バンコク観光は穴場も必見!本気でおすすめの「隠れスポット」13選をご紹介!

「バンコク観光は穴場も必見!本気でおすすめの「隠れスポット」13選をご紹介!」 トップ画像

「バンコクの穴場スポットに行きたい」
「バンコクの通な場所ってどこ?」
と思っているなら、この記事は必見です。

海外旅行に来たからには、有名観光地だけでなく、ちょっとマイナーな場所や通な場所も行ってみたいって思いませんか?

バンコクには数々の有名スポットや定番観光地がありますが、それと同じぐらい、いやそれ以上の数の穴場スポットがあるんです!

私は今回2回目のバンコク旅行で、10日間ほど滞在したので、数多くの「隠れ名所」を回ることができました。

この記事では、私が実際に訪れた中で、特に楽しかったオススメの穴場スポットを厳選してご紹介したいと思います!
バンコク旅行が2回目、3回目という方は、ぜひここで紹介する場所も回ってみてくださいね!

バンコク観光の穴場スポットの地図

次のセクションからご紹介するオススメ穴場スポットの位置は、下の地図をご参考に。

1.チャトゥチャックウィークエンドマーケット 2.ワットパクナム 3.ワットクンチャン 4.チャンチューイ・クリエイティブパーク 5.タラートロットファイ・ラチャダー 6.ワットベンチャマボピット 7.ワットトライミット 8.ワットサケット 9.オクターブ 10.エラワン廟 11.ルンピニー公園 12.ランブトリ通り 13.マハナコン

一番楽しかったマーケット!チャットゥチャックウィークエンドマーケット

バンコク観光の穴場スポット チャトゥチャックウィークエンドマーケット(Chatuchak Weekend Market)

チャットゥチャックウィークエンドマーケット(Chatuchak Weekend Market)は、バンコク最大の公設市場です。
個人的には、バンコクの市場の中で一番楽しかった!!
「ウィークエンド」と名前についてる通り、週末にのみ開催されています。

東京ドーム約3個分の広大な敷地には15,000軒ものお店が立ち並び、ありとあらゆるものが売られています。
衣料品はもちろん、古着、アクセサリー、雑貨、スパグッズ、アート作品など、掘り出し物が見つかること間違い無し!お土産探しにも最適です。

日本や他の国のバイヤーたちもやって来る市場です。特にファッション好きな人は、一度行ってみることを心からオススメします!

バンコク観光の穴場スポット チャトゥチャックウィークエンドマーケット(Chatuchak Weekend Market)

チャットゥチャックウィークエンドマーケット詳細
名称:チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット(Chatuchak Weekend Market)
住所:Kampaengphet 3 Rd., Ladyao , Chatuchak district , Bangkok 10900
営業時間:土日の9時~18時
>卸売りは金曜日の6pm~12pm
>植物のみ水曜・木曜の7am~6pm

宇宙空間のような天井画!ワットパクナム

バンコク観光の穴場スポット ワットパクナム(Wat Paknam)

ワットパクナム(Wat Paknam)はインスタなどで話題急上昇中の、神秘的な天井画が有名な寺院です。

寺院にあるサイケデリックな天井画はまるで宇宙空間のようで、他に類を見ないほどフォトジェニックでした。
天井画の下にある、巨大な緑のガラスの仏塔も見ものです。

穴場スポットですが、個人的にはバンコクの必見スポットの一つだと思っています。

ワットパクナム詳細
名称:ワットパクナム(Wat Paknam)
住所:Soi Pak Nam, Thoet Thai Road | Pak Khlong Phasi Charoen, Phasi Charoen, Bangkok 10160, Thailand
営業時間:毎日8時-18時
拝観料:無料

動物の像たちがお出迎え!ワットクンチャン

バンコク観光の穴場スポット ワットクンチャン(Wat Khun Chan)

ワットクンチャン(Wat Khun Chan)は上述のワットパクナムと、川を挟んで向かい合っている寺院です。
ワットクンチャンの何が面白いかというと、数々のユニークな動物の像があること!

