サグラダファミリアの内部を観光!聖堂、ステンドグラス、塔|異世界感すごい

「サグラダファミリアの内部を観光!教会、ステンドグラス、塔の異世界感がすごい」 トップ画像

スペインの大人気の世界遺産「サグラダファミリア」は、天才建築家アントニ・ガウディが生涯を捧げて建築した教会です。

TVや雑誌、SNSでもよく見る超有名観光地なので、「一度は行ってみたい!」と思っている人も多いんじゃないでしょうか。

私もずっと行きたいと思っていたサグラダファミリアを今回やっと訪問でき、あまりの美しさと芸術性に、息をのむほど圧倒されました。聖堂内部はまるで異世界。ゲームに出てくるファンタジーの世界のようです!CGで作られてるんじゃないの!?と思うほどの完璧な世界観でした。
特に、レインボーシャワーを注ぐステンドグラスには心が洗われるようでした。

この記事ではサグラダファミリアの聖堂内部や塔、ステンドグラスなどの見どころや、ライトアップ、周辺ランチスポットなどについてご紹介します。

サグラダファミリアはガウディが生涯を捧げた教会!完成はいつ?

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 聖堂内部

サグラダファミリアの建設は1882年に始まり、2019年6月現在(執筆時)も未だ建設途中です。ガウディの没後100年記念となる2026年の完成を目指しています。2026年の完成だと、計144年もの建設期間になりますね!

サグラダファミリアは聖家族(サグラダファミリア)に捧げる教会として着工され、ガウディが一生をかける一大プロジェクトとなりました。

ガウディは「完璧な教会」の建設を目指しましたが、深刻な資金難が彼を待ち受けていました。信者からの寄進で建設費をまかなっていたため、資金が足りず工事が進みません。そのためガウディ自ら教会に寝泊まりし、建設を続けながら献金集めに奔走しました。

結局、ガウディは1926年に非業の死を遂げるまで、生涯を聖堂の建設に捧げました。そして現在でも、彼が残した設計図や模型を元に建設が続けられています。今や世界遺産に登録され、ガウディの努力が認められて本当に良かった!

サグラダファミリアの入場料ってけっこう高め(18~38ユーロ、チケットによる)ですが、それが建設費にまわされてると思うと納得ですね!チケットの予約方法は下記の記事に詳しく書いてます!

なお、チケットを事前予約しないと、希望の日時に入場するのはかなり難しいです。当日券は売り切れることもあるので、絶対にチケットを事前に予約しておきましょう!私は2日前に予約しようとしたんですが、「塔の入場付きチケットが売り切れ&当日は強風のため塔が閉鎖」というダブルパンチで、塔に入れませんでした( ;∀;)

建設にまつわる裏話
サグラダファミリアは、なんと2019年6月7日まで違法建設でした。着工時の建設許可が更新されておらず、失効したまま建設が続けられていたんです!
結局、バルセロナ市がサグラダファミリア特別法を制定し、サグラダファミリア側が460万ユーロ(約5憶6,400万円)を支払うことによって、建築許可が下りたそうです。
130年以上にわたって違法建築状態だったって・・・すごい(笑)

サグラダファミリアの行き方と入場方法

バルセロナ観光 地下鉄サグラダファミリア駅

サグラダファミリアには、地下鉄やバスでアクセスできます。地下鉄の方が分かりやすいのでオススメ。

・地下鉄の最寄駅:2号線・5号線のサグラダファミリア(Sagrada Família)駅
・バスの路線と:19、33、34、43、44、50、51、B20、B24の路線で、「Mallorca – Marina」下車

地下鉄の駅からは徒歩1分、バス停からは徒歩2分ほど。地下鉄カタルーニャ駅やリセウ駅から乗るのであれば、3号線に乗って、パセジ・ダ・グラシア駅(Passeig de Gracia)駅で2号線に乗り換えて、3駅目です。サンツ駅からは5号線に乗って5駅目。

地下鉄の駅・バス停と、入場口、当日券売り場については下の地図で確認して下さい。

1.地下鉄サグラダファミリア駅(2号線・5号線出口) 2.地下鉄サグラダファミリア駅(5号線出口) 3.バス停Mallorca – Marina 4.入場口 5.団体用入場口 6.当日券売り場

サグラダファミリアの入場方法

サグラダファミリアの入場口は、生誕のファサードの正面向かって右手にあります。マリナ通り(Carrer de la Marina)沿いです。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia)入場口

画像にように、入場口は円柱の右手にあります。団体客用の入場口は円柱の左手です。また、オーディオガイド受取所は聖堂内部に入る大きな正門の、右側にあるドアの中です。

入場口の列に並ぶ際に係員にチケットを見せないといけないので、チケットを準備しておきましょう。印刷したチケットでも、スマホなどの端末上のチケットでもOKです。ここで服装チェック後の注意点の欄で説明します)をされて、帽子は脱ぐように言われます。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia)入場口

中に入るとすぐに荷物検査場があり、ここで手荷物の検査が行われます。検査場を抜けると改札機があるので、チケットのQRコードをかざして入場しましょう。

オーディオガイド付きチケットの場合は、オーディオガイドを受け取ってから観光開始です!

