ヴェルサイユ宮殿の鏡の間、庭園など見所と観光のコツをご紹介!

ヴェルサイユ宮殿 鏡の間、庭園、離宮など見所を全てご紹介 トップ画像

ヴェルサイユ宮殿(Château de Versailles)はパリ郊外にある世界遺産で、フランス国王の居城として利用されてきた宮殿です。ルイ16世とマリー・アントワネットのストーリーは日本でも有名ですよね。

パリ観光の際に郊外のヴェルサイユ宮殿まで行ってきたので、その経験を元に、ヴェルサイユ宮殿や庭園の見所、効率的に回る方法、ツアー情報など全てご案内したいと思います!名付けて、ヴェルサイユ宮殿完全ガイド!!(自称)

ヴェルサイユ宮殿の行き方・チケット購入のコツについてはこちら↓

フランスの関連記事はこちら↓↓

ヴェルサイユ宮殿の見所・感想

さすがフランスで最高の、いや世界でも超有数の宮殿でした!もう贅沢の極み感が半端ない~。そりゃフランス革命も起きます。
宮殿も庭園も離宮も、内装も調度品も全てが超一級品でした。ブルボン王朝のとても優雅な宮廷生活が伝わってきます。

元々の歴史はとても古く、13世紀にルイ13世が狩猟の館として使っていたそう。その後、17世紀半ばにルイ14世が増築・改装して現在の宮殿の形にして、宮廷が正式にこちらに移されました。

宮殿も庭園も見所がたくさんあるので、それぞれご紹介したいと思います!ヴェルサイユ宮殿観光マップは下記です。

1. ヴェルサイユ宮殿 2. 庭園 3. 小トリアノン宮殿 4. 王妃の村里 5. 大トリアノン宮殿

ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿 宮殿

ヴェルサイユ宮殿のメインはやっぱり宮殿(Le Château)!!ハイシーズンでもないのに観光客がめっちゃいました。
とても広い宮殿で、多くの絵画・天井画や美しい部屋の数々に目がくらみそうです。数々の部屋の中で特に有名なのが、「鏡の回廊」「礼拝堂」「王妃の寝室」「戦闘の回廊」など。

部屋に入る度に、ひえ~~!天井高い~!!めっちゃ絵画に囲まれてる~!!と、ビクビクしてしまいました(笑)自分がちっちゃく感じるぐらいスケールが大きい。

短いですが先にビデオをどうぞ↓

ヴェルサイユ宮殿 – 鏡の間

ヴェルサイユ宮殿 鏡の間

鏡の間(La Galerie Des Glaces)は宮殿内の部屋の中では一番人気の場所です。長さ約75m、幅10m、高さが12mという大きさの部屋に、578枚もの鏡が埋め込まれています。

様々な歴史的な謁見が行われた場所で、1871年にはここでドイツ皇帝の戴冠式が行われ、また第一次世界大戦を終結するヴェルサイユ条約もこの部屋で調印されました。そんな歴史的な部屋に入ることができるなんて、なんという経験でしょうか!本当に感動です。高い天井に所狭しと描かれた天井がもすばらしく、部屋自体が最高のアート作品です。

ヴェルサイユ宮殿 – 礼拝堂

ヴェルサイユ宮殿 礼拝堂

この礼拝堂(La Chapelle Royale)で、ルイ16世とマリー・アントワネットの婚礼が行われました。中には入れないので入り口からのみ見ることができます。

とても厳かで美しい礼拝堂で、神聖な雰囲気を肌で感じます。天井画やパイプオルガンも超一級品で、女の子なら皆こんな場所で結婚式を挙げることに憧れるでしょう。マリー・アントワネットがうらやま!!(笑)でも死刑にはなりたくないのでやっぱりうらやましくない。

ヴェルサイユ宮殿 – 王妃の寝室

ヴェルサイユ宮殿 王妃の寝室

王妃の寝室(La Chambre De La Reine)は歴代王妃が王位継承者を出産した場所で、マリー・アントワネットもここで王太子たちを公開出産していました。当時の出産はプライバシーとか無かったんですね・・・現代に生まれて良かった!

女性の部屋というだけあって、ベッドの柄や内装などにはピンク色や花のモチーフが多く散らされており、とても可愛らしい部屋です。そしてやっぱりものすごく豪華!!

