パリの地下鉄(メトロ)の乗り方完全ガイド!チケットの料金・買い方、治安など

「パリの地下鉄(メトロ)の乗り方完全ガイド!チケットの料金・買い方、治安など」 トップ画像

「パリに旅行に行くけど、パリ市内の移動ってどうすればいいの?」って思ってませんか?

パリは地下鉄や高速鉄道RER、国鉄SNCF、バス、トラムなどの交通機関がとても発達しているので、観光の際の移動は簡単です。
その中でも特に使うのが「メトロ(Metro)」と呼ばれている地下鉄。パリの市内を網の目のように走っていて、市内の有名観光地はほとんど全てメトロでアクセスすることができます。

パリ観光ではメトロをマジで重宝するので、そんなメトロのチケットや料金、買い方、乗り方などを全て解説したいと思います。
また、気になるパリのメトロの治安についても少し書いてます。

パリの地下鉄(メトロ)の概要・路線図

パリの地下鉄は現地では主にMétro(メトロ)と呼ばれており、「M」のアイコンが目印です。
300もの駅と、16もの路線から成り立っています。さすが大都市のパリ!また、路線はそれぞれ色分けされていてわかりやすいです。

パリのメトロの運行時間はおおまかに言うと、次のようになってます。

・日曜~木曜:始発5:30am~終電12:40am
・金曜・土曜日・祝前日:始発5:30am~終電1:40am

日本のように朝早くから夜遅くまで運行してるみたいですね。
ラッシュアワーには約2分ごと、ラッシュアワー以外でも約8~10分ごとの頻度で電車が来るので、とても便利♪

下の路線図はパリ交通公団(RATP)のサイトからダウンロードできます。

パリ観光 パリのメトロ(地下鉄)路線図

私は下の画像のような、メトロの路線図マップに各観光名所が書き込まれた地図を観光案内所でもらって、めっちゃ活用してました。とても便利なのでぜひ空港や街中、駅の観光案内所でもらって使ってみてください。

パリ観光 パリのメトロ(地下鉄)路線図+観光地の地図
パリ観光 パリのメトロ(地下鉄)路線図+観光地の地図

観光によく使う路線を一部ご紹介します。

①:パリ中心部を東西に横断していて、観光にとても便利な路線。ルーブル美術館、シャンゼリゼ、凱旋門、コンコルド広場、バスティーユなどを網羅しています。

パリ観光 パリのメトロ(地下鉄) 路線1番
パリ観光 パリのメトロ(地下鉄) 路線1番

地図上の1番(黄色のライン)

④:パリの中心を北から南に縦断。シテ島の駅はノートルダムの最寄駅で、またパリ北駅やサン・ジェルマン・デ・プレ教会、モンパルナス地区を通っている。

パリ観光 パリのメトロ(地下鉄) 路線4番
パリ観光 パリのメトロ(地下鉄) 路線4番

地図上の4番(ボルドーのライン)

⑥:パリ南部を走る路線。始発が凱旋門の最寄り駅で、エッフェル塔、モンパルナス駅やイタリア街を通過します。

パリ観光 パリのメトロ(地下鉄) 路線6番
パリ観光 パリのメトロ(地下鉄) 路線6番

地図上の6番(黄緑のライン)

⑦:パリ中心部を南北に縦断している。ルーブル美術館、オペラ広場、パレ・ロワイヤル(王宮)などの人気観光名所の最寄り駅が多いので、観光に使える路線です。

パリ観光 パリのメトロ(地下鉄) 路線7番
パリ観光 パリのメトロ(地下鉄) 路線7番

地図上の7番(薄ピンクのライン)

⑧:オペラ座(ガルニエ宮)、コンコルド広場、バスティーユ地区、マドレーヌ寺院など中心部を走る路線で、観光に便利です。

パリ観光 パリのメトロ(地下鉄) 路線8番
パリ観光 パリのメトロ(地下鉄) 路線8番

地図上の8番(紫のライン)

パリ交通公団 (RATP) のroute plannerを使えば、駅名や住所から乗るべき路線が検索できます。

グーグルマップでも検索可能です。私はグーグルマップの方をずっと使ってました。グーグルマップの方が現在の自分の位置なんかもわかって観光にとても便利なので、パリでもネットを使えるようにしておきましょう!