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia)オーディオガイド受取所

サグラダファミリアの見どころ!ファサード、聖堂内部のステンドグラス、塔など

それでは、サグラダファミリアの見どころを紹介していきましょう!サグラダファミリアの見どころは大きく分けて、次の4つがあります。

ファサード:建物外観の3つの面のこと。特にガウディが造った生誕のファサードは必見!
聖堂内部樹木がモチーフの柱や、七色の光を放つステンドグラスが素晴らしい!まるで妖精の森。
:塔周りの装飾や彫刻を間近で見れる!市街の景色も見渡せます。
地下博物館:サグラダファミリアに関する様々な資料の展示。ガウディのお墓も窓越しに見ることができます。

見所①:生誕・受難・栄光のファサード。日本人彫刻家の貢献も!

サグラダファミリアにやってきたら、まず外観をぐるっと回って360度全方向から写真を撮りたくなりますよね!サグラダファミリアの外観は、3つの面(ファサード)に分かれていて、それぞれ違う意味を持ちます。

生誕のファサード:3つのファサードのうち、唯一ガウディの生前に完成したもの。イエス誕生の喜びを表している。入場口はここ。
受難のファサード:人類の罪を背負って磔にされた、キリストの死・苦しみを表現するファサード。出口はここ。
栄光のファサード:現在工事中で見えないが、実は3つのファサードのうちで最も重要。教会への正面入り口は通常このファサードにある。

注目したいのが、サグラダファミリアの主任彫刻家が日本人であるということ!TVとかで知ってる方もいるかと思いますが、外尾悦郎さんという方です。彼が施した彫刻も含めて、各ファサードを見てみましょう!

生誕のファサード

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 生誕のファサード

生誕のファサードはガウディによって造られた唯一のファサード。ガイドブックやネット上で一番よく見るファサードですね。入場口もここ。

ファサードの緻密な装飾や彫刻たちは、キリストの誕生への喜びを表しています。各彫刻はイエスの誕生や幼少期の出来事を描いていて、中には有名な「受胎告知」「聖母マリアの戴冠」などのシーンもあります。特に中央の門の上部にある見事な彫刻「天使の合唱隊」は外尾悦郎氏によって修復されたものです。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 生誕のファサード 天使の合唱隊

天使の合唱隊。外尾悦郎氏が修復したもの。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 生誕のファサード 天使の合唱隊

受胎告知

また、ファサードにある3つのドアは、

・中央の門:愛徳の門。イエスを表す
・右側:信仰の門。聖母マリアを表す
・左側:希望の門。聖ヨセフを表す

をそれぞれ意味します。中央の「愛徳の門」が聖堂内部への入り口です。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 生誕のファサード 聖堂への入り口

生誕のファサードは太陽が昇る東側に面しているので、写真撮影は午前が順光です。

余談ですが、フリーメイソンのメンバーだったガウディは、彼の作品の中でもフリーメイソンへの愛を表現しています。例えばこの生誕のファサードにある彫刻。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 生誕のファサード フリーメイソン

手の平にある目のマークはフリーメイソンを象徴すると言われる。(画像クリックで拡大)

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 生誕のファサード フリーメイソン ペリカン

ペリカンはフリーメイソンの階級の一つを示す。

このように、フリーメイソンに関わるモチーフを随所に入れてるらしいです。ガウディの他の作品にも「ガウディコード」と呼ばれている暗号が入ってたりするので、探してみると面白いかも?

受難のファサード

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 受難のファサード

受難のファサードは、イエスの苦しみや死を表現するファサード。こちらはガウディの死後に造られたので彫刻も近代的です。「ユダの裏切り」「最後の晩餐」「磔にされたイエス」などがモチーフになっています。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 受難のファサード ユダの接吻

ユダの接吻。この数字にもフリーメイソン説が!?

