パリ・ミュージアム・パスで観光をお得に!値段、購入方法・使い方ガイド!

「パリ・ミュージアム・パスで観光をお得に!値段、購入方法・使い方ガイド!」 トップ画像

「パリに旅行に行く予定だけど、できるだけお得に観光したい」
こう思ってるなら、ぜひお得な観光パス「パリ・ミュージアム・パス」を活用しましょう。

パリ・ミュージアム・パスはルーヴル美術館やオルセー美術館、ヴェルサイユ宮殿などを含める50か所以上もの美術館や名所が無料入場できるようになるとても便利でお得な観光パスです。

この記事ではパリ・ミュージアム・パスで入場無料の施設の一覧や、値段、事前予約購入方法、現地の購入場所、使い方などについて詳しくまとめています。
また、「パリ・ミュージアム・パスは本当にお得なのか?」ということも考察しているので、ぜひご参考に!

※この記事に記載の料金は2018年8月時点の料金です。最新情報については各公式サイトでご確認ください。

パリ・ミュージアム・パスの概要

パリ観光 パリ・ミュージアム・パス

パリ・ミュージアムパスはパリの50か所以上もの美術館・博物館や有名観光地が無料入場できるようになる観光フリーパスです。
無料入場できる施設の中には大人気観光地のルーブル美術館、オルセー美術館、ヴェルサイユ宮殿、ノートルダム寺院の塔や、サント・シャペル教会なども入ってます。

このパリ・ミュージアム・パスを持っていれば、各施設のなが~いチケット売り場に並ぶ手間が省けるので時間が節約できます。
特に有名観光施設や美術館ではチケットを買うのに1時間ぐらい並ぶこともあるので、その時間を短縮できれば嬉しいですよね。

また、美術館・博物館や観光名所をたくさん回る人にとっては、パリ・ミュージアム・パスが値段的にお得になることが多いです。
更には、見学途中に外に出ても、再入場ができます!

パリ・ミュージアム・パスで無料入場できる施設一覧

パリ観光 ルーブル美術館

ここではパリ・ミュージアム・パスで無料入場できるようになる施設一覧をご紹介します。「美術館・博物館」と「建築物・教会・記念館」、「お城・宮殿」の3種類に分けてまとめてます。
通常料金も記載してるので、ご参考に。

