パリ観光の必要日数とおすすめモデルコース!定番も穴場もご紹介

パリ観光 必要日数とモデルコースの画像

フランスのパリといったら、みんなが憧れる大人気観光地ですよね!先日パリに旅行に行ったんですが噂通りとってもお洒落でロマンチックな街で、カップルで行ったら仲がより深まりそうです♡歴史深い建物も多く、エッフェル塔や凱旋門など有名観光地以外にも目を引く物がそこら中に溢れています。

パリ在住の友人にいろいろ連れて行ってもらったんですが、私はそんなパリにすっかり恋に落ちてしまいました。そこで、今回はそんなパリの魅力がたっぷりわかるモデルコースや、気になる観光の必要日数を紹介したいと思います!
定番から穴場スポットまで書いてるのでお見逃しなく!

パリ観光の関連記事はこちら↓↓

 パリ観光の必要日数

パリはすごく大きい都市で見所が本当に多く、美術館も多いので楽しむには最低4泊は欲しいところ。オルセー美術館やルーブル美術館を見たければ、どんなに急いでもそれぞれ半日ずつかかると思った方がいいでしょう。入場するだけで1時間ほどかかる場合もあります

パリ郊外ですが、パリに行ったら必ず訪れたいヴェルサイユ宮殿も敷地がだだっ広いので急いでも1は日かかります。ヴェルサイユ宮殿まで見たければ、4泊できれば理想的ですね。このモデルコースは4泊を想定しています。

パリ観光モデルコースの地図

パリは地下鉄が本数も路線も数多く、とても便利です。1DAYパスなどを使うと安く観光ができます。

私は5泊で移動も多かったので、Navigo Passという1週間のパスを購入しました。ZONE4までのパスを買ったのでヴェルサイユ宮殿を含むほとんどの観光名所をカバーしています。金額は27.80ユーロでした。(パリ市内の地下鉄はZONEごとに金額が決まっており、ZONE5まであります。)

言葉が通じず購入が大変でしたが、グーグル翻訳のアプリに文字書いて見せてっていうやり取りでなんとか買えました。

1. ルーヴル美術館 2. セーヌ川 3. エッフェル塔 4. 凱旋門 5.パリ市庁舎 6. ノートルダム大聖堂 7.サントシャペル 8. サンジャックの塔 9.ポンピドゥーセンター 10. モンマルトル 11.サクレ・クール寺院

12.ヴェルサイユ宮殿
ノートルダム大聖堂などがある中心地が青いピンで、ヴェルサイユ宮殿はオレンジのピンなので少し離れています。

ルーヴル美術館

パリ観光 ルーヴル美術館

パリに来たからには美術館はマストです!オルセー美術館も有名ですが、私は個人的にモナリザミロのビーナスが見れるこのルーブル美術館を押します(笑)

めちゃくちゃ広く、全て見ようとすると1日かかってしまうので事前に見たい作品の場所をチェックしておくことをオススメします。事前にチケットを買っておくとあまり並ばずに入ることができます。美術館の庭園であるチュイルリー庭園も素敵ですよ!※毎週火曜日は閉館日なので、気を付けてプランたてましょう!
所要時間:半日-1日
おすすめ度:★★★★★

名称:ルーヴル美術館 (Musée du Louvre)
住所:Place du Carrousel, 75001 Paris, France
アクセス:メトロ1、7番線 Palais-Royal/Musée du Louvre駅
開館時間:
・月・木・土・日曜 9時~18時
・水・金曜 9時~21時45分
・12/24、12/31は17時まで
閉門日:毎週火曜日 1/1(祝)、5/1(祝)、12/25(祝)
入場料:大人15€、18歳まで無料(パスポートの提示が必要)
公式サイト:ルーヴル美術館(日本語)

セーヌ川

パリ観光 セーヌ川

パリを流れるセーヌ川の川岸のうち、シュリー橋からイエナ橋までのおよそ8kmほどが 「パリのセーヌ河岸」として世界遺産に登録されています。

エッフェル塔やルーブル美術館、ノートルダム大聖堂もセーヌ川沿いにあり、お洒落なお店やカフェもセーヌ川沿いにたくさんあるのでパリ観光には欠かすことができない場所です!

