バンコクのBTS完全ガイド!路線図、料金、乗り方など徹底解説!

※原文:二コラ 和訳:エナ

「バンコクのBTS完全ガイド!路線図、料金、乗り方など徹底解説!」 トップ画像

チャオ!ベネチア出身の二コラです!
バンコク市内を移動するのに一番便利なのは、BTSスカイトレインだろう!

BTSは高架鉄道のことで、市内中心部に2つの路線が通っているんだ。だからBTSを使えば、多くの観光地に簡単にアクセスできる
タクシーと違って渋滞にハマる心配が無いから安心だね。旅行でも出張でも、BTSを活用することをオススメするよ。

この記事では、そんなバンコクBTSの路線図やチケットの種類、料金、乗り方などについて解説しようと思う。1日券やラビットカードについても書いてるよ。
この記事を読めば、君もバンコクBTSのエキスパートだ!

※この記事に記載のタイバーツ→日本円の金額は、2019年5月執筆時のレートで計算しています。

バンコクのBTSスカイトレインとは?

バンコク観光 BTSスカイトレイン

バンコクのBTSスカイトレインは、バンコク市内中心部を速く安く移動するのに、とても便利な高架鉄道なんだ。

バンコクは車の渋滞が本当に多いから、時間帯によってはタクシーよりもBTSや地下鉄を使った方が、速く移動できる場合がある。
だから、バンコク旅行ではBTSや地下鉄が必須なんだよ。

BTSについて、下記に簡単にまとめてみた。

・BTSはBangkok Mass Transit Systemの略。バンコクでは一般的にBTSと呼ばれている。
・BTSは「スクンビット線(Sukhumvit Line)」「シーロム線(Silom Line)」の2路線がある。2路線の合計距離は50kmで、43駅がある。路線は今後更に延長される予定。
・各駅にはチケットオフィス、券売機、店舗などがある。

バンコクBTSスカイトレインの路線図。カタカナ表記も!

BTSの路線図は各駅で見ることができて、タイ語と英語の二言語で表記されているんだ。
でも、読み方が複雑な駅も多くあるから、僕の方で英語の路線図にカタカナ表記を加えてみたよ。

ぜひ下の路線図をプリントアウトして、旅行に役立てて欲しい。
この路線図にはBTSの他に、MRT(地下鉄)やARL(空港線)も含まれているよ。

バンコク観光 BTSスカイトレイン・MRT(地下鉄)・空港線の路線図
・黄緑の線:BTSスカイトレイン スクンビット線
・緑の線:BTSスカイトレイン シーロム線
・水色:MRTブルーライン
・ネイビーの線:ARL(空港線エアポートレイルリンク)

路線図を見ると分かるように、サイアム(Siam)駅が2路線とも乗り入れてる駅なんだ。だからサイアム駅で、スクンビット線~シーロム線間の乗り継ぎができる。

各駅はサイアム駅を基点に、東(E)・西(W)・南(S)・北(N)の4つのセクションに分かれていて、セクションと数字を組み合わせた番号が振られているんだ。

例えば、サイアム駅の東隣のチットロム駅には、「E1」という番号が振られている。東(E)セクションの1番目の駅ということだ。
また、西隣のナショナルスタジアム駅には「W1」、つまり西(W)セクションの1番という番号が振られているね。

駅のチケットオフィスで切符を買う時に、駅名の発音が通じない場合があるから、その時はこの番号を伝えれば簡単だよ。

バンコクのBTSスカイトレインのチケットの種類と料金

バンコク観光 BTSスカイトレインの電車

バンコクBTSのチケットには、次の3種類があるんだ。

1.1回乗車券
2.1日券(1日乗り放題乗車券)
3.ラビットカード(ICカード)

次のセクションから、それぞれのチケットについて詳細を説明していこう。

BTSの1回乗車券と1日券(1日乗り放題乗車券)

