ミュンヘンの公園「エングリッシャーガルテン」は川サーフィンの名所!?

「ミュンヘンの公園・エングリッ シャー ガルテンは川サーフィンの名所!?」 トップ画像

ミュンヘンにはサーフィンの聖地があるって知ってました?
えっ?海無いんじゃ・・・って思いますよね。その通り、ミュンヘンに海はありません。

じゃあどこでサーフィンをするのかと言うと・・・なんと、なんです!
ミュンヘンにある巨大な公園「エングリッシャーガルテン(英国庭園)」の川で、サーファーたちが日々リバーサーフィンを楽しんでいます。
その様子には私も主人も本当に衝撃を受けました!!

とても珍しくて面白いので、この記事に見所や行き方をまとめてみました。
ミュンヘン中心地からもとても近いので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

ミュンヘンの巨大な公園エングリッシャーガルテン(英国庭園)

ミュンヘン観光 エングリッシャーガルテン(Englischer Garten)

ミュンヘンの大規模な公園「エングリッシャーガルテン(Englischer Garten、英国庭園)」は、1789年に造られた歴史ある公園です。
総面積3. 7km²、958ヘクタールというサイズで、都市部にある公園の中では世界的にも大きい方です。

この公園の名物が、「リバーサーフィン」
人口の小川の出発点に、ポンプを使って波を発生させる装置が設置されていて、ここでサーファーたちが日々川サーフィンを楽しんでいます。

また、サーファー以外の人たちも、暑い日には水着になったり裸になったり(笑)して、川で涼んでいます。

エングリッシャーガルテンは他にも色んな見所があり、

・ビアガーデン
・ギリシャ風建築物のモノプテロス
・日本式茶室
・ヌーディストエリア(ヌードの人たちがいるエリア)
・白鳥やガチョウがいる人口湖(ボートも乗れる)

など、面白いものがたくさん見れます。

マリエン広場などがある中心地からも徒歩圏内なので、ミュンヘン旅行に来たからにはぜひ立ち寄りたい場所です。暖かい日にはランチを持ってピクニックなんか良さそうですよ。

驚きの川サーフィン!エングリッシャーガルテンはサーフィンの聖地!

ミュンヘン観光 エングリッシャーガルテン(Englischer Garten) アイスバッハ(Eisbach) サーフィン

上述のように、エングリッシャーガルテン内の「アイスバッハ(Eisbach)」という小川では熟練のサーファーたちがリバーサーフィンを楽しんでいます。

それは面白い!ということで見に行ってみると、いましたいました!!
自分の番を待って列に並んでいるサーファーたちと、川でサーフィンをしてるサーファーが。
列に並んで、1人ずつ順番でサーフィンするのがルールみたいですね。

それにしても、周りは木々が多い茂っていて、すぐ目の近くには川にかかる橋が・・・違和感しかありません(笑)

ミュンヘン観光 エングリッシャーガルテン(Englischer Garten) アイスバッハ(Eisbach) サーフィン

人口波発生装置で波が発生しているとのことですが、かなり急な流れです。難しそう。
「熟練したサーファーに限る」という掲示もあるそうです。

ミュンヘン観光 エングリッシャーガルテン(Englischer Garten) アイスバッハ(Eisbach) サーフィン

この動画でどれだけ流れが速いかよくわかります↓↓

それにしても、ドイツのサーファーたちのイケメンが多いこと(笑)女子たち、これは必見ですよ!
ちなみに、女性のサーファーもいました。

このアイスバッハは公園の端っこにあり、公園内ではマリエン広場に一番近い位置にあります。

エングリッシャーガルテンの中国の塔とビアガーデン

ミュンヘン観光 エングリッシャーガルテン(Englischer Garten) 中国の塔(Chinesischer Turm) ビアガーデン

エングリッシャーガルテンの有名な「中国の塔(Chinesischer Turm)」の周りは、ビアガーデンになっています。

7,000席もあるこのビアガーデンは、ミュンヘンでも2番目の規模の大きさだとか。

ちなみに、この中国の塔はもともと1789~1790年頃に建てられたもので、かなり歴史が深いです。
でも残念なことに戦争で焼失したので、その後再建されています。

天気の良い日にこんなステキな公園のビアガーデンでビールを飲めたら、最高の気分になっちゃいますね!

市民の憩いの場!ギリシャ風建築物モノプテロスの広場

ミュンヘン観光 エングリッシャーガルテン(Englischer Garten) モノプテロス(Monopteron)

市民たちの憩いの場であるこの広場には、ギリシャ風建築物の「モノプテロス(円形神殿)」が置かれています。
木々に囲まれた静かな丘の上には神殿なんて・・・まるで神話のようですね。

この神殿の周りはミュンヘン市民たちが集まって、ピクニックなどを楽しむ憩いの場になっています。
ちなみに、冬はこうなります↓↓ 雪遊びが絶対楽しいやつ!!

