ダンシングハウスは中世の街プラハで異彩を放つ、近未来的建築物でした!

プラハは中世の建物を数多く残し、街自体が世界遺産にもなっている美しい街です。
塔が多いことから、百塔の街とも呼ばれていますが、そんなプラハの歴史ある街並みにそぐわないような、風変りな建物があるんです。

その名も「ダンシングハウス」!!
二人の男女が踊っているように見えるその外観から、ダンシングハウスという名前が付けられました。
この記事では奇抜で近未来的な建物「ダンシングハウス」の見どころや行き方内部のホテルやレストランについてご紹介したいと思います。

ダンシングハウスとは?家が踊っているの?

歴史ある建物が多いプラハで、ひと際目立っている建物がこの「ダンシングハウス(Tančící dům)」。プラハの中世の街並みの中にそびえ立つこのビルは、とても奇抜に見えます。

ダンシングハウスは正式名称を「ナショナル・ネーデルランデン・ビル(Nationale Nederlanden building)」と言い、プラハを代表する川「ヴルタヴァ(モルダウ)川」沿いに建っています。
ダンシングハウスには、もう一つ「フレッドとジンジャー(Fred and Ginger)」という愛称があります。

というのも、有名ダンサーの「フレッド・アステア(Fred Astaire)」と「ジンジャー・ロジャース(Ginger Rogers)」の踊る姿にインスピレーションを受けて、この建物がデザインされたからです。

ダンシングハウスは二つの建物がくっついたような設計になっていて、くねっと体をしならせている方が女性のフレッド(上の画像の左側)、それを受け止めるようにどっしり立っている方が男性のジンジャー(上の画像の右側)を表現しています。

確かに、そう言われてみると男女がダンスしているように見えます。そのまま踊り出しそうなぐらい躍動感がありますね!

ダンシングハウスの歴史

実は、ダンシングハウスが現在立っている場所には、もともと別のビルがありました。しかし、第二次世界大戦の際の爆撃で壊されて、それ以来ずっと放置されていた土地だったんです。

そんな土地にダンシングハウスが建てられたのは、もとのビルが壊されてからずっと後の1996年。
冷戦やチェコ民主化を経た後の時代です。

オランダの保険会社が土地の所有者となり、近代的なビルを建てようという試みの元、カナダの建築家「フランク・ゲーリー」とチェコの建築家「ウラジミール・ミルニッチ」に設計が一任されました。
その結果、建てられたのはチェコ民主化を象徴するような、モダンで希望にあふれるダンシングハウスでした。

ダンシングハウスが建てられた当時は、歴史ある街並みのプラハにこのような近未来的なビルが建てられたことについて、たくさんの批判があったそうです。
なお、現在ではチェコを代表する近代的建造物として受け入れられていて、日々多くの観光客や宿泊客が訪れる人気スポットとなっています。

ダンシングハウスの内部はホテル!

出典:Booking.com

ダンシングハウスの中は、現在 ダンシング ハウス ホテル(Dancing House Hotel)という名前で、ホテルとしても利用されています。
とてもアーティスティックな4つ星ホテルで、不規則な多角形の部屋や、斜めの窓、モダンなインテリアなど、外見を裏切らない奇抜でモダンな客室があります。

ホテルとしての質も高く、とても評判が良いです。ヴルタヴァ川やプラハ城が見える部屋もありますよ。平日や時期によっては、朝食付きで1部屋13,000円ほどの時もあるので、4つ星にしてはかなりリーズナブル。

アートや建築好きな方、また4つ星ホテルにリーズナブルに泊まりたい方には、ぜひオススメしたいホテルです!
何よりも、世界的に有名な観光名所に泊まれるって最高じゃないですか?

ホテル詳細
名称: ダンシング ハウス ホテル(Dancing House Hotel)
星の数:★★★★
クチコミ・料金を確認:

バーからプラハの絶景パノラマが見れる!

ダンシングハウスの中のレストランやバーは、宿泊しなくても利用できるので、ぜひこのアーティスティックな建物の中も見学してみてください!

特に、ダンシングハウスの最上階にあるバー「Glass Bar」には展望テラスがあり、プラハ城を含むプラハの絶景パノラマを一望することができます。

この展望テラスはジンジャーの頭の部分にあります。下の写真の矢印で示している場所です。人がいるの分かりますか?

