パリ観光の穴場スポット!絶対必見の10選はこれだ!

世界でも有数の大人気観光地、パリは大都市で歴史も深いので、見所が本当にたくさんあります。エッフェル塔やセーヌ川など、ガイドブックに載っているのはそんなパリのほんの一部分。有名観光地以外にも、すばらしい場所がパリにはたくさんあるんです!
そこで今回は、そんなパリで必見の穴場スポットを厳選してご紹介したいと思います!パリ在住の友人に連れて行ってもらったスポットばかりなので、地元民が大好きな場所もたくさん載せてます ♪
おすすめ度順に紹介していきますので、お見逃しなく~!

パリの関連記事はこちら↓↓

シャンティイ城(Chateau de Chantilly)

ビューティホーで豪華絢爛なお城が見たいなら、もちろんシャンティイ城(Chateau de Chantilly)が一番オススメ!個人的にはベルサイユ宮殿よりも大好きです。パリ郊外にあり、パリ市内からは電車に30分-1時間ほど乗ってから、更に20-30分ほど歩きます。
若干遠いけど、行ってよかった!!と心から思える場所です。7,800ヘクタールという広大な森の中にそびえ立つルネッサンス様式の華麗なお城は、思わず時間を忘れてうっとりと見つめてしまいます。
庭園もとても美しく、白鳥たちが庭園内の池を優雅に泳いでいます。そしてなんと言っても一番の見所は湖に反映するお城の姿・・・本当に、この場で死んでも悔いは無い!って光景です(笑)
元アメリカ大統領のニクソン氏がシャンティイ城を訪問した時には、「ヴェルサイユには7回も連れていかれたのに、なんでココには1度も連れてきてくれなかったんだ!?」 という発言をしたそう(笑)その発言にも納得できるぐらいステキな場所でしたよ~!
所要時間:半日
おすすめ度:★★★★★

シャンティイ城の行き方・料金や感想については下記の記事に詳しく書いてます!

名称:Chateau de Chantilly
住所:7, rue du Connetable 60500 Chantilly
アクセス:パリ北駅からRER D線 もしくはSNCFでシャンティイ・グーヴュー (Chantilly-Gouvieux)駅下車、徒歩30分
美術館開館時間:
・11/2-3/23 火曜日以外10時30-17時
・3/24-10/29 毎日10-18時
休館日: 11/2-3/23の火曜日
料金:庭園のみ8€、ドメインチケット(シャトー+庭園+大厩舎+馬の博物館)17€

ポンピドゥーセンター(Pompidou)

イタリア人の夫と、パリに住んでいるイタリア人の友人がそろって「パリで絶対に必見!」!と言う場所がこのポンピドゥーセンター(Pompidou)です。
パイプむき出しというめちゃくちゃ斬新で近代的な建物はもちろん、中の国立近代美術館はコレクション品数6万5000点という、ヨーロッパ中でも最大級の近代絵画のコレクションを持っています。巨匠のピカソ、カンディンスキー、マティス、シャガール、ダリなどの作品もありますよ!ところで、ポンピドゥーって響きすごくかわいくないですか?
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

名称:ポンピドゥーセンター(Pompidou)
住所:Square de la Tour Saint-Jacques – 75001 Paris
アクセス:メトロ1・4・7・11・14号線 Châtelet 駅、11号線Rambuteau駅、RER A・C線 Châtelet -Les Halles駅
美術館開館時間: 11-21時
休館日:毎週火曜日、5/1(祝)
料金:A(特別展示会開催期間)14€、B(特別展示会開催がない期間)11€

エスパス・ダリ・モンマルトル(Espace Dalí à Montmartre)

ダリファンなら絶対に行きたい!!エスパス・ダリ・モンマルトル(Espace Dalí à Montmartre) はモンマルトル地区のテアトル広場にひっそりとある、ダリ美術館です。ダリは言わずと知れたシュールレアリズム(超現実主義)を代表する芸術家で、個性的な作品が魅力的ですよね。このダリ美術館では、そんなダリの幻想的な夢と現実のはざまの世界を体験することができます。
また、ダリと言えば髭が特徴的ですが、ここエスパス・ダリ・モンマルトルでは芸術作品として、「ダリの髭写真」の数々が飾られていておもしろいです。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