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 生誕のファサード フリーメイソン ペリカン

最後の晩餐。有名なやつですね。

「ユダの接吻」の左側にもガウディコードを発見!縦・横・斜めどこから足しても「33」の数字になりますが、33はキリストが亡くなった際の年齢で、更にはフリーメイソンの最高位ランクが33位だと言われています。

生誕のファサードよりスッキリした印象ですが、インパクトは劣りますね(笑)聖堂からの出口や、当日券のチケット売り場は受難のファサード側にあります。
こちらは太陽が沈む西側に面しているので、写真撮影は午後が順光です。

見所②:聖堂内部。ステンドグラスが幻想的!

生誕のファサードから中に入ると、あまりの絶景に言葉を失ってしまいました!まず目に入るのはとても奇抜な柱と天井です。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 聖堂内部 天井

ガウディは樹木のモチーフの柱で、丸天井を支えるようにデザインしました。天井には殉教のシンボルであるシュロの葉のモチーフが飾られています。自然を愛し、動物や植物など自然界のものをデザインの師として仰いだ、ガウディらしい聖堂ですね。

美しい形は構造的に安定している。構造は自然から学ばなければならない

by アントニ・ガウディ

天井を見上げると樹木のように枝分かれした柱が見えます。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 聖堂内部 天井
バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 聖堂内部 天井

上の写真の両側に写っているライオンと天使の絵は、福音書を書いたエヴァンゲリストたちのシンボルです。「赤のライオン=マルコ」「黄色の天使=マタイ」、またこの写真には写ってないですが、「緑の牛=ルカ」「青の鷲=ヨハネ」を意味します。全部で4つあるので探してみてくださいね。

それにしても室内なのに、まるで森の中にいるかのような感覚に陥ります。妖精ってきっとこんな森にいるんだろうな。地球上じゃない別の惑星の森のようでもあり、完璧に造られたCGのようでもあり、宇宙の神秘のようでもあり・・・どう受け取るかは人それぞれ。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 聖堂内部 天井

しかしガウディの頭の中ってどうなってたんでしょうね!凡人の私には計り知れません。一つだけ分かるのはすごいというだけです(笑)

もう一つ必見なのは、虹色の光を放つステンドグラスの窓たち!画像クリックで拡大して見てみて下さい。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 聖堂内部 ステンドグラス
バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 聖堂内部 ステンドグラス

色とりどりのステンドグラスによって、聖堂内部にレインボーシャワーが降り注ぎます。ガウディは採光にすごくこだわる建築家だったので、これも彼の計算のうちなんでしょうね。本当に、ガウディの才能には驚嘆するばかりです。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 聖堂内部 ステンドグラス

生誕のファサード側は寒色系

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 聖堂内部 ステンドグラス

受難のファサード側は暖色系

美しすぎて言葉が出てきません。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 聖堂内部 ステンドグラス

主祭壇にはこれまた独特なデザインの十字架磔刑像が、空中に浮いていました。磔にされたキリストの周囲を、パンとワイン(キリストの肉と血を表す)がずらっと取り囲んでいます。正直、こんなに可愛らしい磔刑像は初めて見たかも。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 聖堂内部 十字架磔刑像
バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 聖堂内部 十字架磔刑像

主祭壇の前にたくさんの人が座っていたので、ミサとか始まるのかも!?とドキドキしながら待っていましたが、特に何も無かったです。というか係りの人に「ここでは座って下さい」と注意されました(笑)お祈りの場なので立ち止まって写真撮るのはNGみたい。

それにしても、朝11時過ぎの入場だったのでものすっごい人でした!もうちょっと人が少なければ、ガウディの世界にゆっくり浸れたのになあ・・・本当に、朝一の訪問をオススメします!

見所③:塔。エレベーターで登って螺旋階段で降りる!

塔には、聖堂内部にあるエレベーターで登ることができます。なお、塔への入場付きチケットが必要になります。チケット購入の際に、

・生誕のファサード側の塔
・受難のファサード側の塔

の二つのうち、どちらの塔にするかを選択します。生誕のファサードの塔はガウディの生前に造られたので、こちらの方が人気。

エレベーターの場所は、

・生誕のファサード:聖堂入口付近
・受難のファサード:聖堂出口付近

にあります。エレベーターにはそれぞれ「Torres Naixement(生誕の塔)」「Torres Passio(受難の塔)」という看板があるので、見れば分かります。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 生誕のファサードの塔 エレベーター

生誕のファサードの塔行きエレベーター

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 受難のファサードの塔 エレベーター

受難のファサードの塔行きエレベーター

塔の上は狭く帰りは螺旋階段なので、6歳未満の子供や車椅子の方、身体の不自由な方は塔に入場することができません。ちなみにこの螺旋階段はガウディがカタツムリや巻貝からインスピレーションを受けて、造ったものです。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia)塔の螺旋階段