※[]の中の曜日:休館日
※《郊》:パリ郊外の施設

美術館・博物館
ルーブル美術館[火] (Musee du Louvre):通常15ユーロ
オルセー美術館[月] (Musee d’Orsay):通常12ユーロ
ポンピドゥーセンター/国立近代美術館[火] (Centre Pompidou-Musee national d’art moderne):通常14ユーロ
オランジュリー美術館[火] (Musee national de l’Orangerie):通常9ユーロ
ピカソ美術館[月] (Musée national Picasso):通常12.50ユーロ
ロダン美術館[月] (Musee Rodin):通常10ユーロ
・クリュニー中世美術館[火] (Musee Cluny-Musee national du Moyen Âge):通常5ユーロ
・ギュスタブ・モロー美術館[火] (Musee Gustave Moreau):通常6ユーロ
・ドラクロワ美術館[火] (Musee national Eugene Delacroix):通常7ユーロ
・ジャン・ジャック・エンネル美術館[火] (Musee Jean-Jaques Henner):通常9ユーロ
・ニシム・ド・カモンド美術館[月火] (Musee nissim de camondo):通常9ユーロ
ケ・ブランリー美術館[月] (Musee du quai Branly):通常10ユーロ
軍事博物館・ナポレオンの墓(Musee de l’Armee-Tombeau de Napoleon 1er):通常12ユーロ
・東洋ギメ美術館[火] (Musee national des Arts asiatiques-Guimet):通常7.50ユーロ
・アラブ世界研究所[月] (Musee de l’Institut du Monde Arabe):通常8ユーロ
・ユダヤ美術と歴史博物館 [月] (Musee d’art et d’histoire du Judaisme):通常9ユーロ
・装飾芸術美術館[月] (Musee des Arts decoratifs):通常11ユーロ
・レリーフ地図博物館[第1月曜] (Musee des Plans-reliefs):通常11ユーロ
建築遺産博物館・仏文化財博物館[火] (Cite de l’Architecture et du Patrimoine Musee des Monuments francais):通常8ユーロ
・レジスタンス解放博物館[第1月曜] (Musee de l’Ordre de la Liberation):通常12ユーロ
・下水道美術館[木金](Musee des Egouts de Paris):通常4.2ユーロ
・移民史博物館[月] (Musee national de l’histoire de l’immigration):通常6ユーロ
・科学産業博物館/ラ・ヴィレット[月] (Cite des Sciences et de l’Industrie-universcience):通常12ユーロ
・音楽博物館[月] (Cite de la Musique-Musee de la Musique):通常8ユーロ
・映画博物館[火] (La Cinémathèque française-Musée du Cinéma):通常5ユーロ
・工芸院博物館[月] (Musee des Arts et Metiers):通常8ユーロ
・パレ・ド・ラ・デクベルト(科学産業博物館)[月] (Palais de la decouverte-universcience):通常9ユーロ
・モーリス・ドニ美術館[月火]《郊》(Musee departemental Maurice Denis):通常4.50ユーロ
・セーブル陶磁器博物館[火]《郊》(Sevres Cite de la ceramique/Musee national de la ceramique):通常6ユーロ
・ポルト ロワイヤル デ シャン博物館[火]《郊》(Musee national de Port-Royal des Champs):通常4.50ユーロ
・航空宇宙博物館[月]《郊》(Musee de l’Air et de l’Espace):通常9ユーロ
建築物・教会・記念館
ノートルダム寺院の塔(Tours de Notre-Dame):通常10ユーロ
ノートルダム寺院のクリプト地下遺跡[月](Crypte archeologique du Parvis Notre-Dame):通常8ユーロ
サント・シャペル教会(Sainte Chapelle):通常10ユーロ
凱旋門(Arc de Triomphe):通常12ユーロ
パンテオン(Pantheon):通常8.50ユーロ
コンシェルジュリー(Conciergerie):通常8.50ユーロ
・贖罪教会[不定期](Chapelle expiatoire):通常6ユーロ
・シャアリ修道院(Abbaye royale de chaalis):通常8ユーロ
・サン・ドニ寺院《郊》(Basilique cathedrale de Saint Denis):通常9ユーロ
・ムードン・ロダン記念館[月-木]《郊》(Maison d’Auguste Rodin a Meudo):通常5ユーロ
サヴォア邸[月]《郊》(Villa Savoye):通常8ユーロ
お城・宮殿
ヴェルサイユ宮殿とトリアノン[月]《郊》(Musee national des Chateaux de Versailles et de Trianon):通常20ユーロ
フォンテーヌブロー城[火]《郊》(Chateau de Fontainebleau):通常12ユーロ
・サンジェルマン・アン・レイ考古学博物館[火]《郊》(Musee d’Archeologie nationale et Domaine national de Saint Germain en Laye):通常7ユーロ
・マルメゾン城・ボワ プレオ [火]《郊》(Musee national des Chateaux de Malmaison et Bois-Preau):通常6.50ユーロ
・ランブイエ城[火]《郊》(Chateau de Rambouillet Laiterie de la Reine et Chaumiere aux Coquillages):通常9ユーロ
・コンピエーニュ城[火](Musee et domaine nationaux du palais imperial de compiegne):通常7.50ユーロ
コンデ博物館/シャンティ城[火、毎年1月](Musee Conde – Chateau de Chantilly ):通常17ユーロ
ヴァンセンヌ城《郊》(Chateau de Vincennes):通常9ユーロ
・シャン城[火]《郊》(Chateau de Champs sur Marne):通常8ユーロ
メゾン・ラフィット城[火]《郊》(Chateau de Maisons Laffitte):通常8ユーロ
・ピエールフォン城(CHATEAU DE PIERREFONDS):通常8ユーロ
・ルネッサンス博物館/エクアン城[火]《郊》(Musee national de la Renaissance-Chateau d’Ecouen):通常5ユーロ
・仏米協力博物館/ブレランクール城[火](Musee Franco-American du chateau de blerancourt):通常6ユーロ

パリ・ミュージアム・パスの値段

パリ・ミュージアム・パスは2日券、4日券、6日券の3種類があり、有効日数によって値段が異なります。

種類 値段
2日券 48ユーロ
4日券 62ユーロ
6日券 74ユーロ

※子供料金はありません。ほとんどの美術館・博物館などでは18歳未満は無料です。

パリ・ミュージアム・パスは本当にお得なの?

