プラハの冬はクリスマスマーケットが楽しい!期間・見所まとめ【2018年版】

プラハに冬に行くんなら、ぜひ行きたい「クリスマスマーケット」!!

魔法の都とも呼ばれているプラハですが、クリスマスの時期のプラハはまるでワンダーランドやおとぎ話の世界そのもの
世界遺産の美しい旧市街広場には屋台が立ち並び、ツリーやイルミネーションで華やかに彩られています。

そんなプラハのクリスマスマーケットで、魔法にかけられちゃいましょう♪
この記事では、プラハのクリスマスマーケット2018年の期間・日程や場所、見どころについてまとめています。

プラハのクリスマスマーケットとは?2018年の期間、場所はこれ!

クリスマスマーケット(Vanocni trhy)はチェコの年中のイベントの中でも、最も重要なイベントの一つです。

特にプラハで開かれるクリスマスマーケットは世界遺産のプラハ歴史地区で行われる盛大なもので、毎年多くのプラハ市民や観光客を魅了しています。

大人気の観光地である「旧市街広場」ヴァーツラフ広場は、ツリーやイルミネーションでより一層華やかになっています。

そんな華やかな広場に立ち並ぶのは、クリスマス仕様にデコレーションされた三角屋根の屋台たち。まるで絵本に出てくるような可愛い屋台たちでは、食べ物はもちろん、ホットワインや雑貨、アクセサリーなども売られています。

プラハのクリスマスマーケット2018年の日程・期間と場所!

2018年のプラハのクリスマスマーケットの期間を発表します!!

【期間:2018年12月1日~2019年1月6日まで】

クリスマス・イヴや、クリスマス当日、元旦も開催されています。
クリスマスに間に合わない人も、1月6日までやってるので、行けるチャンスがあるかも!?

2018年プラハのクリスマスマーケットの開催場所

2018年のプラハのクリスマスマーケットの開催場所は下記です。

・★旧市街広場(Staroměstské náměstí):主会場
・★ヴァーツラフ広場(Václavské náměstí):主会場
・共和国広場(Náměstí Republiky):小規模なマーケット
・ハヴェル市場(Havelské tržiště):小規模なマーケット
・カンパ島(Kampa Ostrov):小規模なマーケット
・プラハ城内の聖イジー教会(Bazilika Sv. Jiří)前の広場:小規模なマーケット

メインの会場は旧市街広場とヴァーツラフ広場ですが、プラハ城内のマーケットとか超ステキじゃないですか!?お城内の市場なんて、人生で一度は行ってみたいものです。

1.旧市街広場 2.ヴァーツラフ広場 3.共和国広場 4.ハヴェル市場 5.カンパ島 6.プラハ城内の聖イジー教会前の広場

旧市街広場(Staroměstské náměstí)

プラハのクリスマスマーケットの見どころ

食べ歩きが楽しい!クリスマスマーケットの屋台

市場で一番魅力的なのは食べ歩きですよね!
プラハのクリスマスマーケットの屋台では、プラハの名物グルメはもちろん、クリスマスならではのお菓子、体温まるホットワインなんかも楽しめます。

プラハのクリスマスマーケットで楽しむべき食べ物・飲み物を少しご紹介しましょう。

・プラハハム(Pražská Šunk):串に刺して焼かれた巨大なハム。
・バーベキューソーセージ(Klobása):とても不健康だけど素晴らしく美味しい!
・揚げパン(Lángos):揚げた平べったいパンににんにくやチーズ、ケチャップなどがのってるピザみたいなもの
・トルデルニーク(Trdelník):プラハ名物のお菓子。筒状のパンみたいな生地に、砂糖やシナモン、アーモンドなどがトッピングされている。
ハニーワイン(Medovina):はちみつ酒
・グリューワイン(Svařák):ホットワイン
・ホットチョコレート(horká čokoláda)

プラハハム

バーベキューソーセージ

トルデルニーク

旧市街広場のクリスマスツリー

プラハのクリスマスマーケットにおいて、旧市街広場のクリスマスツリーも見逃せません!
チェコのリベレツ州(Liberecký kraj)の森からはるばる運ばれてきた木が、クリスマスのデコレーションやイルミネーションで飾られています。
イルミネーションの点灯時間は毎日16:30からです。