トラやら鶏やらインコやら馬やらの像があり、仏像よりも動物の像の方が多いのでは!?というほどです。
そして動物の像たちの中に、犬や猫などホンモノの動物が混じっているのも面白いです。
仲間がたくさんいると思っているのかな?

ワットパクナムを見るついでに、ワットクンチャンも見てみてくださいね!

バンコク観光の穴場スポット ワットクンチャン(Wat Khun Chan)

ワットクンチャン詳細
名称:ワットクンチャン(Wat Khun Chan)
住所:1144 ถนน เทอดไท Khwaeng Talat Phlu, Khet Thon Buri, Krung Thep Maha Nakhon 10600, Thailand
拝観料:無料

「世界で最も素晴らしい場所100選」に選ばれた夜市!チャンチューイ

バンコク観光の穴場スポット チャンチューイ・クリエイティブパーク(Chang Chui Creative Park)

チャンチューイ・クリエイティブパーク(Chang Chui Creative Park)は、バンコクの最新ナイトマーケットで、私の大好きな場所です。

アーティストやクリエイターたちによるマーケットのため、とても独創的で芸術性が高く、最先端アートスポットとして話題になっています。

27,000㎡の広い敷地には巨大オブジェなどのアート作品が散りばめられており、クリエイターによる独創的なショップや、アートギャラリー、オシャレなバーなどが立ち並んでいます。

その評判はアメリカの雑誌「Time」の「2018年の世界一素晴らしい場所100選」に選ばれたほど。
アート好きなら必見の場所でしょう。

バンコク観光の穴場スポット チャンチューイ・クリエイティブパーク(Chang Chui Creative Park)

チャンチューイ詳細
名称:チャンチューイ・クリエイティブパーク(Chang Chui Creative Park)
住所:460/8 Sirindhorn Road Bang Phlat Bangkok 10700 Thailand
営業時間:
>ナイトゾーン:11~21時
>グリーンゾーン:16~23時
定休日:水曜日
入場料:無料

インスタ映えなナイトマーケット!タラートロットファイ・ラチャダー

バンコク観光の穴場スポット タラートロットファイラチャダー(Talat rotfai ratchada)

タラートロットファイラチャダー(Talat rotfai ratchada)は鉄道夜市とも呼ばれている、絶景が見れるナイトマーケットです。

約1,000軒もの屋台のカラフルな屋根が、上から見下ろすとまるで宝石箱のように光り輝いています。
その光景がSNSなどでシェアされまくり、現在は「バンコクの最新インスタ映えスポット」として話題沸騰中です。

ナイトマーケット自体はバンコク市民向けで、レトロモダンな雰囲気でとてもオシャレ。多くのタイ人の若者たちが集っていました。
「ローカル向け」の夜市を楽しみたいなら、とてもオススメです。

タラートロットファイラチャダー詳細
名称:タラートロットファイラチャダー(Talat rotfai ratchada)
営業時間:毎日17:00〜24:00

珍しい仏教ステンドグラス!?ワットベンチャマボピット(大理石寺院)

バンコク観光の穴場スポット ワットベンチャマボピット(Wat Benchamabophit)

ワットベンチャマボピット(Wat Benchamabophit)は大理石寺院とも呼ばれていて、その通称の通り、大理石で造られた寺院です。

ラーマ5世が教会建築に感動して造らせた寺院のため、西洋建築の要素が取り込まれています。
タイの伝統建築と西洋建築の融合が見事で、個性的でとても美しい寺院です。

寺院の一番の特徴は、なんといっても珍しい仏教画のステンドグラスでしょう!
西洋の教会でステンドグラスをよく見ますが、その仏教バージョンです。これには感動しました。

本堂にある本尊の台座の中には、ラーマ5世の遺骨が納められているそうです。

バンコク観光の穴場スポット ワットベンチャマボピット(Wat Benchamabophit) ステンドグラス

ワットベンチャマボピット詳細
名称:ワットベンチャマボピット(Wat Benchamabophit)
住所:Thanon Si Ayutthaya, Dusit, Bangkok 10300
営業時間:本堂は17時まで
拝観料:本堂の入場料20バーツ