パリ観光 凱旋門

ここでは、「パリ・ミュージアム・パスは本当にお得なのか?」ということについて考察したいと思います。
結論から言えば、美術館・博物館や観光地をたくさん回る人にとっては、ものすごくお得なパスだと思います!
例えば、下のモデルプランを見てみましょう。

2日間で次の施設を回る場合
・ルーブル美術館(半日):通常15ユーロ
・オルセー美術館(半日):通常12ユーロ
・ヴェルサイユ宮殿とトリアノン(半日):通常20ユーロ
・サント・シャペル教会(1時間ぐらい):通常10ユーロ

以上4か所で合計金額が57ユーロなので、9ユーロも節約できました!これで更にチケット売り場に並ぶ時間もなく優先入場できるから、買うっきゃない!
なお、ルーブル美術館に1日必要!って人もいると思うので、その場合はこのプランは無理かと思います。私は見たい展示を事前にかなり絞っておいたので、3時間ぐらいで済ませましたが(笑)

また、3日間滞在で4日券を使う場合のモデルプランも見てみましょう。

3日で次の施設を回る場合
・ルーブル美術館(半日):通常15ユーロ
・オルセー美術館(半日):通常12ユーロ
・ヴェルサイユ宮殿とトリアノン(半日):通常20ユーロ
・サント・シャペル教会(1時間ぐらい):通常10ユーロ
・ノートルダム寺院の塔(1時間ぐらい):通常10ユーロ
・ポンピドゥーセンター/国立近代美術館(2-3時間ぐらい):通常14ユーロ

以上6か所で81ユーロなので、19ユーロも節約できました!4日券を3日間で使っても、十分お得ですね!!もちろん4日間滞在で上記の場所+もう何か所か行けるので、本当にお得です。

入場する施設によりますが、2日券の場合は4~5か所、4日券の場合は5~6か所、6日券の場合は6~7か所ぐらいの施設に入ったら、元が取れる印象です。

ぜひパリで行きたい美術館・博物館や名所をリストアップして、合計金額がいくらになるか計算してみてください。所要時間も考えて、余裕を持って回れる数で検討しましょう。
また、休館日も念頭に置いて計算してくださいね!パリの月曜日・火曜日は美術館・博物館の休館が本当に多いです!

計算した結果、もし値段的に数ユーロ損する場合でも、優先入場で時間がかなり短縮できることを考えたら、買った方がお得かもしれません。

パリ・ミュージアム・パスを持ってたらほとんどの施設に無料で入れるので、散策の途中で飛び込みで入れるのも嬉しいですね。時間が余った時や、歩いてててすごく面白そうな場所を見つけた時に、お金や入場の列を気にせずに入れます。

パリ・ミュージアム・パスの使い方

パリ観光 パリ・ミュージアム・パスの使い方

パリ・ミュージアム・パスを使用する際は、パスに使用開始日と姓名をペンで記入する必要があります。

・「VALABLE A PARTIR DU / VALID FROM」:使用開始日を記入。日・月・年(下2桁)の順で記入する。(2018年8月1日→010818)
・「NOM / SURNAME」:苗字をローマ字で記入
・「PRENOM / NAME」:下の名前をローマ字で記入

一度記入したら、訂正などはできないので間違えないように記入しましょう。特に使用開始日については、使う当日に記入することをオススメします。

記入が終わったら、あとは美術館や観光名所の入り口でパスを見せるだけです。簡単ですね!