中世の趣ある建物たちに囲まれた旧市街広場の中で、クリスマスツリーが光り輝く光景はまるでファンタジーの世界!うっとりとしてしまう美しさです。

ヴァーツラフ広場にもクリスマスツリーがあり、こちらも夜にはイルミネーションが灯されます。

イルミネーションの点灯時間詳細は以下。

旧市街広場: 16:30~21:30
ヴァーツラフ広場:17:00~ 21:00

ちなみに、旧市街広場の見どころについては下の記事に詳しくまとめています。

子供たちも楽しい!クリスマスマーケット

旧市街広場のクリスマスマーケットでは、子供たちが動物と触れ合えるような小屋も設置されています。
羊やヤギ、ロバなどを撫でることができるので、子供たちも飽きませんね♪

また、旧市街広場のステージでは、学生やフォーク音楽サークルの人々による讃美歌パフォーマンスが行われます。
チェコの民族衣装に身を包んだ聖歌隊の合唱は、見ものですよ!

2018年のクリスマスマーケットのテーマは「おとぎ話」

チェコの2018年のクリスマスマーケットのテーマは「おとぎ話(Fairy tales)」です。
チェコには西ヨーロッパやロシアの影響を受けた、様々なおとぎ話が存在します。

旧市街広場ではおとぎ話に出てくるような想像上のキャラクターなどのモチーフをたくさん見ることができるでしょう。
川に架かる橋は、クリスマスの魔法によって光輝いていて、まるでシンデレラ城への道のりのように見えます。

旧市街広場のツリー点灯セレモニーの際にかかる曲は、チェコバージョンのシンデレラ(Tři oříšky pro Popelku)や、映画ホームアローンの曲である「Somewhere In My Memory」など。
クリスマスの雰囲気が高まりますね。

クリスマスマーケットはお土産探しにも最適!

クリスマスマーケットではたくさんの雑貨やアクセサリーなどが販売されています。
ぜひこの機会に、チェコの可愛らしい雑貨やおもちゃ、ジンジャーブレッドケーキなんかを家族や友人に買って帰りましょう。

ちなみに、プラハのオススメのお土産リストについては、下の記事に書いています。

やっぱり寒い!?プラハの冬の気候・気温は?

プラハの12月の気候は、寒くてちょっと不安定。
12月の平均最低気温は-2度、平均最高気温は2度ほどになります。また、時には雪が連日降ることも。

なので、12月~1月のプラハに旅行するのであれば、氷点下の気温にも対応できるような暖かいコートを持って行きましょう。
暖かい帽子や手袋、歩きやすい靴も必須です。

プラハのクリスマスマーケットの注意点!

プラハのマーケットで気をつけたいのが「ぼったくり」です。
私自身もクリスマスマーケットではありませんが、プラハの市場でぼったくられた経験があるので、皆さん注意してくださいね!

何かを購入する時は、必ず購入前に値段を確認して、日本円で計算してみてください。

また、プラハの人気観光地付近ではスリもよく起こっています。
私自身の経験としては、スリの危険性はあまり感じませんでしたが、実際に被害に遭ったという人もいるので、十分に気をつけましょう。

スリに狙われにくいように、ジップでしっかり閉じれるリュックサックやウエストポーチを持ちましょう。

また、「スキミング」という、電磁波で財布の中のクレジットカードの情報を読み取るという犯罪もヨーロッパ各地で起こっているようなので、スキミング防止素材のバッグや財布を持つのもいいでしょう。

その他の海外旅行に持って行くと便利な持ち物については、下の記事で確認してくださいね!

プラハのクリスマスマーケットを巡る現地オプショナルツアーも!

自分でマーケットを回るのが不安な方や、日本語ガイドの話も聞きたいという人には、クリスマスマーケットを巡る現地オプショナルツアーを使うのも一つの手です。
例えば、「 12/2~12/24限定!世界遺産の街プラハ観光&クリスマスマーケット巡り<ホットワイン付き/日本語ガイド/プラハ発>」というツアーでは、日本語ガイドと一緒にクリスマスマーケットを回ることができます。ホットワイン付きでお得です。

プラハには他にもたくさんの現地オプショナルツアーがあるので、「 チェコ 現地オプショナルツアー一覧」にてご確認ください。

まとめ:プラハの冬はクリスマスマーケットが楽しい!期間・見所まとめ【2018年版】

この記事では「プラハの冬はクリスマスマーケットが楽しい!期間・見所まとめ【2018年版】」について書きました。

冬のプラハは寒いですが、雪の降る中のクリスマスマーケットなんてロマンチックでステキですよね♪美味しいホットワインやハニーワインで暖まりながら、冬のプラハを楽しんできてくださいね♪

※この記事に記載の情報は2018年12月執筆時の情報です。随時更新するつもりですが、最新情報については各公式サイトでご確認ください。