台北でおすすめの穴場観光地10選!アート、縁結び、絶景スポットなど

「台北でおすすめの穴場観光地10選!アート、縁結び、絶景スポットなど」トップ画像

台北と言ったら食べ歩き!グルメの旅!というイメージですが、興味深い観光スポットも本当にたくさんあるんです!
ガイドブックに載ってる通りの観光じゃつまらない!という方のために、この記事では台北出身の友人に教えてもらった場所を含めて、台北でおすすめの穴場観光地をご紹介したいと思います。

アート好きは必見のアート公園や、縁結び・婚姻で有名な恋のパワースポット、絶景パノラマスポットや雄大な大自然が見れるスポットまでご紹介してるので、ぜひ台北観光の参考になればと思います!

台北観光の他の記事もどうぞ↓↓

台北一のアートスポット!華山1914文創園区

台北観光穴場スポット 華山1914文創園区

華山1914文創園区では、台湾中の若いクリエイターやアーティストたちが創り出すクリエイティブ・アート空間を楽しむことができます。
華山1914文創園区には元々、日本統治時代の酒工場がありましたが、長い間廃墟として放置されていました。そこで地元のアーテイストたちが演劇の舞台として利用をし始め、それをきっかけにクリエイターたちが集う場所となったそうです。

現在ではすばらしい数とクオリティのアートギャラリーやユニークなショップ、お洒落なカフェ、バーなどが集まり、アートイベントが開かれています。
酒工場時代の赤レンガの建物たちや、緑の葉っぱに覆われた三角屋根の建物なども素晴らしいアート空間を創り出すのに一役買ってました。

台北観光穴場スポット 華山1914文創園区の葉っぱに覆われた建物

レトロな建物の雰囲気と、前衛的なモダンアートの融合が本当にすばらしかったです。台北のスタイリッシュな若者たちが集う場所のようで、台北市民たちで混み合ってました。
アート好きなら一日中、いや数日いても飽きない場所と思います。本当におすすめです!

台北観光穴場スポット 華山1914文創園区のショップ台北観光穴場スポット 華山1914文創園区のアートギャラリー

華山1914文創園区のYoutube動画もどうぞ↓↓前半は西門の動画で、後半は華山1914文創園区を撮ってます。

絶景パノラマスポット!象山自然歩道

台北観光穴場スポット 象山自然歩道からの景色

象山自然歩道からは、台北101を含む台北の絶景パノラマを見ることができます。
MRT象山駅から徒歩10分ほどで象山登山口に着き、そこから15分ほど展望台まで歩くことになるので少し大変ですが、それでも「本当に行って良かった!!」と心から思える場所です。

台北101が一番美しく見える場所じゃないでしょうか。周りの建物より2-3倍ほど高い台北101の全景を見るのはすごく感動しました。昼間はもちろんきれいですが、夕暮れ時や夜景もすばらしいです。
山道の途中で、リスも見ることができましたよ♪

縁結びのパワースポット!霞海城隍廟

台北観光穴場スポット 霞海城隍廟

ステキな恋人や結婚相手を探してるんなら、恋愛・婚姻のご利益があるという噂の月下老人にお参りに行きましょう!
レトロな問屋街、迪化街のメインストリートにこの恋愛のパワースポット「霞海城隍廟」があります。
恋愛の神様である「月下老人」が祀られていて、台湾人だけでなく、香港や中国など海外からもたくさん参拝者が訪れるそうです。

ものすっごい数のあらゆる年代の人々がめちゃくちゃ真剣な様子でお参りしてました。どの国でも、縁結びはみんなの切実な願いなんですね。
夫婦円満の神様もいるので、未婚の方だけでなく結婚されてる方もお参りしていいそうです。

台北観光穴場スポット 霞海城隍廟の中

台北の学生たちが集う!師大夜市

台北観光穴場スポット 師大夜市

ファッション・雑貨好きなら、ぜひオシャレな師大夜市に行ってみてください!
台湾人の友達に、「台北の穴場夜市なら師大夜市がダントツおすすめ!!」と言われて行ったんですが、本当に行って良かったです。個人的には台北の夜市で一番楽しかったかも?
士林夜市や饒河街夜市と違って観光客向けでなく、台北市民が多い夜市で、地元の夜市の雰囲気を楽しむことができました。

食べ物の屋台もたくさんありますが、何より注目したいのは洋服やアクセサリー、雑貨を扱うお店がとても多いことです。良心的なお値段で、ユニークな服を買うことができます。
でも食べ物もおいしかったですよ。ショッピングにおすすめの穴場夜市です!