残念ながら私が訪問した日は強風の影響で塔が閉鎖されていました。天候によって塔が閉まることがたまにありますが、その際は塔の料金が返金されます。

生誕のファサードと受難のファサードの塔の違いについては以下。

生誕のファサードの塔:バルセロナ市内の主に東側の景色の眺望。ガウディ広場、サンパウ病院も見える。生誕のファサード中央にある「生命の木」を含め、ガウディ自身によって造られた彫刻や装飾を間近で見られる。午後が順光に近い。
受難のファサードの塔:カタルーニャ広場などのバルセロナの中心街や、海、モンジュイックの丘などの景色が見える。生誕のファサードよりも見える範囲が少々狭い。ガウディの死後、近年に造られた。午前が順光に近い。

塔からの眺めは、下のグーグルストリートビューをご参考に。

見所④:地下博物館。ガウディの魂が眠る場所

最後に、地下博物館にも行ってみましょう!聖堂の出口から外に出て、左手に坂を下ると博物館入り口があります。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 地下博物館への道 学校

画像の右側に見える可愛らしい建物は付属学校。ガウディが建設費を負担し、建設現場で働く労働者や近隣の子供たちのために建てられました。曲線を用いた建物です。

博物館にはガウディが残したスケッチや模型、図面などが展示されています。特に、サグラダファミリアの構造上デザインの元になった、網状の糸に重りをつけた「逆さづり模型」が有名。地下礼拝堂にあるガウディのお墓も、博物館にある小窓から覗き見ることができます。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 博物館

地下博物館

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) 地下博物館 ガウディのお墓を見る窓

ガウディのお墓の覗き窓

ここに眠っているガウディの魂は、「いつ完成するんだー!?」となかなか成仏できないかも(笑)キリスト教だからそもそも成仏しないとかいうツッコミは無しでお願いします。
ちなみに、地下礼拝堂にはミサの際に無料で入ることができます。ガウディのお墓を間近で見れる素晴らしい機会ですよ!

【地下礼拝堂のミサの時間(2019)】
・月曜~金曜日:9:00、20:15
・土曜日:9:00、19:30
・日祝:10:30、11:45、13:00、18:30、20:15
※急遽変更となる場合もあるのでご注意ください。

博物館内にはお土産屋さんも併設されています。お土産については、後のセクションで少しご紹介しますね。内部の見学はこれにて終了です。

オーディオガイドじゃ物足りない!ガイドの解説を聞いてサグラダファミリアへの理解を深めながら観光したい!という方には、世界遺産・サグラダファミリアじっくり堪能ツアー!【午前観光】《エレベーター搭乗券/日本語観光ガイド付 》というオプショナルツアーもオススメです。日本語ガイドと一緒にサグラダファミリアを観光できて、お値段もリーズナブル。

サグラダファミリア見学の注意点

ドレスコードに注意:肩・お腹・背中・胸元を出した服、シースルーの服、ミニスカート・短パンや、派手な服装は厳禁。教会なので露出はNG。教会内は帽子を脱ぐ必要がある。万が一露出によって入場拒否された場合は、通りを渡ったお土産屋さんの屋台でストールなどを買いましょう。
悪天候や風の影響で塔に入場できない場合がある。その際は差額が後日クレジットカードに返金される。どうしても塔に登りたいなら、再訪のための予備日を作っておいた方がいいです。
三脚や一脚などを使った写真撮影は禁止。
塔の上部は狭いため、リュックなどの大きな荷物は持ち込み禁止。登る際はエレベーター横のコインロッカー(返金式)に預ける必要がある。
建物内での飲食や喫煙は禁止。

サグラダファミリアの営業時間、所要時間、おすすめの観光時間帯

サグラダファミリアの営業時間

営業時間
●11~2月:9:00~18:00
●3~10月:9:00~19:00
●4~9月:9:00~20:00
●12/25~12/26、1/1、1/6:9:00~14:00
※チケット販売は閉館時間の30分前まで

サグラダファミリアの所要時間

・聖堂 + 塔:2時間ほど
・聖堂のみ:1時間~1時間半ほど
・待ち時間:30分ほど。入場や塔に登る際に少し待ちます。
・外観の見学:30分ほど。東西南北から写真を撮りたくなります。

塔まで入場する場合は、合計3時間ぐらいは見ておいた方がいいです。

おすすめの観光時間

サグラダファミリアは大人気のスポットなだけあって、ものすごく混み合います。特に朝10時を過ぎるとツアーの団体客が押し寄せるので、一番早い9時頃の入場がオススメです。