名称:エスパス・ダリ・モンマルトル(Espace Dalí à Montmartre)
住所:11 rue Poulbot – 75018 Paris
アクセス: メトロ2号線 Anvers 駅、12号線Lamarck-Caulaincourt 駅
美術館開館時間: 毎日10-18時半(7-8月:10-20時半)
料金:11.50€(オーディオガイド2.50€

パリ市庁舎(Hotel de Villa)

パリ在住のイタリア人の友人が、「パリで一番大好きな建物なの」と言って連れてきてくれたのが、このセーヌ川沿いにあるパリ市庁舎(Hotel de Villa)。その外観はとても市庁舎とは思えない豪華さで、まるでディズニー映画のお城のようです。世界遺産で歴史も古く、14世紀にまでさかのぼります。
また、この市庁舎前の広場では数多くの歴史上の有名人物たちが死刑に処された場所でもあり、歴史的にもとても興味深い場所です。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

名称:パリ市庁舎(Hotel de Ville)
住所:Splace de l`hotel de ville 75004 Paris
アクセス:メトロ1号線・11号線オテル・ドゥ・ヴィル(Hôtel de Ville)駅下車、RER A線・B線・D線シャトレ-レ・アル(Châtelet – Les Halles)駅下車
入場:内部の見学不可

サン・ジャックの塔(Saint-Jacques Tower)

人混みに紛れずに世界遺産を堪能したいなら、サン・ジャックの塔(Saint-Jacques Tower)がオススメ!サンジャックの塔はもともと16世紀に建てられた教会で、スペインのサンディアゴ巡礼路の出発地だったとのこと。でもフランス革命で破壊され、塔のみ残りました。こんなに歴史的におもしろいのに観光客は少なく、地元民が寛いでいるような場所です。
観光名所のノートルダム大聖堂やサントシャペルから10分ほどなので、行きやすいですよ。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★

名称:サン・ジャックの塔(Tour Saint-Jacques)
住所:Square de la Tour Saint-Jacques – 75001 Paris
アクセス:メトロ1・4・7・11・14号線 Châtelet 駅
入場:入場不可(期間限定で入場可能なときもある)

テュイルリー庭園(Jardin des Tuileries)

美しい野外美術館でゆったり散策やアートを楽しみたいなら、ここしかない!テュイルリー庭園(Jardin des Tuileries)は美しい自然と共に、ロダンなど有名彫刻家による彫刻や噴水などが楽しめる素晴らしい庭園です。西はシャンゼリゼ大通りから、左はルーヴル美術館まで広範囲にまたがっています。大都会のせわしないパリの中で、ゆったりできる憩いの場です!
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★

名称:テュイルリー庭園(Jardin des Tuileries )
住所:113 Rue de Rivoli, 75001 Paris, フランス
アクセス:パリ・メトロ1号線 チュイルリー駅TuileriesまたはRER C線のミュゼ・ドルセー駅Musée d’Orsay
開園時間:7:00~21:00

ベー・アッシュ・ヴェー(LE BHV MARAIS)

パリ市民が愛する買い物スポット!人気観光地のマレ地区にあるこの8階建てのデパート、ベー・アッシュ・ヴェー(LE BHV MARAIS)はお洒落なパリジャンたちが日々買い物に訪れています。洋服はもちろんのこと、雑貨や家具、キッチン用品、DIY用品までなんでもそろっています。洋服もブランド品からお手頃価格まであり、20-50%オフになってる商品もありました。
ぜひ、一度はショッピングに訪れたい場所です。フードコートもおいしくてお手頃と評判ですよ!
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★

名称:ベー・アッシュ・ヴェー(LE BHV MARAIS)
住所:52 Rue de Rivoli, 75004 Paris
アクセス: Hôtel de Ville駅(メトロ1,11番線)徒歩3分
営業時間:月-土曜 9時30 – 20時, 日曜 11時 – 19時30

サン・マルタン運河(Canal Saint-Martin)

サン・マルタン運河(Canal Saint-Martin)映画「アメリ」ファンにはぜひ訪れてほしい場所です。そう、ここはアメリに出てきた水切り石の運河です。これといった観光名所はありませんが、下町風の街並みがとってもステキで、パリ市民の憩いの場です。地元民の生活をかいま見ることができますよ!
運河沿いにはお洒落なショップやカフェがずらりと並んでいて、暖かい日には運河周辺に座ってピクニックをする市民の姿を見ることができます。パリ在住のイタリア人の友人も、夏にはよくここで友人とピクニックをしてると言ってました。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★