ヴェルサイユ宮殿 – 戦闘の回廊

ヴェルサイユ宮殿 戦争の回廊

戦闘の回廊(La Galerie Des Batailles)では15世紀に渡るフランスの勝利の歴史を見ることができます。

宮殿内で最も大きいこの部屋は120mの奥行に13mの幅というとんでもない規模で、フランスの戦争の勝利を描いた30枚以上もの絵画が壁いっぱいに飾られています。

ヴェルサイユ宮殿の庭園

ヴェルサイユ宮殿 庭園

まさにフランス式庭園の最高傑作!天才庭師「アンドレ・ル・ノートル」によって作られました。ル・ノートルは「庭園の王」「王者の庭師」などの異名も持っており、ルーヴル美術館の隣にあるチュイルリー公園やシャンゼリゼ大通りも彼の作品です。

左右対称の美しいデザインと、幾何学模様に植えられた植物たちが特徴的で、上から見下ろしても散策しても心躍る庭園です。また、庭園内には数々の噴水、アート作品があり、日によってはミュージカル噴水ショーやミュージカルガーデンが楽しめます。
宮殿だけ見て帰ってしまう方も多いですが、ぜひ庭園まで見て下さい!

・ミュージカルガーデンの日程:3/27-5/15及び7/3-10/30の火曜日、4/6-10/26の金曜日に開催(2018年)
・ミュージカル噴水ショーの日程:3/31-10/28の土曜日、5/22-6/26の火曜日、その他特別な日に開催(2018年)

ヴェルサイユ宮殿 庭園のラトナの泉

ラトナの泉。ギリシャ神話のアポロンとディアーナの母、ラトナ(レートー)のストーリーをモチーフにした噴水です。詳しい伝説はこちらで読めます。

ヴェルサイユ宮殿 ドラゴンの泉

ギリシャ神話でアポロンが大蛇ピュートーンを殺したストーリーをモチーフにした噴水。

ヴェルサイユ宮殿 ミュージカル噴水ショー

ミュージカル噴水ショー。音楽に合わせて様々な形に変化しながらダンスする噴水のショーです。

小トリアノン宮殿

ヴェルサイユ宮殿 小トリアノン宮殿

このプチ・トリアノン(le Petit Trianon、プチ・トリアノン)と呼ばれる離宮はルイ16世がマリー・アントワネットに贈ったもので、マリー・アントワネットが恋人たちと逢瀬を交わした場所でもあります。プチ・トリアノンの奥にはLe Hameau de la Reine (ル・アモー・ドゥ・ラ・レーヌ (日本語:王妃の村里))と呼ばれる村里もあり、牧歌的な田園風景や農村を見ることができます。

マリー・アントワネットは宮殿内でこの場所を一番愛していて、死後に彼女の幽霊に出会ったという目撃談も相次いだらしいですよ(トリアノンの幽霊ーwiki)。

豪華絢爛な宮殿とはうって変わって、とてものどかな場所なので、マリー・アントワネットにとっては一息つける場所だったんでしょう。その気持ちも理解できるぐらい、宮殿はキラッキラしてましたもん。

プチ・トリアノン宮殿はヴェルサイユ宮殿と比べるとっても地味に見えますが、内装はロココ調の最高傑作と言われています。とても可憐な内装で、マリー・アントワネットの光るセンスと乙女心が垣間見えます(笑)

王妃の村里

王妃の村里はのどかな田園風景と、かわいらしい農村の景色がステキです。実際の農民を住まわせていた家や風車小屋、酪農小屋もありました。乳牛、ニワトリなどの動物たちもいて、ここで収穫された食料がヴェルサイユ宮殿の食卓に出されたことも多々あったようです。

マリー・アントワネットはここでボート遊びや釣りも楽しんだそうです。

ヴェルサイユ宮殿 王妃の村里内、王妃の家

「王妃の村里」内にある王妃の家。

ヴェルサイユ宮殿 王妃の村里内、農家

「王妃の村里」内にある農家。

王妃の村里は本当にのどかで素敵な場所なので、ぜひグーグルストリートビューで360度見てみてくださいね!

大トリアノン宮殿

ヴェルサイユ宮殿 大トリアノン宮殿

大トリアノン宮殿(Le Grand Trianon、グラン・トリアノン)は元々ルイ14世が公務を離れてゆっくり過ごすために造った離宮で、ピンク色の大理石の建物がとても可愛い宮殿です。

フランス革命後はナポレオン一世が移住し、その頃の調度品が今もそのまま残っています。現在は国賓を招く迎賓館としても利用されています。
この大トリアノン宮殿は、ヴェルサイユ宮殿の中でもめっちゃ穴場の場所です!宮殿も庭園もとても美しく見応えがあるのに、観光客が他の場所と比べて全然少ないんです!

ヴェルサイユ宮殿はどーん!という効果音がつくような力強い雰囲気の宮殿ですが、こちらの大トリアノンはより女性的な、ふわっとした優雅な雰囲気です。

ヴェルサイユ宮殿 大トリアノン宮殿のテラス

大トリアノン宮殿のテラス。ピンク色の大理石の壁や柱と、床の大理石の模様が美しい!

ヴェルサイユ宮殿 大トリアノン宮殿の部屋

大トリアノン宮殿の部屋。とても可愛らしい部屋ですね!

プチ・トランで宮殿内を回ろう!

