました。実はこのレッドドットホテル、「臺中市藝術亮點 ARTSPOTS(台中市芸術スポット)」に指定されているそうです。

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) ロビーのお土産
台中 レッドドットホテル(紅點文旅) アートスペース

レセプションの方も皆さん笑顔で丁寧に対応してくれて、いい気分で部屋に行くことができましたよ。

実際に滑り台を滑ってみた!

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 滑り台を楽しむNicola

実際に滑り台してきました!!滑り台を見たその瞬間から夫と二人で「ねえ早く滑ろうよ!10回ぐらい滑りたい!」とワキワキしてたんです(笑)
さっそくレセプションでプラスチックのソリを借りて、2階に向かいます。

めっちゃワクワクしながら行ったんですが・・・これが結構、いやかなり、いやめちゃくちゃ怖かった!前が暗くてよく見えないし、ソリのおかげでかなりスピードが出るんです。先に試した夫がものすごいスピードで出てきたせいで、より恐怖心が高まりました。

結局両腕でストッパーをかけながらゆっくり滑るという、チキンな滑り方になってしまった・・・最後の数メートルは腕を離したんですが、それでも怖くて半泣きに。
結局10回どころか、1回しか滑れなかった!自分自身のチキンっぷりに愕然としました(笑)

皆さんもこのホテルに泊まるなら、ぜひ滑り台で度胸試ししてみて下さいね!

レッドドットホテル(紅點文旅)の部屋レビュー

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 客室

気を取り直して客室に向かいましょう!今回宿泊したのは「スタンダードダブルルーム」。鍵はカードキーになっています。
23㎡の客室は広々としていて、すごく清潔でした。客室のパノラマ写真もどうぞ。

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 客室のパノラマ画像

ベッド周りは台湾の伝統的な布である客家花布柄で飾られていて、可愛らしい印象です。TV、デスクと椅子、ソファー、カプセル式コーヒーマシン、電気ケトル、お茶パックなどもそろっています。

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 客室のデスクと椅子
台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 客室のコーヒー・お茶

冷蔵庫やワードローブ、セーフティボックスなどもありました。

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 客室の冷蔵庫とワードローブ

シンプルですが上品なデザインの客室で、居心地がよかったです。ベッドの左右にはペットボトルの水が2本ずつという気の利きよう!普通は1本ずつですもんね。

客室は防音対策もばっちりでとても静か。夜はゆっくり眠ることができました。

トイレ・バスルーム

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 客室のバスルーム

バスルームもシンプルだけどすごく清潔でした!洗面台、トイレ、バスルームの順で並んでいます。
トイレはウォシュレット付きで、紙も問題なく流せます!洗面台もピカピカに磨かれています。

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 客室のトイレ
台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 客室の洗面台

シャワールームには扉が付いているので、バスルームの床が濡れる心配もありません。シャワーはお湯がすぐに出てくるし、水圧も強くて快適でした。

アメニティ

アメニティもこれまたオシャレ!ケースに入っていて、飛行機の預かり荷物みたいなラベルが貼られていました(笑)細部へのこだわりが素晴らしいですね!

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 客室のアメニティ

この中には歯ブラシ、クシ、かみそり、シェービングジェル、固形ソープ、シャワーキャップ、コットン、ヘアゴム、デンタルフロス、そしてなんとパンティライナーまで入ってました。
本当に気が利く!女子の味方!

バスアメニティはシャンプー、コンディショナー、ボディソープがあり、ヘアドライヤーもついてます。

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 客室のバスアメニティ
台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 客室のヘアドライヤー

バスアメニティは台湾発のオーガニックブランド茶籽堂(Chatzutang)で、環境にも体にも優しいです。香りもすごく良かった。

また、ハンガーやスリッパもばっちりそろっていました。

設備とサービス

客室はWiFiが完備されていて、スピードもすごく速かったです。ストレスフリーでインターネットが使えました。
WiFiのパスワードは、カードキーのケースに書かれています。

またサービス面で特に素晴らしい!と思ったのが、無料のレンタルサイクル。周辺の観光スポットを回る際に使ったんですが、めちゃくちゃ便利でした!
レンタルサイクルのチェーンロックのカギはレセプションでもらえます。

