釜山の南浦洞グルメ!絶品のイカ入り海鮮プルコギが食べられるお店はここ!

※原文:二コラ 和訳:エナ

「釜山の南浦洞グルメ!絶品のイカ入り海鮮プルコギが食べられるお店はここ!」 トップ画像

チャオ!ベネチア出身の二コラです!

釜山に来たからには、観光客が行くようなレストランだけじゃなくて、釜山市民に大人気のお店にも行きたいよね?
この記事で紹介するレストランは、そんな君にぴったりの場所だ。
この南浦洞(ナンポドン)にあるレストランは韓国名物の一つ、プルコギを出してるお店なんだけど、みんなが知ってるプルコギとはちょっと違うんだ。
何が違うのかというと、「オジン(イカ)プルコギ」というイカのプルコギを提供しているんだ。

甘辛いソースにイカや貝などの海鮮やお肉が入ってて、本当に絶品のプルコギだったよ!!南浦洞に行くならぜひ一度は行ってほしい場所だ。釜山は港町なだけあって、海の幸が素晴らしいね!
レストランの詳細を知りたければ、ぜひこの記事を読んでみてね!

イカのプルコギ「オジンプルコギ」とは?

韓国にはたくさんの鍋料理があるんだけど、この「オジンプルコギ」と呼ばれている料理はイカのプルコギなんだ。
ちなみにプルコギは、お肉や野菜が入った鍋に醤油、砂糖、酒、薬味とコチュジャンなどを加えて調理する韓国風すき焼きのような料理だよ。
オジンは韓国語で「イカ」という意味で、オジンプルコギにはお肉の代わりにイカが入ってるんだ。

レストランによってイカと野菜だけのものや、お肉も一緒に入ってるものもある。
新鮮なイカ、具材からでる出汁、甘辛いソースのコンビネーションが本当に美味しくて、韓国では女性でもランチ鍋としてがっつり食べるそうだよ。また、調理の際に油や水を使わないから、ヘルシーで素材の味を十分に楽しめる鍋なんだ。

この記事で紹介する「クウォサルムギ(구워삶기)」というお店のオジンプルコギには、メインのイカとともに、豚肉、ムール貝、カレトック(韓国風のお餅)、餃子、春雨、野菜なんかが入ってるんだ。これだけ入ってたら大満足だよね?

鍋料理だから、日本と同じで各テーブルで調理するようになってるよ。
多くのお店では、オジンプルコギの後に残りのスープを使って炒飯を作ってもらえるんだ。
具材から出た出汁を絡めて作る炒飯は最高に美味しいから、オジンプルコギを食べるんなら炒飯も絶対に試してね!

釜山・南浦洞の美味しいオジンプルコギレストラン!

この「クウォサルムギ(구워삶기)」というレストランは、気軽に入れて美味しいオジンプルコギが安く食べられるから、釜山市民たちに大人気のお店なんだ。南浦洞(ナンポドン)と西面(ソミョン)どちらにも店舗があるんだけど、僕たちは南浦洞(ナンポドン)の方に行ったよ。
友達や家族と鍋を囲むには最高のお店だったよ。

南浦駅からは5分ほどで着くから、とても便利だ。
また、クウォサルムギは夜の12時まで開いてるから、遅い時間にご飯が食べたい時もちょうどいいね。

鍋のメニューはオジンプルコギのみだから、何を注文するか迷う必要はないよ。あとはサイドメニューで揚げ餃子、エビのてんぷら、ラーメンなんかがある。
値段はかなりリーズナブルだから、とてもコスパが高いレストランだと思うよ。

イカや貝の海鮮プルコギ!クウォサルムギのレビュー!