海外でスマホをネットにつなげる方法はこちらの記事に書いてます。

パリの地下鉄(メトロ)のチケットの料金

パリの交通機関は中心部からの距離ごとに、ゾーン(ZONE)で区分されていて、ゾーンごとに料金が決まっています。

ここで注意したいのが、メトロの駅はゾーン1~3の範囲内にありますが、メトロはゾーンごとの料金に左右されず、全線全区間のどの駅間も全て均一料金となることです。
つまり、1駅だけ乗るときも、20駅乗るときも、始発駅から最終駅まで乗るときも全て同じ料金です。

ちなみにゾーンの1~2の中にほとんどの観光名所が集まってます。パリ市内はゾーン1~2で、ゾーン3~5が郊外です。ヴェルサイユ宮殿はゾーン4にあります。

パリ観光 パリのメトロ(地下鉄) ゾーン(ZONE)の画像

また、メトロや路面電車(トラム)、バス、郊外行き電車のRER、国鉄SNCFとも切符が連携していて、ゾーン区間であれば同じ切符で乗車・乗り換えをすることができます(切符・交通機関の組み合わせによっては乗り換え不可の場合もあるので、下記のTicket t+の欄で説明してます)。

パリのメトロのチケットは次の種類があります。

Ticket t+(ティケプリュス):1回券
Mobilis(モビリス):好きなゾーンを選択して購入できる1日乗り放題乗車券
Paris Visite(パリ・ヴィジット):ゾーン、日数を選択して購入できる乗り放題乗車券
Navigo Decouvetr (ナヴィゴ・デグヴェルトゥ):1週間もしくは1カ月の定期券
Ticket Jeunes Weekend(ディケ・ジュンヌ・ウィークエンド):26歳未満の人が土日祝に利用できる1日乗り放題乗車券
Passlib(パスリブ):交通機関の乗り放題パス+観光名所や美術館の無料入場券

各チケットの詳細を順に解説していきます。

Ticket t+(ティケプリュス)

パリ観光 パリのメトロ(地下鉄)の切符 Ticket t+(ティケプリュス)

パリ市内の全ての駅・交通機関に使える1回券。乗り換えの規定が少しややこしいので、乗り換えする方は注意が必要です。

Ticket t+ 詳細
●区分:1回券
●料金:1.9ユーロ(10枚つづり「Carnet(カルネ)」:14.5ユーロ、子供料金(4~9歳)7.45ユーロ)
●利用可能な交通機関:メトロ全線全区間、パリ市内のバス、パリ市内のトラム、RERのゾーン1~2
●乗り換え:下記の組み合わせで何度でも乗り換えが可能(有効時間参照)。メトロ⇔バス・トラムとの乗り換えは不可なので注意が必要。

・メトロ⇔メトロ(使用開始から2時間以内なら乗り換え可能)
・メトロ⇔RER(使用開始から2時間以内なら乗り換え可能)
・RER⇔RER(使用開始から2時間以内なら乗り換え可能)
・バス⇔バス(使用開始から90分以内なら乗り換え可能)
・バス⇔トラム(使用開始から90分以内なら乗り換え可能)
・トラム⇔トラム(使用開始から90分以内なら乗り換え可能)

●その他:未使用切符の有効期限は無いので、余ったチケットも次回パリに来た時にまた使える。

※注意
・乗り換える場合は、一度改札を出るとチケットが無効になるので、必ず改札を出る前に乗り換える必要がある。「CORRESPONDANCE(乗り換え)」という案内に従って進みましょう。
・メトロから郊外に行くRERやSNCFに乗り換えるなら、乗る前に目的地までのゾーンの切符を購入する必要がある。乗り越し追加清算はされないので、目的地までの切符がなければ罰金対象になる。
・シャルルドゴール空港やオルリー空港直結の電車・バス(RERやRoissybus、Orlybus、 Orlyval train)は乗車不可。

Mobilis(モビリス)

パリ観光 パリのメトロ(地下鉄)の切符 Mobilis(モビリス)

好きな有効ゾーンを選択して購入できる乗り放題チケット。有効ゾーン内であれば、全ての交通機関が1日乗り放題になります。観光にはかなりオススメです。

Mobilisの詳細
●区分:1日乗り放題乗車券(全ての交通機関に利用可能)
●料金:ゾーンごとに変わる。下記の表参照。

ゾーン 料金 説明
1-2 7.5ユーロ パリ中心部
1-3 10ユーロ パリ中心部とLa Defense
1-4 12.40ユーロ パリ市内とヴェルサイユ宮殿
1-5 17.80ユーロ パリ市内とヴェルサイユ宮殿、ディズニーランド、フォンテーヌブロー