また、7階にあるラグジュアリーレストラン「Ginger & Fred」はフレンチをベースにした多国籍料理を出していて、料理の評判がとても良いです。
このレストランからもプラハの素晴らしい景色を眺めることができますよ。

Ginger & Fredの詳細
名称:Glass Bar
営業時間:毎日7:00~夜中01:00時(キッチンは7:00~23:00)
電話番号(予約):+420 221 984 160
ホームページ:https://gfrest.cz/en/

Glass Barの詳細
名称:Glass Bar
営業時間:毎日9:00~夜中0:00時
電話番号:+420 703 651 330
ホームページ:www.glassbar.cz

ダンシングハウス美術館も忘れずに!

ダンシングハウスの1階は美術館になっています。
この美術館では主に、チェコ現代アートの傑作が展示されています。私が行った際には共産主義時代のチェコスロバキアについての展示会が開催されていました。

なお、チケット料金は基本190コルナですが、特別な展示の際は料金が変わることもあるので、詳細についてはダンシングハウス美術館のウェブサイトにてご確認ください。

ダンシングハウス美術館の詳細
名称:Galerie Tančící dům(Dancing House Gallery)
営業時間:毎日10:00~20:00
料金:190コルナ(子供60コルナ)
ホームページ:https://www.galerietancicidum.cz/home-en

ダンシングハウスの行き方

ダンシングハウスには、地下鉄とトラムを乗り継いで行くことができます。

1.地下鉄B線のKarlovo náměstí駅に行く
2.17番のトラムに乗って、隣のJiráskovo náměstíという停留所で降りる
3.停留所から2分(30メートルほど)歩くと到着!

なお、地下鉄のKarlovo náměstí駅から直接歩いても、徒歩3分(260mほど)です。
雄大なヴルタヴァ川沿いを歩くと気持ちがいいので、私は地下鉄の駅から歩く方をオススメします。

1.ダンシングハウス 2.地下鉄Karlovo náměstí駅 3.Jiráskovo náměstíトラム停留所

私はカレル橋からヴルタヴァ川沿いにダンシングハウスまで歩いて行ったんですが、景色は素晴らしいし、川には白鳥も泳いでいて、ステキな散策になりましたよ。
歩いて行くなら、ぜひプラハ城を背景に、白鳥たちの写真を撮ってみてくださいね♪

ダンシングハウスの詳細

ダンシングハウスの詳細
名前:Tančící Dům(Dancing House)
住所:Jiráskovo náměstí 1981/6, Prague 2, 120 00
ホームページ:http://tadu.cz/en/

ダンシングハウスを回る現地オプショナルツアーも!

自力でダンシングハウスまで行くのが不安という人や、あまり時間が無い人は現地オプショナルツアーを使うのも一つの手です。

例えば、人気ツアーの

●「 プラハ市内1日観光ツアー<4月~10月/公共交通機関一日券付/日本語/プラハ発>

では、日本語ガイドと一緒にダンシングハウスやプラハ城、天文時計、旧市街広場周辺、カレル橋などを含む数々の名所を回ることができます。

日本語ガイドの説明も聞けるし、短時間でたくさんの名所を回れるので効率的ですよ。
なお、ダンシングハウスは外観のみの見学となります。

プラハの他のツアーについては、「 チェコ 現地オプショナルツアー一覧」から確認してくださいね。

まとめ:ダンシングハウスは中世の街プラハで異彩を放つ、近未来的建築物でした!

この記事では「ダンシングハウスは中世の街プラハで異彩を放つ、近未来的建築物でした!」について書きました。

今にも踊り出しそうなダンシングハウス、私は素晴らしい現代アートの建築と思うのですが、皆さんはどうでしょうか?
一度はこんな近未来的でアーティスティックなホテルに泊まってみたいものです。

レンタルWiFiを借りるなら、キャンペーンやクーポンを利用して安く借りましょう!

ホテルを安く予約したければ割引クーポンを使うことをオススメします。
Expediaクーポン情報はこちらの記事に詳しく書いてるので、ぜひ活用してくださいね!

※この記事に記載の情報は2019年1月執筆時の情報です。随時更新するつもりですが、最新情報については各公式サイトでご確認ください。