僕たちは昼間にこのレストランを通りかかって気になってたから、夜にディナーを食べに来てみたんだ!
夜9時ぐらいだったんだけど、ほぼ満席だったよ。テーブルが空いててラッキーだった。周りはみんな韓国人みたいだ。

オジンプルコギの種類は一つだけだけど、鍋の大きさと辛さを選べるようになってるんだ。僕たちは小サイズ(2~3人用)で、一番辛くないものを注文したよ。
ちなみにサイズは、

・小:2~3人
・中:3~4人
・大:4~5人

辛さは、

・辛い:ほとんどの韓国人はこれを注文する
・とても辛い:辛いものが好きなら、これでもいいかも
・一番辛い:韓国人でさえも辛すぎると感じるレベル

と記載されていたよ。サイズは日本語+英語で、辛さは英語で説明が載ってるから簡単だ。
それにしても「辛くない」っていう選択肢が無いことに笑ったよ(笑)

注文してから2-3分ぐらいで、まずは小料理たちが運ばれてきた。にんにくやしその葉、味がつけられた大根、玉子、マヨネーズなんかもある。

僕たちはサイドディッシュの揚げ餃子も注文したんだけど、これがまたすごい量なんだ!

皮はカリッと、中はジューシーに揚げられた餃子は本当に美味しくて箸がとまらなくなるんだけど、鍋の前に全部食べたらダメだよ。鍋が入らなくなるからね。
それにしても、ビールやソジュと最高に合う餃子だったよ。

オジンプルコギもすぐに運ばれてきて、調理済みだから5分ぐらい火にかければ食べられるとのことだ。スタッフが鍋の面倒を見てくれるから簡単だよ。

最初はイカが丸々入ってるんだけど、鍋が煮えてきたらスタッフがイカをハサミで小さく切ってくれるんだ。
他にもムール貝、豚肉、カレトック(韓国風のお餅)、餃子、春雨、野菜なんかも入ってて、食材たっぷりの濃厚な鍋だよ。

鍋が食べられるようになったら、スタッフが教えてくれる。
さあ、メニューに書いてあるやり方に従って食べてみよう!まずえごまの葉(シソに似た葉)を左手にのせて、葉っぱの上に薄くスライスした大根、イカ、お肉、最後にちょっとだけマヨネーズをのせてみて。野菜を加えてもいいだろう。
えごまの葉で包んで、食べてみよう!

うん、ものすっごく美味しい!!!イカとお肉、野菜の旨味が口の中で合わさって、このコンビネーションがたまらないほど美味しいんだ!!そしてえごまの葉の爽やかさと食感が、いいスパイスを加えてくれるんだよ。
イカは新鮮でぷりっぷりだし、お肉はとても柔らかい。
辛さは辛すぎることなく、ちょうといいぐらいだ。辛いものが全く無理って人は食べるのが難しいかもしれないけど。

ちなみに、しその葉でくるまなくても美味しいから、両方試してみてね。具材の旨味がスープに染み出て、とても濃厚な味になってるんだ。
ただ、煮込み過ぎるとお肉やイカが固くなっちゃうから気をつけて。スタッフが言うタイミングで食べるのが一番いいよ。
僕たちもスタッフに従って食べたから、イカは固すぎることなく最高の食感で、ムール貝やお肉も最高の状態だったんだ。

海鮮が本当に新鮮でビックリしたよ。韓国一の水産市場「チャガルチ市場」がすぐ近くにあるから、もしかしてチャガルチ市場から仕入れてるのかな?

オジンプルコギを食べた後は、スタッフに炒飯をお願いしよう。スープには具材の旨味が濃厚に染み出てるから、リゾットを作るにはこれ以上ないぐらいの最高なタイミングだよ。
おっと、ごめん、炒飯だったね。僕のイタリアンな思考を許してほしい。

炒飯をお願いすると、鍋がいったん引き上げられて、炒飯になって戻ってくるんだ。濃厚なスープを絡めながら作られる炒飯は、最高に美味しかったよ。スープと混ぜるから普通の炒飯とは違って汁気が多いんだ。

面白かったのが、僕たちは最後に雑炊みたいな炒飯を食べるんだろうなと思って、卵をとっておいたんだけど、この玉子が生じゃなくて実はゆで玉子だったんだ!!
生と思い込んでたから、ビックリしたよ。

どのタイミングでこのゆで玉子を食べれば良かったのか今でもよく分からないけど、潰して炒飯に入れても美味しいと思うよ。
炒飯はたったの2,000ウォン(200円ぐらい)で作ってもらえるから、注文するしかないよ!