台北観光穴場スポット 師大夜市のショップ台北観光穴場スポット 師大夜市のショップ

ナイトライフを楽しむなら!西門紅樓

台北観光穴場スポット 夜の西門紅樓のバー

西門紅樓(シーメンホンロウ)は、元々は日本統治下の時代に西門に建てられた公営市場でしたが、現在は芸術・文化イベントなどクリエイティブな活動の場に使われています。
昼間には展示や販売の場として賑わってますが、夜にはすばらしいナイトスポットに変わるんです!紅樓の中庭部分には数々のバーが立ち並び、台北市民も外国人も含めて、みんなテラス席で飲みながら夜を楽しんでいます。

特徴的なのが、大きなレインボーカラーの旗を掲げているバーが多い(全部だったかも)ことです。
そう、レインボーカラーといえば、ゲイ・レズビアンやトランスジェンダーの社会活動を象徴する色。その旗を掲げているということは、彼らを支持することを意味します。
確かに、多くのゲイたちが集っている様子でした。台北はさすが先進的ですね!
ゲイ・レズビアンじゃなくてももちろん楽しい場所ですが、ゲイ・レズビアンの方は特に楽しめるかもしれません。

街角アート!台北電影主題公園(台北シネマパーク)

台北観光穴場スポット 台北電影主題公園(台北シネマパーク)

西門町は若者たちが集う町だからでしょうか、映画館がたくさんあります。この台北電影主題公園は映画をテーマにした市民公園で、ダイナミックな壁画や、レトロな雰囲気の赤レンガの建物などが楽しめます。

元々は日本統治時代のガス会社で、旧時代の工場や煙突、石炭運送用の地下トンネルなどの歴史的建造物も残されています。
この公園だけでなく近辺にも壁画が多くあり、お洒落なお店も多いので散策するととても楽しいですよ。

自然が造る絶景!野柳地質公園

台北観光穴場スポット 野柳地質公園

野柳地質公園は台北から半日ほどで行くことができる、絶景の海岸沿いジオパークです!
野柳地質公園では1000万年におよぶ地殻運動、海蝕、風蝕の影響によって奇岩群が形成され、一風変わった海岸の景観が造り出されています。

キノコのような形のキノコ岩や、火がともるキャンドルのように見えるキャンドル岩など、特徴的な奇岩がたくさんです!そして、なんと花びらのように見えるウニの化石まで見ることができます。
日本ではあまり知られてない観光地ですが、まるでトルコのカッパドキアのようでおもしろい場所です。

台北観光穴場スポット 野柳地質公園の奇岩
台北観光穴場スポット 野柳地質公園の奇岩

野生のリスに出会えるかも?陽明山国家公園

台北観光穴場スポット 陽明山国家公園の活火山

陽明山国家公園は活火山と雄大な山々が楽しめる大自然スポットです!
ダイナミックな山々と活火山の景観がすばらしいのはもちろん、リスなどの貴重な野生動物に出会うこともできます。

かなり広い国立公園ですが、行く場所を絞れば半日ほどで楽しむことも可能です。私たちは4時間ほどで、活火山「小油坑」のハイキング(頂上までは登ってませんが)と、陽明公園の散策をすることができました。

公園を周遊するバスがあるので車がなくても楽しむことができますが、バスの時間が若干わかりにくいので、事前にちゃんと下調べしてから行くことをオススメします。

台北観光穴場スポット 陽明山国家公園の山々台北観光穴場スポット 陽明山国家公園のリス

ロマンチックな夜を!彩虹橋

台北観光穴場スポット 彩虹橋

ロマンチックな夜を過ごしたいなら、彩虹橋がオススメ♪
饒河街観光夜市のすぐ近くにある橋ですが、夜のライトアップがとてもロマンチックなんです。途中にはLOVEというオブジェがあり、ここに恋人たちが永遠の愛を誓う南京錠をかけることができます。

台北市民っぽいカップルや友達グループたちがとても多かったです。橋を散策したり、足をとめて夜景を見ながらまったり過ごしたりなど、すごくリラックスできる場所でした。
夜景と美しいライトアップを見ながら、カップルで愛を誓う南京錠をかける・・・夜のデートに最高の場所です!

台北観光穴場スポット 夜の彩虹橋

学問のパワースポット!台北市孔子廟

台北観光穴場スポット 台北市孔子廟

台北市孔子廟は人混みに紛れずに、静かな散策ができる台北の超穴場なお寺です!
孔子といえば学問の神様で有名ですが、合格祈願のお参りはもちろん、心静かにお寺を楽しみたいという人にもオススメできる場所です。

廟内には緑も多く、建物のカラフルな彫刻と池や木々が相まって、すばらしい空間を造り出しています。

台北観光穴場スポット 台北市孔子廟

まとめ:台北でおすすめの穴場観光地10選!アート、縁結び、絶景スポットなど

この記事では「台北でおすすめの穴場観光地10選!アート、縁結び、絶景スポットなど」について書きました。
ここに載ってる場所を全部回れば、かなり「台北通」になれるかも!?(笑)
おいしい楽しい台北、楽しんできてくださいね~!

※この記事に記載の情報は2018年6月執筆時の情報です。随時更新するつもりですが、料金などの最新情報については各公式サイトでご確認ください。

台北観光の他の記事もどうぞ↓↓

おすすめ記事

関連記事

Leave A Comment

CAPTCHA