釜山のアート名所・甘川文化村!インスタ映えスポットや行き方・見所は?

「釜山一のアートスポット!甘川文化村でインスタ映え写真を撮りまくれ!」トップ画像

甘川文化村(カムチョンドンムナマウル)は、なんと町自体がアート作品という、釜山一のアート・インスタ映えスポット!

甘川文化村ではまるでイタリアのチンクエテッレのようにポップでカラフルな家々が斜面に連なり、町のいたるところに壁画や路上アートを見ることができます。
そのユニークで遊び心がある街並みはまるでおとぎ話の世界のよう。

釜山のマチュピチュとも呼ばれるこの観光地が本当に素晴らしかったので、この記事では甘川文化村のインスタ映え写真の撮影スポット、行き方や見所などについてご紹介したいと思います。

釜山観光の関連記事はこちら↓↓

町全体がアート作品!甘川文化村の概要

釜山観光 甘川文化村のカラフルな景観

甘川文化村はもともと甘川洞(カムチョンドン) という町が、家屋を利用したアートで町おこしを行った結果、甘川文化村と呼ばれるようになりました。

入り組んだ路地から釜山のマチュピチュと呼ばれており、町おこしのプロジェクトも「マチュピチュプロジェクト」と称されているそうです。

この素晴らしい街並みにほれ込んだアーティストやクリエイターたちがアートギャラリーをつくり始め、現在のようなアートでいっぱいの観光名所になりました。

海外からの観光客だけでなく、地元の若者たちにとっても「今をときめく」流行りのスポットになっているようです。

甘川文化村の見所

ここではとってもアーティスティックな甘川文化村の見所をご紹介します!

見所1. 壁画・ストリートアートの数々

釜山観光 甘川文化村の壁画・ストリートアート

甘川文化村には町中のいたるところに壁画やだまし絵、オブジェなど、アートの数々があります。町歩きをしながら、ぜひアートの世界に浸ってみてくださいね♪
特に星の王子さまと王子さまのお友達のキツネさんが並んでいる場所は必見です!

見所2. お洒落なカフェでまったり

釜山観光 甘川文化村のペイントされたお洒落なカフェ

外観がかわいくペイントされたカフェや、内装がとてもお洒落なカフェなど、魅力的でユニークなカフェもたくさんあります。
町歩きで疲れたら、お洒落なカフェで一息つきましょう!

見所3. 展望台からの景色

釜山観光 甘川文化村の展望台からの景色

展望台からは甘川文化村の街並みとともに、南浦洞の街並みも見ることができます。街のカラフルな家屋が一望できる展望台は必見です。

見所4. スタンプラリー

総合案内所で甘川文化村の地図を買うと、スタンプラリーが付いてきます。6つのスタンプを集めると、プレゼントがもらえるのでぜひ試してみてくださいね♪

甘川文化村のインスタ映え写真撮影スポット

甘川文化村のインスタ映え写真撮影スポットをまとめました。下の地図でスポットを示してます。地図はバス停から近い順に1~9の番号をふってます。

1. 人型オブジェ 2. 魚のタイル画 3-1. 天使の羽の絵 3-2.ズボンの花壇 4. 公園の壁画 5. 星の王子様の壁画 6. 恋人たちがキスする壁画 7. 星の王子さまとキツネの像 8.冠とマントの壁画 9. 本の階段

インスタ映えスポット1. 人型オブジェ

釜山観光 甘川文化村の作品「甘川と一つになる」

「甘川とひとつになる」というモチーフのオブジェ作品で、ある一定の場所から見ると背景とオブジェに描かれた家屋の位置が重なって、村と人型オブジェが一体化したように見えます。

インスタ映えスポット2. 魚のタイル画

釜山観光 甘川文化村の魚のタイル画(オブジェ)

カラフルなタイルを組み合わせて魚の形が作られた大きなタイル画(オブジェ?)です。

インスタ映えスポット3-1. 天使の羽の絵

釜山観光 甘川文化村の天使の羽の壁画

壁に天使の羽が描かれていて、この羽を背中に合わせて写真を撮ると、天使の写真の出来上がり♡

インスタ映えスポット3-2. ズボンの花壇

釜山観光 甘川文化村のズボンの花壇たち

上記の天使の羽の壁画の横には、ズボンで出来た足の花壇がずらっと坂道に並んでいます(笑)

インスタ映えスポット4. 公園の壁画

釜山観光 甘川文化村の公園の壁画

公園の壁に描かれた壁画ですが、壁画の中で子供たちがパズルを組み立てている様子がかわいらしいです。

インスタ映えスポット5. 星の王子さまの絵が描かれたカフェ

釜山観光 甘川文化村の星の王子さまの絵が描かれたカフェ

バイクを片手に持ってほっぺに絆創膏を貼った、ちょっとヤンキーっぽい星の王子さまが壁に描かれています。ぬ~すん~だバ~イ~ク~では~しり~だす~♪って歌ってそう(笑)

釜山観光 甘川文化村の星の王子さまの絵が描かれたカフェ

やんちゃそうな星の王子さま(笑)

インスタ映えスポット6. 恋人たちがキスする壁画

釜山観光 甘川文化村の恋人たちがキスする間際の壁画

男女がキスする5秒前ぐらいの絵が壁に描かれています。この場所にあるテラスにハート型の絵馬みたいなのがたくさん吊るされていたので、恋人たちが永遠の愛を誓うスポットかな?