●利用可能な交通機関:メトロ全線全区間、トラム、パリ市内のバス・RER・SNCFの購入ゾーン区間
●利用について:利用開始日の午前0時~24時までの24時間有効。

※注意
・シャルルドゴール空港やオルリー空港直結の電車・バス(RERやRoissybus、Orlybus、 Orlyval train)は乗車不可。
・使用時に氏名と使用日の記入(アルファベット)が必要(記入してない場合は検察の際の罰金対象になります)。
次のように記載してください。
・Valable leの右の欄に使用日(日/月/年の順)
・Nom=姓
・Prénom=名

Paris Visite(パリ・ヴィジット)

パリ観光 パリのメトロ(地下鉄)の切符 Paris Visite(パリ・ヴィジット)

ゾーンは1~3、もしくは1~5の2種類と、日数は1日・2日・3日・5日の4種類の選択ができる乗り放題乗車券。提携する観光名所や美術館などの割引もあります。

Paris Visiteの詳細
●区分:ゾーン・日数ごとの乗り放題乗車券
●料金:ゾーン・日数によって変わる、下記の表参照。ゾーンは1~3と、1~5の2種類選択可能。

ゾーン1~3の料金
大人料金 子供料金(4~10歳)
1日券 12ユーロ 6ユーロ
2日券 19.5ユーロ 9.75ユーロ
3日券 26.65ユーロ 13.30ユーロ
5日券 38.35ユーロ 19.15ユーロ
ゾーン1~5の料金
大人料金 子供料金(4~10歳)
1日券 25.25ユーロ 12.60ユーロ
2日券 38.35ユーロ 19.15ユーロ
3日券 53.75ユーロ 26.85ユーロ
5日券 65.80ユーロ 32.90ユーロ

※ゾーン1~5はヴェルサイユ宮殿、ディズニーランド、シャルルドゴール空港、オルリー空港などを含みます。
●利用可能な交通機関:メトロ全線全区間、トラム、パリ市内のバス・RER・SNCFの購入ゾーン区間
●利用について:利用開始日の午前0時~利用終了日の24時まで有効。ゾーン1~5ならOrlyval train(オルリー空港行き電車)にも使える。

※注意:使用時に氏名と開始日、終了日、有効日数の記入(アルファベット)が必要(記入してない場合は検察の際の罰金対象になります)。
次のように記載してください。
・Nom=姓
・Prénom=名
・Jours duの右の欄に開始日(日/月/年の順)
・auの右の欄に終了日(日/月/年の順)
パリ観光 パリのメトロ(地下鉄)の切符 Navigo Decouvetr (ナヴィゴ・デグヴェルトゥ)

1日、1週間(月曜~日曜日)、もしくは1カ月(1日~末日)有効な乗り放題乗車券で、1~5、2~5、3~5、4~5のゾーンから選択できる。定期のようにチャージしてまた使うことができます。1週間の場合は月~日の区切りで使用するので、週の途中から使うと少し損です。
ここで紹介している切符の中では唯一、タッチ式です(改札の差し込み口に挿入しません)。

Navigo Decouvetrの詳細
●区分:1日・1週間・1カ月乗り放題の定期
●料金:下記の表を参照。1~5ゾーンのみ記載してます。

1日 1週間(月~日曜) 1カ月(1日~末日)
1-5ゾーン 17.80ユーロ 22.80ユーロ 75.20ユーロ

●利用可能な交通機関:メトロ全線全区間、トラム、パリ市内のバス・RER・SNCFの購入ゾーン区間
●利用について:チケットを通すのではなく、SUICAのようにタッチして使います。

※注意
・初めてパスを作るときは、デポジットの5ユーロと証明写真(3cm×2.5cm)が必要。
・オルリー空港行き直結電車のOrlyval trainには使えない。直結バスOrlybusの利用は可能

Ticket Jeunes Weekend(ディケ・ジュンヌ・ウィークエンド)

パリ観光 パリのメトロ(地下鉄)の切符 Ticket Jeunes Weekend(ディケ・ジュンヌ・ウィークエンド)