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) レンタルサイクル

レッドドットホテル(紅點文旅)の朝食とレストラン

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 朝食会場のレストラン

レッドドットホテルはどのプランでも朝食付きです。これはありがたい!
朝食会場は地下1階のレストランなんですが、これまたオシャレなレストランでした。ランチやディナー営業もしています。

チェックインの際に朝食バウチャーをもらえるので、これを持っていきます。

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 朝食バウチャー

朝食はビュッフェではなく、メニューの中から選べるようになっています。メニューは時期によって違うそうですが、今回は

・チキンと野菜のサラダ+ガーリックトースト
・豚肉とベーコンのバーガー+ポテトサラダ
・豚肉の照り焼きとライス+ミートボールスープ
・黒糖と小豆のパンケーキ+抹茶クリーム

という内容でした。ドリンクもメニューから選べるようになっていて、おかわりもできます(別種類のドリンクもおかわり可)。フルーツジュース、ミルク、豆乳、コーヒー、お茶などがありました。

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 朝食のメニュー

結局、夫はチキンと野菜のサラダで、私はパンケーキに決定。これがまためちゃくちゃ美味しかった!

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 朝食のパンケーキ
台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 朝食のチキンサラダ

パンケーキはすごくもちもちで、まっちゃクリームとの相性も最高!チキンサラダも味見させてもらいましたが、素材がすごく新鮮でオレンジや梨などのフルーツも入っていました。
ビュッフェではありませんが、すごくクオリティの高い料理だったので大満足です。

ちなみにこのレストランとは別に、Sao Baoというバーも併設されています。

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) バーSao Bao

余談ですが、地下1階にあるロビーもステキでした・・・ちょっと怪しい雰囲気ですが(笑)

台中 レッドドットホテル(紅點文旅) 地下1階のロビー

レッドドットホテル(紅點文旅)の立地・アクセス

レッドドットホテルは台鉄台中駅から歩くとなると少し大変ですが、タクシーやバスで10分程度なので十分に便利なロケーションです。

綺麗に整備されている柳川もほど近く、川沿いの散策も楽しめますよ。おしゃれエリアである勤美誠品綠園道・草悟道などもタクシーやバスですぐです。

ホテル周辺の観光スポットは以下の通り。

第二市場:朝ご飯が人気のグルメ市場。ホテルから徒歩5分。
中華路夜市:ローカル向けの夜市。ホテルから徒歩2分。
勤美誠品綠園道:高品質でオシャレなアイテムでいっぱいのショッピングモール。ホテルからタクシーで徒歩7分、バスで15分。
審計新村:リノベスポットでクリエイターによるお店が数多く出店している。ホテルからタクシーで7分、バスで15分。

ホテルと周辺スポットの位置については、この地図で確認してくださいね。

①レッドドットホテル(紅點文旅) ②第二市場 ③中華路夜市 ④勤美誠品綠園道 ⑤審計新村

また、ホテルから徒歩3分以内の場所にセブンイレブンとファミリーマートがあります。宮原眼科などがあるエリアもバスで10分ほどで行けるので、観光に便利です。

レッドドットホテル(紅點文旅)のホテル情報詳細

名称レッドドットホテル
名称(中国語)紅點文旅
名称(英語)Reddot Hotel
星の数3.5~4つ星
住所(中国語)400台中市中區民族路206號
住所(英語)No.206號, Minzu Road, Central District, Taichung City, Taiwan 400
電話番号+886 4 2229 9333
アクセス台鉄台中駅からタクシーまたはバスで約10分
時間チェックイン15時~、チェックアウト11時まで

まとめ

レッドドットホテルは童心をくすぐられる、遊び心たっぷりでワクワクするホテルでした!アート好きな方やオシャレなホテルに泊まりたいという方にもぴったりです。
清潔かつ快適な部屋、エンターテイメント性と美味しい朝食がそろっていて、「スタンダードダブルルーム」の朝食付き1泊7,348円/税・サービス料込)という格安価格なので、コスパも抜群です。

ちなみに私はこのレッドドットホテルが、旦那様は前日まで泊まっていた1969ブルースカイホテルがお気に入り。好みが分かれますね~!
すごく人気のホテルなので、直前だと予約が埋まってしまったり、値段が高くなったりします。予約はお早目に!

ホテルを安く予約したければ割引クーポンを使うことをオススメします。
Expediaクーポン情報はこちらの記事に詳しく書いてるので、ぜひ活用してくださいね!