塔の上は狭い通路を歩くことになるので、人が多いと観光しにくいです。そのため、入場したらまず塔を観光して、その後に聖堂を回ると快適に観光できるでしょう。

サグラダファミリアの写真撮影スポット!ガウディ公園がオススメ

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) ガウディ広場からの写真

サグラダファミリアを綺麗に写真に残したい!って思いますよね?一番オススメの写真撮影スポットは、サグラダファミリアの生誕のファサードの目の前にある、「ガウディ広場」です。

ここからは、サグラダファミリアの生誕のファサードの写真を、綺麗に写すことができます。ぜひ、サグラダファミリアと一緒に写真を撮ってみてくださいね♪

夜景も美しい!サグラダファミリアのライトアップ

サグラダファミリアは朝も昼も夜も美しい!ということで、ライトアップ時の夜景も見逃せません!ライトアップされるサグラダファミリアの姿はとっても幻想的で、昼間とは違う表情を見せてくれます。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) ライトアップ時の写真

特に上述のガウディ広場からは、水面に映るサグラダファミリアの姿が撮れるんです!ぜひ「逆さサグラダファミリア」をカメラに収めてくださいね!また、受難のファサードは赤や青などのライトで、色とりどりに変化します。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) ライトアップ時のサグラダファミリア
バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) ライトアップ時のサグラダファミリア

ライトアップの時間は季節ごとに決まっているので、事前に確認しておきましょう。

【ライトアップ時間(2019年)】
1月:18:30~22:00、2月:19:00~23:00、3月:19:30~23:00
4月:21:00~24:00、5月:21:30~24:00、6月:22:00~24:00
7月:22:00~24:00、8月:21:30~24:00、9月:21:00~24:00
10月:20:00~23:00、11月:18:30~22:00、12月:18:00~22:00
※急遽変更になる場合があるのでご注意ください。

サグラダファミリアのお土産

上述のように、地下博物館にはお土産屋さんがあります。ガウディらしいモザイク柄のカラフルなアイテムや、定番のマグネット、マグカップなどもあるので、記念に自分用やお友達に持って帰ってくださいね♪

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) お土産
バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) お土産

私は下の画像のサグラダファミリアのマグネットを買いました。我が家の冷蔵庫に貼られています(笑)画像は4個入りですが、バラ売り6.6ユーロもありましたよ。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) お土産
バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) お土産

バルセロナで買えるオススメのお土産については、下記の記事にまとめています。

サグラダファミリア周辺のおすすめホテル!

サグラダファミリアを朝から晩まで満喫したい!という人は、近くのホテルに泊まるのも一つの手です。オススメのホテルはサグラダファミリアから徒歩3分という最高の立地にあるアイレ ホテル ロゼロン (Ayre Hotel Rosellon)。スタイリッシュな4つ星ホテルで、眺望付きの部屋を選べば部屋からサグラダファミリアを眺めることができます。

なお、カタルーニャ広場やランブラス通り周辺のホテルと比べると、中心地が少し遠くなるのでご注意下さい。といっても地下鉄で3~4駅とかです。
サグラダファミリアが徒歩圏内のホテルについて、詳しくは下の記事にまとめています。

サグラダファミリア周辺のランチならカフェ365がオススメ!

私と主人はサグラダファミリアを観光した後に、出口からすぐの「365」というカフェでサンドイッチを食べたんですが、これがなかなか良かったんです!テラス席があり、ここからサグラダファミリアの受難のファサードを一望することができます。

バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) お土産
バルセロナ観光 サグラダファミリア(Sagrada Familia) お土産

「どうせサグラダファミリアプライスだろうな~」と思って入りましたが、大きなカツとチーズが入ったサンドイッチで4.5ユーロとかで良心的でした。それにすごく美味しかったです。
受難のファサードの出口を出たらすぐ左手にあるので、アクセスが良いのも良いところ♪

場所は下の地図で確認してくださいね。

1.カフェ365 2.サグラダファミリア

まとめ

サグラダファミリア、本当にガウディの魂がこもった作品だと思います!【サグラダファミリアの観光=ガウディの頭の中の観光】と言っても過言じゃない!(わりとマジで言ってます笑)

大事なことなので繰り返しますが、絶対に絶対に、チケットを事前予約した方がいいです!入場制限があるので、当日券だと午前中に買いに行っても、午後まで入場を待たないといけないということもあります。

日本語ガイドと一緒にサグラダファミリアを回るオプショナルツアーはこちら!

バルセロナの立地・コスパが良いオススメのホテルについては、下の記事にまとめています。

レンタルWiFiを借りるなら、キャンペーンやクーポンを利用して安く借りましょう!