26歳未満(25歳まで)の若者が、土日祝限定で使える1日乗り放題乗車券です。25歳までの人にとってはかなり安くなるのでお得です。

Ticket Jeunes Weekendの詳細
●区分:若者向けの土日祝限定1日乗車券
●料金:下記の表を参照。

ゾーン 料金
1~3 4.10 ユーロ
1~5 8.95 ユーロ
3~5 5.25 ユーロ

●利用可能な交通機関:メトロ全線全区間、トラム、パリ市内のバス・RER・SNCFの購入ゾーン区間
●利用について:利用開始日の午前0時~24時までの24時間有効。

※注意
・その週の木曜日まで購入可能
パスポートなどの身分証明書を検札員から求められることがあります。
・シャルルドゴール空港やオルリー空港直結の電車・バス(RERやRoissybus、 Orlybus、 Orlyval train)は乗車不可。
・使用時に氏名と開始日、終了日、有効日数の記入(アルファベット)が必要(記入してない場合は検察の際の罰金対象になります)。
次のように記載してください。
・Valable leの右の欄に使用日(日/月/年の順)
・Nom=姓
・Prénom=名
パリ観光 パリのメトロ(地下鉄)の切符 Passlib(パスリブ、パリ・シティ・パスポート)

公共交通機関の乗り放題乗車券Paris Visite(パリ・ヴィジット)60か所以上の美術館・博物館が無料になるパス(パリ・ミュージアムパスがセットになったパッケージ。パリ・ミュージアムパスセーヌ川クルーズ付き。

Passlibの詳細
●区分:パリ・ヴィジット(ゾーン1~3)+パリ・ミュージアムパス
●料金:有効期限によって変わる、下記の表参照

種類 料金(大人)
2日間有効 109ユーロ
3日間有効※1 129ユーロ
5日間有効※2 155ユーロ

※1:セットのミュージアムパスは2日間のみ有効となります。
※2:セットのミュージアムパスは4日間のみ有効となります。
●利用可能な交通機関:メトロ全線全区間、トラム、パリ市内のバス・RER・SNCFのゾーン1~3
パリ・ミュージアムパスについて:ルーヴル美術館、ヴェルサイユ宮殿、ノートルダム大聖堂の塔などを含む60以上の博物館や美術館に無料入場できるフリーパス。1時間のセーヌ川クルーズ・乗り降り自由な観光バス付。
日本語での購入はこちら。
パリ シティパスポート パリ市内の公共交通機関に乗り放題+美術館入場+セーヌ川クルーズ<2日間・3日間・5日間/ショッピングクーポンブック付>

パリ観光にオススメのメトロのチケットは?

パリ観光 エッフェル塔

2~3日の短期の滞在で、たくさん移動する!観光名所を回りまくる!という場合は、Mobilis(モビリス)がオススメです。

乗り放題乗車券があるとちょっとの距離でも気軽に乗り物を使えるし、回数券の残りを気にしなくていいので簡単です。気も楽ですしね。
特に、1日4回以上地下鉄に乗るんなら、Ticket+よりもモビリスの方がお得になると思います。

あまり移動しないかな、という方にはTicket t+(ティケプリュス)がオススメです。特に10枚つづりの回数券は何人かでシェアできるし、有効期限もないので余りは次回パリに来た時に再度使うことも可能です。

私は5日間の滞在で、中心部以外も回りたかったので、Navigo Decouvetr (ナヴィゴ・デグヴェルトゥ)を購入しました。ヴェルサイユ宮殿まで行けたし、移動しまくったので買って正解でしたよ。
だって、27.80ユーロ(デポジット込)でゾーン1~5を5日間乗り放題って、めちゃくちゃ安くないですか!?

パリ観光 パリの地下鉄(メトロ)の切符 「Navigo Decouvetr (ナヴィゴ・デグヴェルトゥ)」

私が実際に使用したナヴィゴ。カード2枚とプラスチックケースをセットで渡されます。顔があまりにもひどかったのでモザイク(笑)

パリ観光 パリの地下鉄(メトロ)の切符 「Navigo Decouvetr (ナヴィゴ・デグヴェルトゥ)」

2枚重ねてケースに入れるとこんな感じ。

ナヴィゴの発行には証明写真(3cm×2.5cm)が必要ですが、日本から持ってきた方が簡単かも。一応街中の駅には証明写真を撮る機械もありますが、5ユーロほどでした。
窓口で購入した際に、画像のように証明写真の左側にフルネームを書かされました。
3日以上の滞在で、木曜日以前に到着する場合はNavigoが一番安くなることもあるので、よく検討してくださいね。