ヴェルサイユ宮殿を庭園を含めて歩いて回ろうとしたら、足が死にます。ホントに。
でもご安心を!プチ・トラン(Petit Train、宮殿内の列車)が宮殿内を走っています。

どのバス停間でも往復7.50€で少し高めですが、歩いて回ろうとすると本当に後悔しますよ(私のように)。片道は4€です。(料金は2018年5月情報)
ご参考までに、ヴェルサイユ宮殿→大トリアノンの距離が2.5km(徒歩30分)ヴェルサイユ宮殿→小トリアノンの距離が2.2km(徒歩26分)です。かなり離れてますね・・・。

・プチ・トラン営業時間:
4-10月 11:30-19:10、月曜のみ17:10まで
2月半ば-3月下旬と11月の上半期、クリスマスホリデー中 11:10-17:10
11月半ば-2月半ばまで(クリスマスホリデー期間は除く) 11:10-17:10
・運行:約10-20分間隔
・ルート:宮殿北テラス – プチ・トリアノン – グラン・トリアノン – グラン・カナル – 宮殿北テラス
(列車の各駅の地図はこちら

プチ・トラン以外にもエレクトリック・カー(小さい電動自動車)もレンタルできます1時間34€(その後15分ごとに8.50€)でこちらもお高いですが、二人乗りできるので割り勘したらまあ有りかなーという金額ですね。

24歳以上のみ貸し出し可能で、免許証も必要です。日本語の免許証で借りれたという話も聞きますが、心配な方は国際免許証を持って行った方がいいと思います。

ヴェルサイユ宮殿 庭園

こんなにだだっ広いんだもの・・・乗り物は必要です!!

ヴェルサイユ宮殿の行き方!現地オプショナルツアーも!

ヴェルサイユ宮殿の行き方については、「ヴェルサイユ宮殿の行き方・料金・チケット購入のコツについて」の記事で書いてるので読んでみてくださいね!

「ヴェルサイユ宮殿に自力で行く自信が無い!」という人や、「チケット売り場に並びたくない」、「ガイドの説明が聞きたい」という人にオススメなのが現地オプショナルツアーです。
時期にもよりますが、送迎付きで40ユーロぐらいからのツアーもあるので、そんなに高くないです。
ツアー一覧については「ベルサイユ宮殿の現地オプショナルツアー一覧」から確認できます。

ヴェルサイユ宮殿の詳細

名称:ヴェルサイユ宮殿 ( Château de Versailles)
住所:Place d’Armes 78000 Versailles
開館時間:
・ヴェルサイユ宮殿 9-18時半(11~3月 17:30まで)
・大トリアノン宮殿 12-18時半(11~3月 17:30まで)
・ドメーヌマリーアントワネット 12-18時半(11~3月 17:30まで)
・庭園 8-20時半(11~3月 18時まで)
・公園 7時~車道19時/歩道20時30(11~3月 18時まで)
閉館日:毎週月曜日、1/1(祝)、5/1(祝)、12/25(祝) 、庭園・公園は毎日開園
入場料:1日パスポート27€、2日パスポート30€など
公式サイト:ヴェルサイユ宮殿

まとめ:ヴェルサイユ宮殿の鏡の間、庭園など見所と観光のコツをご紹介!

ヴェルサイユ宮殿、期待以上の素晴らしい世界遺産でした。本当に広大な敷地で、一つの町を訪れたような気持ちです。私は事前準備や予備知識無しで行ってしまったので、あー、もっと効率的に回れたのになあと後悔しています。

皆さん、私の二の舞にならないように、じっくり見たい場所を前もってチェックして、準備してから行きましょうね!
インターネットがあれば現地でも必要な情報を調べることができるので、インターネットが現地でも使えるようにしておきましょう。
※この記事に記載の情報は2018年5月執筆時の情報です。随時更新するつもりですが、料金などの最新情報については各公式サイトでご確認ください。

なお、ヴェルサイユ宮殿の行き方やチケット購入のコツについては下記の記事に書いてます。

フランスの関連記事はこちら↓↓

お得情報!

フランスでインターネットを使うなら、グローバルWiFi がオススメ!

グーグルマップを見たり、翻訳アプリを使ったり、海外旅行ではインターネットが必要不可欠。
でも、シムフリー携帯じゃないと現地のシム使えないし、かと言ってドコモやau、ソフトバンクとかの海外ローミングって、割高ですよね・・・。

そんな時、役に立つのがレンタルWiFiルーターです。
このグローバルWiFi なら、格安の定額なので安心・お得に使えます。そして5台まで接続可能なので、何人かで割り勘するともっとお得!!

上のリンク先から申し込むと、今だけ【利用料金が5%OFF+受取手数料が無料】になるので、良ければ見てみてくださいね!

おすすめ記事

関連記事

Leave A Comment

CAPTCHA