最後はお腹がいっぱい過ぎて、全部食べ切れなかったのが本当に残念だよ。美味しすぎる揚げ餃子のせいだ!

また、他の多くの韓国のレストランと同じように、Cassビールやソジュもメニューにある。どちらでもオジンプルコギと最高の組み合わせだよ。
でも、周りの韓国人たちはみんなピーチジュースを飲んでたみたいなんだ。ピーチジュースで辛さを緩和させるんだろうね。

これだけたくさん食べて、二人分でたったの31,000ウォンだったんだ。日本円で言うと3,100円ぐらい(レートによる)だから、ものすごく安いよね!

クウォサルムギの鍋は1種類のみって上述したように、メニューはとてもシンプルなんだ。
鍋とサイドディッシュと数種類のドリンクがメニューに載ってるだけだよ。
メニューは日本語、英語、中国語で書いてあるし、写真も付いてるから簡単だ。

親切なことに、食べ方の説明も載ってるよ。

クウォサルムギの店内

このレストランは、釜山市民に大人気なんだ。店内には友達同士やカップルたちがたくさんいて、大いににぎわっていたよ。

店内のテーブルや椅子はとてもシンプルで、カジュアルだから入りやすい。高級感がある場所を探してる人は、このレストランはやめた方がいいだろう。
僕たちは予約せずにすぐに席に着けたけど、週末になると少し待つかもしれないね。
でも広いレストランだから、そんなに長く待つことはないと思うよ。

クウォサルムギの接客・スタッフは?

釜山市民に大人気のレストランだから、日本語や英語を話すスタッフは少ないみたいだ。でも上述の通り、メニューは日本語も書かれてるから、注文するのは簡単だよ。

スタッフは若い人が多くて、外国人相手にも親切に対応してくれるよ。だから、必要な時は遠慮せずに話しかけてみてね。

クウォサルムギの行き方・地図

クウォサルムギの南浦洞店には、地下鉄1号線の南浦駅1番出口から徒歩5分ぐらいで行けるんだ。隣のチャガルチ駅からも10分程度だよ。

場所については下の地図を参考にしてね。

クウォサルムギの詳細

店舗詳細
名称:구워삶기 남포동(クウォサルムギ南浦洞店)
住所
>韓国語:부산광역시 중구 남포동2가 21-1
>英語:21-1, Nampo-dong 2-ga, Jung-gu, Busan
電話番号:+82 051-254-1093
営業時間: 12:00pm ~ 00:00am
名物料理: オジン(イカ)プルコギ
予算: 一人10,000 ~20,000 ウォン

クウォサルムギ西面(ソミョン)店の詳細はこちら。

西面店詳細
名称:구워삶기 서면(クウォサルムギ西面店)
住所
>韓国語:(지번) 부산광역시 부산진구 부전동 168-385
電話番号:+82 51-819-0093
営業時間: 11:30pm~01:00am
名物料理: オジンプルコギ
価格帯: 一人10,000 ~20,000 ウォン

まとめ:釜山の南浦洞グルメ!絶品のイカ入り海鮮プルコギが食べられるお店はここ!

南浦洞は釜山港にすごく近いから、新鮮な魚を食べたければ一番の場所だよ。釜山一の魚市場「チャガルチ市場」もここにあるしね。
レストランはとても居心地がよくて、清潔でリーズナブルだったよ。
南浦洞に行く予定なら、ぜひこのクウォサルムギにも行ってみてね。後悔はしないはずだよ。

この記事が役に立ったなら、ぜひ周りの人にもシェアしてね!
コメントや質問もいつでも待ってるよ!

※この記事に記載の情報は2018年10月執筆時の情報だよ。随時更新するつもりだけど、最新情報については各公式サイトで確認してね。

By |2018-11-08T10:31:35+00:0010月 30th, 2018|Categories: アジア旅行, 韓国観光|Tags: |0 Comments

おすすめ記事

関連記事

Leave A Comment

CAPTCHA