バンコク観光 BTSスカイトレインのチケット 1回乗車券

BTSの1回乗車券と1日券の詳細は下記の通りだ。

1回乗車券
・料金:16バーツ(約55円)~59バーツ(約205円)。16バーツが最低料金で、目的地までの距離によって料金が加算される。上限は59バーツ。
・有効:購入当日のみ有効
1日券(1日乗り放題乗車券)
・料金:140バーツ(約490円)。乗車距離や回数に制限は無く、1日乗り放題。
・有効:購入当日の24:00まで利用可能。

旅行者が一番よく使うのは、1回乗車券だろう。

もし1日のうちに何回もBTSを使うというのであれば、1日券も便利だよ。
切符の購入ってかなり並ぶ時もあるんだけど、1日券があれば並ぶ手間が省けるからね。
観光の時間をできる限り確保したい!っていう人は、料金的に多少損でも、1日券の方が効率的かもしれないよ。

ラビットカードもある!料金や使い方は?

バンコク観光 BTSスカイトレインのラビットカード

もしバンコクに3~4日以上滞在する予定で、BTSを頻繁に利用するのであれば、ICカードのラビットカードがオススメだ。

ラビットカードは日本のSUICAのようなものなんだ。チャージさえしておけば、駅に着いたら改札に直行できるから、快適だよ。
上述のように、駅でのチケットの購入はかなり並ぶ時があるから、ラビットカードがあれば時間を節約できるだろう。

ただ、残念ながらこのラビットカードが使えるのは、BTSスカイトレインのみなんだ。地下鉄やバスなどでは使えないから、注意してね。

ラビットカードの料金

ラビットカードの料金は、合計200バーツ(約695円)で内訳は下の表のようになる。

発行手数料100バーツ(約350円)
初回チャージ料金(BTS利用に使える)100バーツ(約350円)
合計200バーツ(約695円)

内訳の中の「初回チャージ料金100バーツ」はBTSを利用する際に使えるチャージだから、カード購入料金は実質100バーツだね。

チャージは、各BTS駅のチケットオフィスですることができて、最小金額100バーツ~最大4,000バーツになってる。

なお、バンコクの駅員さんたちは、「Charge(チャージ)」じゃなくて「Top Up(トップアップ)」って言ってるみたいだったよ。
だから、チャージが通じなかったらトップアップって言ってみてね。

ちなみに、ラビットカード利用時のBTSの料金は通常料金の通りで、特にディスカウントとかは無いんだ。

また、通常のラビットカードとは別に、30日間パスもある。
パスは15回分、25回分などの種類があって、30日間の間に何回利用できるか決まってるんだ。利用回数によって値段が変わってくる。

利用回数(30日間の中で)値段1回当たりの料金
15回465バーツ31バーツ
25回725バーツ29バーツ
40回1,080バーツ27バーツ
50回1,300バーツ26バーツ

ラビットカードの購入場所

バンコク観光 BTSスカイトレイン チケットオフィス

ラビットカードは、BTSの各駅にあるチケットオフィスで買うことができる。
なお、以前は購入の際にIDなどを見せる必要は無かったんだけど、2019年2月からパスポートなどのIDの提示が必要になったんだ。

カードの有効期限が5年間だから、バンコクリピーターで頻繁に行く人は、何度でも使えるね。
ただ、最後のチャージから2年間経つとチャージ料金が消えてしまうから、注意が必要だ。

バンコクのBTSのチケット購入方法

BTSの1回乗車券は、上述のように駅のチケットオフィス、もしくは券売機で買うことができるん
だ。

なお、1日券とラビットカードは、チケットオフィスでのみの販売になる。

チケットオフィスでチケットを買う方法

バンコク観光 BTSスカイトレイン チケットオフィス

もしタイ語もしくは英語が話せるのであれば、駅構内のチケットオフィスで切符を買うといいだろう。
チケットオフィスのスタッフは皆親切だから、君を快く助けてくれるよ。

路線図上の行きたい駅を指さすか、もしくは駅の名前や駅番号を伝えてみて。そしたら値段を教えてくれる。

ラビットカードの場合
・ラビットカードを購入:ラビットカードを購入するなら、「I buy rabbit card」と言えば、伝わるよ。
・ラビットカードをチャージ:カードをチャージする場合は、「Top up(トップアップ)」と言えばOKだ。
※注意
・クレジットカードが利用できるのは300バーツ以上の場合のみ
・チケットオフィスの営業時間:毎日6:00~24:00