なお、有効期限の2日間や4日間、6日間については連続した日付のみ有効です。なので、2日券を今日1日使って、明後日また1日使うという利用はできません。
今日と明日の2日間で連続して利用する必要があります。

パリ・ミュージアム・パスの事前予約・購入方法

パリ・ミュージアム・パスの購入方法ですが、日本で事前予約購入する方法と、現地の観光案内所などで直接購入する方法があります。
時間の短縮がしたいなら、日本で前もって購入しておくことをオススメします。

パリ・ミュージアム・パスを事前予約購入+自宅へ配送

パリ観光 パリ・ミュージアム・パスの事前予約購入方法

パリ・ミュージアム・パスのサイトから、日本語で予約購入が可能です。こちらで購入する場合は自宅への配送となり、メール便かもしくは宅配便(540円~、地域によって値段が変わる)を選ぶことができます。

メール便の場合はお届けまで1週間程度です。

公共交通機関乗り放題付きのパリ・ミュージアム・パス

パリ観光 パリ・シティ・パスポート(パスリブ)の事前予約購入方法

ネットで日本語で購入できる、パリ・ミュージアム・パスと公共交通機関乗り放題乗車券+セーヌ川クルーズ(60分)、乗り降り自由なバスがセットになったパスリブ(パリ・シティ・パスポート)がとってもお得です!

地下鉄、バス、RERなどの公共交通機関が全て乗り放題で、しかも乗り降り自由なバスもついてるので、移動は楽ちんです♪
2日間・3日間・5日間のパスから選択ができます。

こちらは、ネットで購入後にメールで送られてくるバウチャーを印刷し、現地でパスと引き換えます。引き換え場所は「パリ観光局インフォメーションセンター」 です。引き換えにはパスポートなどの身分証明書が必要です。

パスリブについて、詳しくは「パスリブ(パリシティパスポート)とは?観光名所や交通機関が無料で超便利!」の記事で書いています。

詳細・クチコミの確認はこちら:

パス引き換え場所
・名称:パリ観光局インフォメーションセンター(Paris Rendez-vous welcome center)
・住所:29 Rue de Rivoli, 75001 Paris, France

乗り降り自由なバス付のパリ・ミュージアム・パス

パリ・ミュージアム・パスと乗り降り自由なバス(オーディオガイド付き)のみのセットもあります。乗り降り自由なバスはパリ市内の観光名所を網羅しているので、美術館・博物館や各名所を簡単に回ることができます。

こちらも購入後にバウチャーをプリントアウトして持参し、現地の「パリシティ ビジョン社 ピラミッド営業所」でパスと交換します。ルーブル美術館のすぐ近くです。
その際は、パスポートなど身分証明書が必要です。

詳細・クチコミの確認はこちら:

パス引き換え場所
・名称:パリシティビジョン社 ピラミッド営業所(ParisCityVision – Pyramides Agency)
・住所:2 Rue des Pyramides 75001 Paris

パリ・ミュージアム・パスの現地の購入方法・場所

パリ・ミュージアム・パスは現地の観光案内所や一部の美術館などのチケット売り場、空港、たばこ屋などでも購入することができます。

現地の購入場所については、パリ・ミュージアム・パス公式サイトの購入場所一覧のページにてご確認ください。

シャルルドゴール空港やオルリー空港、ルーヴル美術館、オランジュリー美術館、凱旋門、コンシェルジュリー、ノートルダム大聖堂内の塔、サントシャペルなどでも購入可能です。

まとめ:パリ・ミュージアム・パスで観光をお得に!値段、購入方法・使い方ガイド!

この記事では「パリ・ミュージアム・パスで観光をお得に!値段、購入方法・使い方ガイド!」について書きました。

物価や施設など、全体的に少しお高いパリなので、ぜひお得な観光パスを使って費用を抑えましょう。パリ・ミュージアム・パス単体だけでなく、公共交通機関乗り放題券とのセットや、乗り降り自由なバスとのセットなどもあるので、ぜひ色々比較して一番用途に合うものを買いましょう!

※この記事に記載の情報は2018年8月執筆時の情報です。随時更新するつもりですが、最新情報については各公式サイトでご確認ください。

フランスの関連記事はこちら↓↓

By |2018-11-05T11:15:23+00:008月 24th, 2018|Categories: フランス観光, ヨーロッパ旅行|Tags: , |0 Comments

おすすめ記事

関連記事

Leave A Comment

CAPTCHA