自分が行きたい場所をリストアップして、何回地下鉄を使うか計算してみるといいと思います。行きたい場所+1回ぐらいで計算しておくといいかも。時間が余って他の場所も行きたくなった!って場合もありますからね。

パリの地下鉄(メトロ)の切符の買い方

パリのメトロの切符は次の場所で購入が可能です。切符の種類によっても購入できる場所が変わるので、気をつけましょう。

駅構内の自動券売機Ticket t+、モビリス、 パリ・ヴィジットの購入。「Vente(販売)」と書かれた看板が目印。
駅の窓口ナヴィゴの購入
・街中のコンビニ・書店・タバコ屋さん:RATPの看板があるコンビニなどでもTicket+や乗り放題乗車券などの購入が可能
切符の購入可能な場所のリストはこちら

メトロやRERの駅構内で購入するのが一番簡単です。ナヴィゴの購入は駅の窓口ですが、チャージの際は駅構内の自動券売機でチャージできます。

私がナヴィゴを窓口で購入したときは、英語が通じなくて大変でした。窓口の方とスマホのグーグル翻訳の文章を見せながらやり取りしましたが、とても優しいオバサマで、根気強く付き合ってくれましたよ(笑)
インターネットは本当に絶対に使えるようにしておきましょう!フランス、わりと英語通じないです。

自動券売機での切符の買い方

パリ観光 パリの地下鉄(メトロ)の切符 自動券売機

券売機は緑色。たまにある旧式の券売機は別色です。

1.まず言語選択をします。英語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語の選択が可能です。日本語はありません。ここでは英語で説明します。
最初の画面に「Buy tickets, coupons(チケット購入)」と「Recharge a Pass Navigo(ナヴィゴのチャージ)」が出てくるので、Buy ticketsの方を選択します。

2.画面の中から自分が買いたいチケットを選択します。ゾーンを選択するチケットの場合は、次にゾーンの選択画面が出てきます。

パリ観光 パリの地下鉄(メトロ)の切符 自動券売機での切符の購入方法

上の画像の切符解説↓↓

・「Ticket t+」:ティケプリュス(1回券)
・「Tickets for Paris region」:パリ郊外行き切符。駅を指定して購入。
・「Tickets for MLV Chessy Disney」:ディズニーランド行き
・「Airport tickets」:空港行き切符
・「Paris Visite」:パリ・ヴィジット(希望ゾーン・日数を選択する)
・「Mobilis」:モビリス(希望ゾーンを選択する)
・「more tickets」:その他

3.大人・子供料金を選択します(大人料金・子供料金があるチケットの場合)。
・Full Fare:大人料金
・Reduced fare,-10 years old,..:10歳未満の子供料金(4歳未満は無料)

4.枚数を選択します。Ticket t+の場合は、1枚のみ購入するか、10枚つづりを購入するかを選択します。10枚つづりの場合は1セット(10枚)と2セット(20枚)の選択が可能です。
・Single-journey ticket:1枚ずつ購入(1枚~9枚まで選択可能)
・Book(s) of ten ticket t +:10枚つづり(1セットもしくは2セットの選択)

パリ観光 パリの地下鉄(メトロ)の切符 自動券売機での切符の購入方法

5.内容に問題がなければ「Validate(確定)」を押し、現金もしくはクレジットカードで支払います。支払ったら、出てきたチケットを取っておしまいです。

パリの地下鉄(メトロ)の乗り方

パリ観光 パリの地下鉄(メトロ)の乗り方

パリのメトロの乗り方は簡単で、切符を買って、改札でチケットを通して電車に乗り込むだけです。
ナヴィゴ以外は全て日本のように改札で切符を差し込みますが、ナヴィゴのみSUICAのようにタッチするだけでOKです。

改札を通ったら、自分が乗りたい路線(1~14番)の番号の案内標識に従って進みましょう。路線全体図の案内がある駅は少ないので、自分が行きたい方向の最終駅をチェックしてから乗りましょう。案内標識は駅構内にいくつかあり、路線番号の横に、最終駅が記載されています。

例えば下の画像のように、1番線でConcorde(コンコルド)→Champs-Élysées-Clemenceau(シャンゼリゼ通りの最寄駅)に行きたければ、「La Défense」方向行きの電車に乗る必要があります。