5.5トンの金でできた仏像!ワットトライミット

バンコク観光の穴場スポット ワットトライミット(Wat Trimit)

ワットトライミット(Wat Trimit)はチャイナタウンのすぐ近くにある寺院で、「5.5トンの金でできた仏像」があることで有名です。

約700年前に造られたと言われているこの仏像は、実はずっと漆喰で覆われていました。
そのため、金で出来ていると誰も知らなかったのですが、1953年に落下して漆喰が割れ、中から黄金の仏像が出てきたとのことです。

これは居合わせた人もびっくりだったでしょうね!
どうして漆喰で覆われていたかというと、その当時タイはビルマに侵略されており、ビルマ軍の略奪から仏像を守るためだったそうです。

ちなみに、チャイナタウンについては「バンコクのチャイナタウン完全ガイド!屋台のB級グルメを制覇せよ!」の記事をご参考に。

バンコク観光の穴場スポット ワットトライミット(Wat Trimit) 黄金の仏像

ワットトライミット詳細
名称:ワットトライミット(Wat Trimit)
住所:661 Charoen Krung Rd, Khwaeng Talat Noi, Khet Samphanthawong, Krung Thep Maha Nakhon 10100, Thailand
営業時間:8~17時
拝観料:本堂の入場料40バーツ

景観が素晴らしい!ワットサケット

バンコク観光の穴場スポット ワットサケット(Wat Saket)

ワットサケット(Wat Saket)はアユタヤ王朝から存在する歴史ある寺院で、バンコク市内が展望できる名所として知られています。

ラーマ5世の時代に建てられた高さ80メートルの黄金の丘(プーカオ・トーン)は、市内を一望できる絶景スポット。344段の螺旋階段を上って、頂上まで行くことができます。

頂上にある黄金の仏塔(チェディ)には、仏舎利も納められています。
ちなみに、ワットサケットの近くにある麵屋さん「ゴールデンマウント・キッチン」で食べたカオソーイ(タイカレーラーメン)が、絶品でした!
レビューはこの記事で:「バンコクのカオソーイが激うまな食堂(ワットサケット近く)を紹介します!

バンコク観光の穴場スポット ワットサケット(Wat Saket) 展望

ワットサケット詳細
名称:ワットサケット(Wat Saket)
住所:Baan Bat Rd, Pomprab Sattru Pai, Bangkok 10100
営業時間:8~日没まで
拝観料:プーカオ・トーンは20バーツ

ハッピーアワーが安い!オクターブルーフトップバー

バンコク観光の穴場スポット オクターブ(Octave)

オクターブ(Octave)はマリオットホテルの45~49階にある、絶景が望めるルーフトップバーです。

バンコクにある高層ビル内のバーってお高いところが多いんですが、このオクターブではハッピーアワーを利用するとかなり安く飲めるんです!
なんと17~19時までのハッピーアワー中は、シグネチャーカクテルが全て半額!!

夜景も素晴らしかったので、「有名なシロッコ/スカイバーはちょっと高すぎるなあ・・・」と思ってる人に、特にオススメです!

バンコク観光の穴場スポット オクターブ(Octave)

オクターブ詳細
名称:オクターブ・ルーフトップラウンジ&バー(Octave Rooftop Lounge & Bar)
住所:2 Sukhumvit Road Soi 57 · Bangkok 10110
営業時間:毎日17時~翌2時
電話番号:+66-2-7970000

願いが叶うパワースポット!エラワン廟

バンコク観光の穴場スポット エラワン廟(Erawan Shrine)

エラワン廟(Erawan Shrine)は、「願い事がかなう」と言われている、バンコク有数のパワースポットです!