名称:サン・マルタン運河(Canal Saint-Martin)
住所:Canal Saint-Martin, 75004
アクセス: メトロ3・8・9・11号線駅下車 レピュブリック (République)駅下車。

シェイクスピア・アンド・カンパニー書店(Shakspear Company Co)

文学に浸りながら一味違うパリ観光がしたいなら、セーヌ川沿いにあるこのシェイクスピア・アンド・カンパニー書店(Shakspear Company Co)をオススメします!
この書店では本の販売はもちろん、1万冊もの蔵書を持つ英文学専門の図書室も併設されています(閲覧のみ)。また、この書店は物書きを目指す貧乏な若者たちを支援しており、店の手伝いを数時間する代わりに宿を提供しているそう。有名小説家のアーネスト・ヘミングウェイもこの場所で多くの時間を過ごしたそうです。私が行った時には詩の朗読会が行われていました。
本で埋め尽くされた店内は圧巻です!併設されているカフェも雰囲気がとても良かったですよ。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★

名称:シェイクスピア・アンド・カンパニー書店(Shakspear Company Co)
住所:37 Rue de la Bûcherie, 75005 Paris
アクセス: メトロ4号線 Saint-Michel(サン・ミッシェル)駅、またはRER-B/C線 Saint-Michel Nortre-Dame から徒歩5分
営業時間:毎日、9時半〜20時

アレクサンドル3世橋(Pont Alexandre III)

美しい橋の景観とともに、セーヌ川やエッフェル塔の眺めを楽しみたいならアレクサンドル3世橋(Pont Alexandre III)!アレクサンドル3世橋は1900年のパリ万博の際に建設され、世界遺産「パリのセーヌ河岸」の一部でもあります。ロシアとフランスの有効の証として建てられた橋なので、元ロシア皇帝の名前がついています。金の女神像やニンフの像、金色のペガサスなど、豪華な装飾はパリの橋の中でも随一でしょう。
エッフェル塔の絶景撮影ポイントでもありますよ!近くには同じく1900年のパリ万博の際に建設されたプティ・パレやグラン・パレもあります。
所要時間:30-1時間
おすすめ度:★★★

名称:アレクサンドル3世橋(Pont Alexandre III)
住所:1 Pont Alexandre III|Quai d’Orsay,75008 Paris,France
アクセス:メトロ8,13線,RER-C線アンバリッド(Invalides)駅から徒歩3分

まとめ:パリ観光の穴場スポット!絶対必見の10選はこれだ!

今回は「パリ観光の穴場スポット!絶対必見の10選はこれだ!」について書きました。さすがパリ、有名観光地以外にもすばらしい場所がたくさんありました!パリに行くのが2度目、3度目という方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ちなみに、パリのホテルはオテル ルーブル サン タンヌが1区にある3つ星なのに格安で綺麗だし、ロケーションも最高でオススメです。
あとは同じく3つ星で2区のオテル ボードレール オペラもオペラ座が近く、ルーブル美術館が徒歩圏内というロケーションです。ホテル プリンス アルバート ルーブルも、1区の3つ星でコスパ高いですよ。リンクから写真やレビューを見てみてくださいね。

※この記事に記載の情報は2018年5月執筆時の情報です。随時更新するつもりですが、料金などの最新情報については各公式サイトでご確認ください。

パリの関連記事もどうぞ!

お得情報!

フランスでインターネットを使うなら、グローバルWiFi がオススメ!

グーグルマップを見たり、翻訳アプリを使ったり、海外旅行ではインターネットが必要不可欠。
でも、シムフリー携帯じゃないと現地のシム使えないし、かと言ってドコモやau、ソフトバンクとかの海外ローミングって、割高ですよね・・・。

そんな時、役に立つのがレンタルWiFiルーターです。
このグローバルWiFi なら、格安の定額なので安心・お得に使えます。そして5台まで接続可能なので、何人かで割り勘するともっとお得!!

上のリンク先から申し込むと、今だけ【利用料金が5%OFF+受取手数料が無料】になるので、良ければ見てみてくださいね!

おすすめ記事

関連記事

Leave A Comment

CAPTCHA