とても広い川で、シテ島やサン・ルイ島など中洲の島もありますよ。
地元の人たちが川沿いに座って時間を過ごしていたり、ストリートミュージシャンが音楽を奏でていたりして、セーヌ川沿いを歩いていると「あ~パリにいるんだなぁ」という気分になれます。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

セーヌ川の動画もどうぞ↓

エッフェル塔

パリ観光 エッフェル塔

パリのシンボルであるエッフェル塔は絶対に見逃せません!フランス革命の100周年を記念したパリ万博で建てられた塔で、「パリのセーヌ河岸」として世界遺産に登録されています。昼間もきれいですが、夜のライトアップやシャンパンフラッシュ(キラキラ点灯するイルミネーション)も美しいです。

シャンパンフラッシュは日没後の毎時0分から5分間なのでお見逃しなく!ぜひ塔にも上ってみてくださいね!
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

エッフェル塔の上から見えるパリの街並みもどうぞ!

名称:エッフェル塔(Tour Eiffel)
住所:5 Avenue Anatole France, 75007 Paris
アクセス:メトロ6番線 Bir Hakeim 駅、メトロ6・9番線 Trocadéro 駅、RER C線 Champ de Mars Tour Eiffel 駅
開館時間:年中無休
・夏期(6/15~9/1)  9-24時
・夏以外(9/2~6/14)  9時半-23時
入場料:
・最上階までのエレベーター利用 :大人17€、12-24歳14.5€、4-11歳8€
・2階までのエレベーター利用 :大人11€、12-24歳8.5€、4-11歳4€
・2階までの階段利用 :大人7€、12-24歳5€、4-11歳3€
公式サイト:エッフェル塔(日本語)

凱旋門

パリ観光 凱旋門

エッフェル塔のすぐ近くにある凱旋門ですが、本当に圧倒される大きさです。有名なシャンゼリゼ通りへの入り口でもあります。ナポレオンの命によって1806年に建設が始まりました。凱旋門の下には、第一次大戦の無名戦士の墓もあります。

中に入って登ることもできますが、階段がけっこうあるので人によってはキツイかもしれません。登る際の入り口が地下にあってわかりにくいので、前もって場所を確認しておくことをお勧めします。上に登ったらすばらしい景色を一望できます。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

パリ観光 凱旋門の入り口

これが凱旋門に登る際の地下通路の入り口。わかりにくいですが、右側の囲いみたいな所が地下への階段です。

名称:エトワール凱旋門(Arc de triomphe de l’Étoile)
住所:Place Charles de Gaulle 75008 Paris
アクセス:メトロ1、2,6番線、RER A線 Charles de Gaulle Etoile駅 出口 1.Champs Elysées・Arc de triomphe(凱旋門)方面
開館時間:4月1日から9月30日:10-23時、10月1日から3月31日:10-22時半
閉館日:1/1(祝)、5/1(祝)、5/8(祝)午前、7/14(祝)午前、11/11(祝)午前、12/25(祝)
入場料:大人12€、18-25歳9€

パリ市庁舎

パリ観光 パリ市庁舎

パリ市庁舎は14世紀に建てられた ネオ・ルネッサンス建築の建物で、世界遺産です。一度焼失しましたが、19世紀に再建されました。シテ島の向かい側にあり、ノートルダム大聖堂から5分ほどの場所にあります。その外見はまるでディズニー映画に出てくるお城のよう。

目の前の広場では多くの人たちがダンスやシャボン玉などのストリートパフォーマンスをしていました。
ファンタジックな外見と華やかな歴史とは裏腹に、この市庁舎前の広場は数多くの死刑囚の死刑執行がされた場所でもあるそうです。
所要時間:30分-1時間
おすすめ度:★★★★

名称:パリ市庁舎(Hotel de Ville)
住所:Splace de l`hotel de ville 75004 Paris
アクセス:メトロ1号線・11号線オテル・ドゥ・ヴィル(Hôtel de Ville)駅下車、RER A線・B線・D線シャトレ-レ・アル(Châtelet – Les Halles)駅下車
入場:内部の見学不可