券売機で切符を買う方法

バンコク観光 BTSスカイトレイン 駅の券売機

券売機で買えるのは1回乗車券のみで、硬貨のみ利用可能だ。お札やクレジットカードは使えないから注意してね。

券売機の言語はタイ語と英語表示ができて、使い方は簡単だ。
では、一緒に使い方を見てみよう。

1.まず「English」をタップ

バンコク観光 BTSスカイトレイン 駅の券売機の使い方①

2.目的の駅があるあたりをタップしよう。すると、タップした部分が拡大表示される。

バンコク観光 BTSスカイトレイン 駅の券売機の使い方②

3.拡大された画面の中から、目的の駅をタップしよう。ここではアソーク駅を選択したよ。

バンコク観光 BTSスカイトレイン 駅の券売機の使い方③

4.料金画面が出てくる。複数の切符が必要なら、必要な枚数を選択しよう。

バンコク観光 BTSスカイトレイン 駅の券売機の使い方④

5.右上の挿入口に硬貨を挿入したら、下の取り出し口から切符が出てくる。

バンコク観光 BTSスカイトレイン 駅の券売機の使い方⑤

BTSスカイトレインの乗り方

ここでは、BTSの乗り方の流れを説明しよう。日本と似たような感じだから、簡単だよ。

街中でBTSの駅を見つけるのはとても簡単だ。
下の画像のように、「BTS」って書かれた標識と、駅に上がる階段があるんだ。

バンコク観光 BTSスカイトレイン アソーク駅の階段

大きなBTSの駅には、飲食物のテイクアウト店なんかが入っていることもある。

チケットを買ったら改札を通って、階段もしくはエスカレーターで更に上の階にあるプラットフォームに行こう。

バンコク観光 BTSスカイトレイン ナーナー駅構内

なお、逆方向に行っちゃうと大変だから、プラットフォームに行く前に方面を確認してね。

バンコク観光 BTSスカイトレイン アソーク駅構内 エスカレーター
バンコク観光 BTSスカイトレイン アソーク駅構内 プラットフォーム

BTSの切符は全て磁器カードになってるんだ。
だから改札に入る時は、改札の上部にあるセンサー部分にカードをピッとかざせばゲートが開くよ。

改札から出る時は、1回乗車券ならカードを挿入口に差し込む必要がある。
1日券やラビットカードは、入る時と同様にセンサーにピッとかざせばOKだ。

バンコク観光 BTSスカイトレイン 駅の改札

バンコクBTSの時刻表と始発・終電

バンコクBTSの始発と終電は、

BTSスクンビット線:始発5:15、終電0:14
BTSシーロム線:始発5:30、終電0:27

となっているよ。

なお、始発と終電の時間は、駅によって変わってくるから、詳しくは公式サイトで確認して欲しい。

また、BTSスカイトレインの公式アプリを使うと、時刻表を簡単に確認できるんだ。
「BTS SkyTrain」っていう名前だから、ぜひダウンロードしてみてね。

●Google Play:BTS SkyTrain
●App Store:BTS SkyTrain

BTSスカイトレインとMRT(地下鉄)間の乗り換えは可能?