インスタ映えスポット7. 星の王子さまとキツネの像

釜山観光 甘川文化村の星の王子さまとキツネの像

甘川文化村で一番人気のスポット!星の王子さまとキツネが並んで街並みを眺めている像です。私が行った時はここで写真を撮りたい人たちが長い行列をつくってました。

行列に並ぶ暇がなかったので、パシャりました。
キツネと王子さまの間に腰かけて写真撮る人が多かったですが、落ちたら危ないんで気を付けてくださいね!一応落下してもいいように下に足場もありますが、それでも落ちたくない(笑)

インスタ映えスポット8. 冠とマントの壁画

釜山観光 甘川文化村の冠とマントの壁画

星の王子さまとキツネが並んで街並みを眺めている像の向かい側には、冠とマントの壁画があります。冠に頭を、マントに肩を合わせて写真を撮れば、上の写真の夫のような、王様気分が味わえますよ(笑)

インスタ映えスポット9. 本の階段

釜山観光 本の階段

本でできた階段(絵です)を登って行くと、その先には素晴らしい写実的な壁画があります。アジアの農村をモチーフにしたような作品です。

釜山観光 本の階段の先にある写実的な壁画

とても写実的な素晴らしい壁画がいっぱい描かれています!

釜山観光 本の階段の先にある写実的な壁画

上で紹介した以外のアートたち

上で紹介した以外にも素晴らしいアート作品がたくさんあったので、ここで写真だけ載せておきます。散策して、いろいろ見つけてみてくださいね♪

釜山観光 ストリートアート
釜山観光 ストリートアート
釜山観光 ストリートアート
釜山観光 ストリートアート
釜山観光 ストリートアート
釜山観光 ストリートアート

甘川文化村の行き方

甘川文化村には地下鉄チャガルチ駅もしくは土城(トソン)駅のバス停から1-1、2、2-2番のバスに乗って、「カムジョン小学校」で降ります。バスの所要時間は土城(トソン)駅からは10分ぐらい、チャガルチ駅からは20分ぐらいです。

私はチャガルチ駅から行きました。下の地図にチャガルチ駅の位置と、甘川文化村の位置を示してます。

1. 甘川文化村 2.甘川文化村行きのバス停 3. チャガルチ駅

チャガルチ駅の3番出口から外に出て、南浦洞と反対方向に進みます(下の画像の景色を背中側にして、真っすぐ矢印の方向に進んでください)。

釜山観光 甘川文化村の行き方 チャガルチ駅3番出口

すると、すぐに右手の角に銀行が見える(下の画像)ので、この角を右に曲がります。

釜山観光 甘川文化村の行き方 チャガルチ駅3番出口

このDaishin Savings Bankという銀行の角を右に曲がります。

右に曲がると、すぐに二つの大通りの真ん中に、「どーーん!!」と大きなバスステーションが見えますが、このバスステーションから甘川文化村行きのバスは出てないので、気をつけて!!

このバスステーションには気を取られずに、道路も渡らずに、来た道をただ真っすぐ進みましょう。すると、地味~な感じの、緑色のバス停が見えます。いかにも地元の人が乗ってそうなバスです。
このバス停から甘川文化村行きのバスが出てます!

釜山観光 甘川文化村の行き方 バス停の位置

ちょっと遠目から。赤で囲んだのがバス停です。

釜山観光 甘川文化村の行き方 バス停の位置

これが正しいバス停!

バスにはちゃんと「甘川文化村」って書いてあるので、間違う心配はありません。

釜山観光 甘川文化村の行き方 バス

バス代は1,000ウォンちょっきりでした。今のレートだと約100円ぐらい。
↑2018年10月に行った時は、1,100ウォンに値上げされてました(泣)

バスに乗ったらすぐ見える箱に料金を入れてください。お釣りももらえるので、運転手さんにお金を見せて、「カムチョンドン(甘川のこと)」と言ってお金を入れましょう。
そしたら運転手さんがお釣りを出してくれます。

釜山観光 甘川文化村の行き方 バスの料金箱

降りる駅は観光客っぽい人たちがぞろぞろ降りるので分かると思いますが、もし不安だったら運転手さんに確認してください。「カムチョンドン」と言えばわかります。
甘川文化村のバス停の景色はこんな感じ↓↓ 帰りのバス停は向かい側(ちょっと斜め向かいぐらい)にあります。

釜山観光 甘川文化村の行き方 バスの料金箱

自力が難しければ現地オプショナルツアー参加も!

自分で行く自信がない!という人は現地オプショナルツアーを使うのも一つの手です。釜山のツアーって比較的に安いものが多いので、例えばベルトラの【釜山市内(午前)半日観光ツアー】釜山のマチュピチュ!甘天文化村+屋台巡り+光復路+釜山タワーなんかは甘川文化村だけでなく光復路や釜山タワーも行けて、4,000円以下という破格の料金です!!(2018年7月執筆時情報)

時間があまり無い旅行なら、自分で行って道に迷うよりも、ツアーを使った方が賢いかもしれません。

まとめ:釜山のアート名所・甘川文化村!インスタ映えスポットや行き方・見所は?

この記事では「釜山のアート名所・甘川文化村!インスタ映えスポットや行き方・見所は?」について書きました。
さすが町全体がアート作品なだけあって、どこを歩いてもアートでいっぱいでした。そして、素晴らしくインスタ映えする写真がたくさん撮れて、大満足です♪
ぜひ皆さんもアートを堪能しながら、インスタ写真をたくさん撮ってきてくださいね!

※この記事に記載の情報は2018年10月改稿時の情報です。随時更新するつもりですが、最新情報については各公式サイトでご確認ください。

釜山観光の関連記事はこちら↓↓

おすすめ記事

関連記事

Leave A Comment

CAPTCHA