ミュンヘン観光 エングリッシャーガルテン(Englischer Garten) モノプテロス(Monopteron) 冬

エングリッシャーガルテンのビアガーデンMilchhäusl

ミュンヘン観光 エングリッシャーガルテン(Englischer Garten) ビアガーデンMilchhäusl

エングリッシャーガルテンのモノプテロスの近くには、こじんまりとしたビアガーデンがあります。

私たちがエングリッシャーガルテンに行った時に、急に土砂降りのスコールが降ってきたのでここに駆け込んだんですが、その時に食べた焼きたてのプリッツェルがとても美味しかったんです。
これを作った店員さんが、「失敗して見た目が悪くなちゃったの・・・いる?」って聞いてきて、「いります!!」と返事してもらったプリッツェルですが、味は全然失敗じゃなかったですよ(笑)

ミュンヘン観光 エングリッシャーガルテン(Englischer Garten) ビアガーデンMilchhäusl プリッツェル

ビアガーデンと呼ばれていますが、コーヒー・お茶などを飲むこともできるし、またテラスだけでなく、店内で飲食もできます。
雰囲気の良いお店だったので、モノプテロス近くで軽食を食べたり、ビールを飲みたい時はオススメです。

エングリッシャーガルテンにはジャパニーズ・ティー・ハウス(茶室)も!

ミュンヘン観光 エングリッシャーガルテン(Englischer Garten) 日本式茶室(Japanese Teehaus)

エングリッシャーガルテンには日本式茶室(Japanese Teehaus)もあるんです!
中国の塔といい、多文化な公園ですね(笑)

この日本式茶室「閑松庵」は、池の中州の島に建てられています。茶道流派の一つである裏千家がバイエルン州に寄贈したものだそうです。

毎年4月~10月には、月に8会のお茶会が開催され、ドイツ語で日本式の茶道の説明が行われています。
また、毎年7月には日本祭りも開かれています。

ヌーディストエリアのシェーンフェルド牧草地と周辺

円形神殿「モノプテロス」と茶室の間には、シェーンフェルド牧草地(Schönfeldwiese)という芝生のエリアは、「ヌーディストエリア(ヌードが許されるエリア)」として有名です。

ここ一帯は1960年代から、ヌードで日光浴をすることが許されています。
その当時は、ヌードが公式に許可されたということで、世界中で大々的に報道されたそうですよ。

海外旅行で開放的な気分になって、あなたもヌードになっちゃうかも!?

エングリッシャーガルテンの行き方

エングリッシャーガルテンは広大な公園なので、行きたいエリアによって違う最寄り駅があります。まずば、下の地図を見てください。

【名所(オレンジの番号)】
1.アイスバッハ(サーフィンスポット) 2.中国の塔・ビアガーデン 3.モノプテロス 4.Milchhäusl 5.日本式茶室 6.シェーンフェルド牧草地

【最寄り駅(赤の番号)】
1.オデオン広場駅 2.Giselastraße駅 3.Universität駅

サーフィンスポットのアイスバッハ・日本式茶室の行き方

地下鉄Uバーン3~6号線のオデオン広場(Odeonsplatz)駅から徒歩8分。

サーフィンスポットのアイスバッハは橋の下にあります。下の写真のように、見物客がいつも集まっているので、分かりやすいと思います。

ミュンヘン観光 エングリッシャーガルテン(Englischer Garten) アイスバッハ

中国の塔・ビアガーデンの行き方

地下鉄Uバーン3・6号線Giselastraße駅下車、徒歩約10分。またはGiselastraße下車後、58番・54番・154番のいずれかのバスで Chinesischer下車すぐ。

モノプテロス・シェーンフェルド牧草地の行き方

地下鉄Uバーン3・6号線Universität駅下車、徒歩約10分。またはGiselastraße駅下車後、58番・54番・154番のいずれかのバスで Chinesischer下車、徒歩5分。

サーフィンスポットの近くにはハウスデアクンストも!

ミュンヘン観光 ハウスデアクンスト(Haus der Kunst)

エングリッシャーガルテンのサーフィンスポットのすぐ近くには、ハウスデアクンスト(Haus der Kunst)という現代美術館もあります。

昔は美術品の販売を目的として展示に使われていて、その時はヒトラーが上客だったとか。また、米国占領下では米軍士官にカジノとして使われていたなど、歴史的にとてもおもしろい場所です。

私たちが行った際は、入り口から入ってすぐのホールでインスタレーションの展示がされていました。
※インスタレーションは室内や屋外などにオブジェや装置を置いて、空間を構成するアート手法のこと。

興味があれば見に行ってみてくださいね♪

ミュンヘン観光 ハウスデアクンスト(Haus der Kunst)

まとめ:ミュンヘンの公園「エングリッシャーガルテン」は川サーフィンの名所!?

この記事では「ミュンヘンの公園「エングリッシャーガルテン」は川サーフィンの名所!?」について書きました。
内陸の都市であるミュンヘンのまさかのサーフィンスポット、衝撃ですよね!!
私と主人が心から楽しんだ場所です。

エングリッシャーガルテンは広くて迷いがちなので、グーグルマップを見るためにも、インターネット環境は必須です!
レンタルWiFiなどをぜひ活用しましょう!!
グローバルWiFiはこのリンクから申し込むと、レンタル料金5%オフ + 受取手数料540円が無料になります。
また、イモトのWiFiキャンペーン・クーポン情報は下の記事にまとめています。

※この記事に記載の情報は2018年11月執筆時の情報です。随時更新するつもりですが、最新情報については各公式サイトでご確認ください。

By |2018-11-30T17:30:35+00:0011月 30th, 2018|Categories: ドイツ観光, ヨーロッパ旅行|Tags: |0 Comments

おすすめ記事

関連記事

Leave A Comment

CAPTCHA