バンコク観光 MRTの案内標識

MRTとは、バンコクの地下鉄のことだ。観光客は主にBTSとMRTを市内の移動に使うことになるだろう。

残念ながら、現状ではMRTとBTSを一つの切符で乗り継ぐことはできないんだ。
それぞれ別の会社が運営してるから、別の切符が必要になる。
だから、例えばBTS→MRTに乗り継ぐ際は、BTSを出て、MRTの駅で新たに切符を買って、電車に乗ることになる。

なお、BTS⇔MRT間が乗り継げる駅が3か所あるんだ。路線図では、乗り継ぎができる駅は青い「M」のマークが表示されているよ。
BTS⇔MRT間のコネクションが分かるようになってるから、確認してみてね。

下記に乗り継ぎができる3つの駅をまとめてるよ。

BTSの乗り換え可能駅 ⇔ MRTの乗り換え可能駅
スクンビット線アソーク(Asok)駅 ⇔ スクンビット(Sukhumvit)駅
シーロム線サラデーン(Sala Daeng)駅 ⇔ シーロム(Si Lom)駅
スクンビット線モーチット(Mo Chit)駅 ⇔ チャトゥチャック公園(Chatuchak Park)駅

MRTのチケットや乗り方については、「バンコクの地下鉄(MRT)完全ガイド!路線図、料金、乗り方など徹底解説!」の記事に詳しく書いてるよ!

ちなみに宿泊先を決める時は、このBTSとMRTが交わるBTSアソーク駅や、BTSサラデーン駅周辺が便利だよ。
市内中心部でBTSとMRT両方にアクセスできるから、交通の便が抜群なんだ。

BTSの観光に便利な駅は?

BTSの駅はたくさんあるけれど、その中でも特に観光に便利な駅は以下だろう。

パヤータイ(Phaya Thai)駅:エアポートリンク(空港線ARL)と連結。
アソーク(Asok)駅:MRTスクンビット(Sukhumvit)駅に接続できる。歓楽街ソイカウボーイの最寄駅。
サイアム(Siam)駅:BTSスクンビット線とシーロム線の両方が乗り入れている。大型デパートのMBKセンター・サイアムパラゴンなどの最寄駅。
サラデーン(Saladaeng)駅:MRTシーロム(Silom)駅に接続できる。パッポン夜市やタニヤ通りの最寄駅。
モーチット(Mo Chit)駅:チャトゥチャックウィークエンドマーケットの最寄駅。

BTSスカイトレインを利用する際の注意点

・券売機で切符を購入したいなら、硬貨を準備しておこう。お札やクレジットカードは使えない。
・朝や夕方などのピークタイムの際は、券売機もチケットオフィスもかなり並ぶ場合がある。時間に余裕を持って行動しよう。時間の節約のために、1日券やラビットカードを使うのも一つの手だ。
・混んでいる駅構内や電車の中では、スリに注意。ショルダーバッグは斜め掛けにし、リュックは前に持つなどして対策しよう。
駅構内にトイレは無い。トイレはホテルで済ませておこう。
・BTSの駅に行くには、たいてい長い階段を上がる必要がある。スニーカーがオススメだ。
・タイでは僧侶をよく見かけるが、戒律上、僧侶は女性に触れることができない。電車内では隣に座らないように注意しよう。

まとめ

僕はバンコクの交通機関の中で、BTSが一番のお気に入りなんだ。駅が多いからとても便利だし、窓の外からは景色も見れるからね。とても楽しいよ!

ただ、BTSは市内全てをカバーしてるわけじゃないから、MRT(地下鉄)やタクシーとの併用が必要になると思う。
だから、MRTやタクシーとうまく使い分けてね。

この記事が役に立ったなら、ぜひ周りの人にもシェアしてね!
コメントや質問もいつでも待ってるよ!

※この記事に記載の情報は2019年5月執筆時の情報だよ。随時更新するつもりだけど、最新情報については各公式サイトで確認してね。

バンコクの立地・コスパが良いオススメのホテルについては、下の記事にまとめてるよ。

レンタルWiFiを借りるなら、キャンペーンやクーポンを利用して安く借りよう!

By |2019-05-09T17:36:17+09:005月 3rd, 2019|Categories: アジア旅行, タイ観光|Tags: , , |0 Comments

おすすめ記事

関連記事

Leave A Comment

CAPTCHA