ノートルダム大聖堂

パリ観光 ノートルダム大聖堂

パリらしさが漂う壮大なゴシック建築の大聖堂で、セーヌ川の中州であるシテ島にあります。中心のバラ窓や壁の彫像たち、ステンドグラスなどなど全てが緻密に出来ており、素晴らしい芸術作品です。ゴシック建築の最高傑作と言われるだけのことはあります。

ナポレオンの戴冠式もここで行われたなど歴史深い場所でもあり、パリの歴史を850年も見守ってきました。こちらも「パリのセーヌ河岸」として世界遺産に登録されています。
私が行ったときには中でミサが行われていました。ぜひ塔も登ってみてください。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

ミサの動画もどうぞ↓↓

パリ観光 ノートルダム大聖堂の内観

名称:パリ・ノートルダム大聖堂 (Cathédrale Notre-Dame de Paris)
住所:6 Parvis Notre-Dame, Place Jean-Paul II 75004 Paris
アクセス:メトロ4番線 Cité 駅、RER A・B線 Saint Michel Notre-Dame駅
大聖堂開門時間:月曜~金曜 8-18時45、土曜~日曜 8-19時15
大聖堂閉門日:なし
塔の開館時間:
・4月1日~9月30日 10-18時半(7・8月の木曜、及び夏季の金・土曜は23時まで)
・10月1日~3月31日 10-17時半
塔の休業日:1/1、5/1、12/25
入場料:大聖堂無料、塔は10€(パスポートの提示が必要)

サントシャペル

パリ観光 サントシャペル

ノートルダム大聖堂から徒歩5分ぐらいの場所にあるゴシック様式の教会で、美しいステンドグラスで有名です。13世紀に作られたパリ最古のステンドグラスは感動ものですよ!「パリのセーヌ河岸」として世界遺産に登録されています。

入り口が少しわかりずらいですが、隣のコンシェルジュリーがある最高裁判所の正面玄関のあたりに、セキュリティチェックに並ぶ列があります。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

パリ観光 サントシャペルパリ観光 サントシャペルの入り口

上の写真がサントシャペルのセキュリティチェックに並ぶ列です。右の列が教会の中に入りたい人の列で、左の列が外観だけ見たい人の列とセキュリティのお兄さんに説明されましたが、正直左の列でも中でチケット買ったら内観見れるので、短い左側の列に並んだ方がよさそうだな・・・と思いました。

名称:サント・シャペル教会(Sainte Chapelle)
住所:8 boulevard du Palais 75001 Paris 裁判所(Palais de Justice)敷地内
アクセス:メトロ4番線 Cité駅、メトロ4番線 Saint Michel駅、 RER B,C線 Saint-Michel Notre-Dame駅
開門時間:4月~9月 毎日9-19時、10-3月 毎日9-17時
閉門日:1/1、5/1、12/25
入場料:大人10€、18歳未満無料(無料対象者はパスポートの提示が必要)、隣のコンシェルジュリーとのペアチケット15€

サンジャックの塔(Saint-Jacques Tower)

パリ観光 サンジャックの塔

サントシャペルから徒歩5分ほどの位置にあるものすごく背が高い塔(なんと52メートル!)で、16世紀に建てられました。目立つので遠くからでもよく見えます。元は教会でしたが、フランス革命で破壊されてこの塔のみ残ったそうです。

中世にはこの場所がスペインのサンディアゴ巡礼路の起点とされていたとのこと。巡礼路関連遺産として世界遺産にも登録されています。
ガイドブックには載っていないかもしれませんが、歴史的に大変おもしろい塔でノートルダム大聖堂やサントシャペルからも近いので、ぜひ寄ってみて欲しいです!こんな穴場の世界遺産はなかなかありませんよ!
所要時間:30分-1時間
おすすめ度:★★★★

パリ観光 サンジャックの塔

名称:サン・ジャックの塔(Tour Saint-Jacques)
住所:Square de la Tour Saint-Jacques – 75001 Paris
アクセス:メトロ1・4・7・11・14号線 Châtelet 駅
入場:入場不可(期間限定で入場可能なときもある)

ポンピドゥーセンター(Pompidou)