グランドハイアット・エラワン・ホテルの前にあるヒンドゥー教の祠ですが、国内外からの参拝者で日々賑わっています。

当時、エラワンホテルの建設中に事故が多発して工事が進まなかったところ、占星術師に「ヒンドゥー教のブラフマーを祀るように」と勧められました。
その言葉に従って祠を建てたところ、事故が無くなり無事完成に至ったそうです。

この出来事が口コミで広がり、「願いが叶う神様」として有名になったとのこと。

エラワン廟詳細
エラワン廟詳細
名称:エラワン廟(Erawan Shrine)
住所:494 Phloen Chit Rd, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok, 10330
営業時間:毎日8時~22時半
拝観料:無料

都会のオアシス!ルンピニー公園

バンコク観光の穴場スポット ルンピニー公園(Lumpini Park)

ルンピニー公園(Lumpini Park)は、シーロムエリアにある緑豊かな公園です。
大都会の忙しないバンコクの中心地にある「都会のオアシス」的存在だと言えるでしょう。

公園は観光地という感じではありませんが、のんびり寛げる良い場所でした。

市民がピクニックや散歩、ジョギングを楽しんでいたり、公園内の池ではアヒルボートも楽しめます。

また、ルンピニー公園の一角「屋台村」では朝に屋台が立ち並び、朝ご飯を楽しむことができます。
一部の屋台は夜も開いているそうです。

シーロムエリアに泊まる予定の方は、ぜひルンピニー公園の屋台朝ごはんを食べてみてくださいね!

ルンピニー公園詳細
名称:ルンピニー公園(Lumpini Park)
住所:Thanon Rama IV, Khwaeng Lumphini, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330, Thailand
営業時間:毎日24時間

裏カオサン通り!お洒落なランブトリ通り

バンコク観光の穴場スポット ランブトリ通り(Ram Buttri Alley)

ランブトリ通り(Ram Buttri Alley)は、バックパッカーの聖地とも呼ばれる「カオサン通り(Khaoan Road)」の1本裏手にある通りです。
カオサンの裏手にあることから、「裏カオサン通り」という名前でも呼ばれています。

カオサン通りと同じように、数々の屋台やショップ、レストラン、路上マッサージ店などが立ち並んでいます。

カオサン通りとランブトリ通りの両方に行ってみたんですが、ランブトリ通りの方が人が少なくて、オシャレなお店やレストランが多く、落ち着いた印象でした。

カオサンの雰囲気を楽しみたいけど、あんまりカオスなのはちょっと・・・と思う人には、ランブトリ通りがオススメです。
カオサン通りの記事の最後に、ランブトリ通りについても少し書いてます。

ランブトリ通り詳細
名称:ランブトリ通り(Ram Buttri Alley)
住所:Soi Ram Buttri, Chakkra Phong Road, Phra Nakorn, Bangkok 10200
営業時間:毎日24時間

2018年にグランドオープン!マハナコン

バンコク観光の穴場スポット マハナコン(Maha Nakhon)

マハナコン(Maha Nakhon)は、2018年にオープンしたばかりの高層ビルです。
ブロックを積み上げたようなデザインなんですが、まるで崩れかけているような驚愕の見た目で、バンコクの最新ランドマークになっています。

77階の高さ314メートルに位置する展望台は、ガラス張りのスカイウォークになっています。ガラスの床から、足元のはるか彼方に地上が見える光景は、とてもスリリング!
私の高所恐怖用な旦那様は、絶対に行かない!と言ってました(笑)

ビルの中には免税店やホテルも入ってます。

マハナコン詳細
名称:マハナコン(Maha Nakhon)
住所:114 Narathiwas Road, Silom,Bangrak, Bangkok 10500
営業時間:毎日10~24時
展望台の入場料:850バーツ

まとめ:バンコク観光は穴場も必見!本気でおすすめの「隠れスポット」13選をご紹介!

バンコクの穴場スポット、本当にたくさんありますね!
これらの場所を回れば、あなたも「バンコク通」を自称できるでしょう(笑)

どれもすごく面白かったので、ぜひ気になる場所をいくつかピックアップして、行ってみてくださいね!