パリ観光 パリの地下鉄(メトロ)の乗り方 方向

電車のドアは手動で開けるタイプのものが多いです。レバー式とボタン式があり、扉についています。レバーの場合はレバーを上に上げると開きます。
乗る時も降りる時も、レバーもしくはボタンでドアを開けましょう。自動で開く電車もあります。

目的地に着いたら、ホームを出て「Sortie(フランス語:出口)」と書かれた扉を出ます。

別の路線に乗り換える場合は、CORRESPONDANCE(乗り換え)という案内に従って進みます。乗り換える前に改札を出てしまわないように、注意してください。
ホームを出たら路線番号+最終駅が書かれた案内標識がいくつもあるので、方向を間違えないように最終駅を確認して、プラットフォームに行きましょう。

パリ観光 パリの地下鉄(メトロ)の乗り方 案内標識

「Sortie」が出口、「RER A」や「M 1」は乗り換え案内です。左側の標識に茶色で「Arc de Triomphe(凱旋門)」と書いてますが、観光名所はこのように記載してくれてます。

メトロを使う時の注意点

・改札:パリ市内のメトロに乗る際は入り口の改札で切符を差し込みますが、出口の改札では切符を差し込む改札口はありません。
また、RERや国鉄SNCFなどの郊外の駅には、切符を差し込む出口がありますが、切符は機械に回収されずに戻ってきます。使い終わった切符は自分で処理しましょう。
使用済みと未使用の切符が混ざってどれがどれかわからない!ということがないように管理しましょう。

・検札員(Contrôle des Tickets):駅構内や電車の車内で、検札員が抜き打ちで切符の確認をすることがあります。切符を持ってない場合や持ってる切符のゾーンが違う場合は罰金が取られます。罰金は状況によって変わりますが、例えば切符を持ってない場合は約30ユーロです。

・切符は磁気に弱い:パリの切符は磁気に弱いので、磁石などに近づけると利用できなくなります。クレジットカードやスマホなどの磁気の近くに保管しないようにしましょう。
もし切符が使えなくなったら、窓口で交換してもらえます。

・モビリスやパリ・ヴィジット、 ディケ・ジュンヌ・ウィークエンドには忘れずに姓名、日付をアルファベットで記入しましょう。してないと検札に罰金を取られることがあります。

パリの地下鉄(メトロ)内の治安は大丈夫!?

自分の体験としては危ない目には全く遭わなかったし、むしろ優しい人が多いなあという印象でした。
電車の車内で楽器を演奏して小銭を稼いでる人なんかもいて、異国情緒あふれる雰囲気が楽しかったですよ。

でも実際にスリなどの被害に遭った人もいるようなので、注意点をまとめました。

・パリのメトロ、特に券売機の周辺では、スリがよくあるようです。券売機で切符を購入する間も、荷物は体の前に持つなどして、目を離さないようにしましょう。

・券売機で切符を購入するときに操作に戸惑っていると、親切に手伝ってくれる人がいますが、「教えてあげたからお金ちょうだい」と言ってくる詐欺の場合があります。気をつけましょう。

・券売機でクレジットカードを使う場合は、暗証番号を見られないように背後に十分注意してください。

電車に乗り降りするときや満員電車の車内ではスリがよくあります。荷物は常に体の前に持ち、ファスナーで完全に閉じれるタイプの鞄を持ちましょう。
また、車内が空いてるのに近づいてくる人、見た目が怪しい人からは距離をとりましょう。

・「チケットが余ってるから買わないか?」と言って、偽物のチケットを売ってくる詐欺もあるので注意しましょう。

まとめ:パリの地下鉄(メトロ)の乗り方完全ガイド!チケットの料金・買い方、治安など

この記事では「パリの地下鉄(メトロ)の乗り方完全ガイド!チケットの料金・買い方、治安など」について書きました。さすが大都市で人気観光地のパリだけあって、交通機関がすごく発達してます。

1日乗り放題の乗車券などをうまく活用して、パリをお得に観光しましょう!

※この記事に記載の情報は2018年8月執筆時の情報です。随時更新するつもりですが、最新情報については各公式サイトでご確認ください。

フランスの関連記事はこちら↓↓

By |2018-10-22T09:31:39+00:008月 23rd, 2018|Categories: フランス観光, ヨーロッパ旅行|Tags: , |0 Comments

おすすめ記事

関連記事

Leave A Comment

CAPTCHA