パリ観光 ポンピドゥーセンター

パリに住んでいるイタリア人の友人に連れられて行きましたが、イタリアの建築家が建設に関わった美術館だそうです。むき出しのパイプとガラスで構成されているすごく前衛的なモダンアートの建物で、建築やアート好きな方には外せない場所です。ピカソ、ダリ、シャガールなどを含めて、ヨーロッパでは最大規模の近代絵画コレクションを所蔵しています。

目の前の広場には若者たちがたくさん座って寛いでいました。あまり日本人観光客には知られてないかもしれませんが、イタリア人の主人とパリ在住の友人は二人ともこの場所は絶対マスト!!と言ってました。でも正直前衛的過ぎて好き嫌い分かれると思うので、この画像を見てすげえ!と思ったら行ってくださいね(笑)もちろん近代絵画が好きな方は中に入ることをおすすめします!
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★

パリ観光 ポンピドゥーセンター

名称:ポンピドゥーセンター(Pompidou)
住所:Square de la Tour Saint-Jacques – 75001 Paris
アクセス:メトロ1・4・7・11・14号線 Châtelet 駅、11号線Rambuteau駅、RER A・C線 Châtelet -Les Halles駅
美術館開館時間: 11-21時
休館日:毎週火曜日、5/1(祝)
料金:A(特別展示会開催期間)14€、B(特別展示会開催がない期間)11€
公式サイト:ポンピドゥーセンター (英語)

モンマルトル

パリ観光 モンマルトル

映画「アメリ」の舞台にもなったモンマルトルですが、とてもお洒落でアーティスティックな場所で、町中にストリートアーティストたちがいます。石畳や美しい景色、建物、雰囲気も全てパリらしくて最高です。ゴッホやピカソのゆかりの地でもあります。サルバドール・ダリの美術館もここにありますよ!散策の後はぜひテアトル広場で寛いでくださいね。

※注意!!画家たちが「似顔絵を描いてあげるよー」って声かけてきて、描かせてしまったらもう料金取られるのでそのつもりがなければ気をつけて。私に声をかけてきた人はとても巧妙で、「日本人?こんにちはー僕日本に昔住んでたんだよ。」「あ、そうなんですねーうんたらかんたら」「うんうんそれでさーうんたらかんたら」(話盛り上がる)「どうぞ座って座って」「うんうん」(はっ!しまった!)という感じでした(笑)この人はうまく逃げたけど、こうやって声かけてきて作品作ってくれて、タダでくれたアーティストもいましたよ。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

ストリートミュージシャンもモンマルトルのあちらこちらにいました。動画もどうぞ(モンマルトル以外も入ってます)。

サクレ・クール寺院★絶景スポット

パリ観光 サクレ・クール寺院

モンマルトルにある神秘的な真っ白の寺院です。丘の上にあり、歩くと階段で15分ほどですが、ケーブルカーも走っています。
このサクレ・クール寺院からはパリの素晴らしい眺めが一望できますが、寺院の塔に登ると更なる絶景が待っています!

塔からはエッフェル塔を含めて360°の絶景パノラマを見ることができるのでぜひ登ってみて下さい!ただ、300段の階段があるので体力に自信のある方だけトライしてくださいね。私は次の日筋肉通でした。6ユーロで塔に登れます。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

Youtubeのビデオもどうぞ↓↓

名称:モンマルトル・サクレクール寺院 (Basilique du Sacré-Cœur de Montmartre)
住所:35 Rue du Chevalier de la Barre 75018 Paris
アクセス:メトロ2番線 Anvers 駅、メトロ12番線 Abbesses 駅、ケーブル線 Funiculaire Gare Haute 駅
開門時間:毎日 6:00~22:30
閉門日:なし
天井ドーム内(塔)見学:6€ ※5~9月 8時半-20時、10~4月 9-17時の見学可能

次ページではパリ郊外の世界遺産で、マリーアントワネットが住んでいたヴェルサイユ宮殿をご紹介します。2ページ目へどうぞ!

パリの穴場スポットも下記の記事でご紹介中です♪

おすすめ記事

関連記事

Leave A Comment

CAPTCHA