バンコクの地下鉄(MRT)完全ガイド!路線図、料金、乗り方など徹底解説!

※原文:二コラ 和訳:エナ

「バンコクの地下鉄(MRT)完全ガイド!路線図、料金、乗り方など徹底解説!」 トップ画像

チャオ!ベネチア出身のニコラです!
「バンコクの地下鉄ってどんなもの?路線図、料金や乗り方は?」と思ってるなら、この記事は必読だよ。

バンコクの地下鉄はMRTって呼ばれているんだ。
MRTは市内中心地を回るのにとても便利だし、BTSスカイトレイン(高架鉄道)や空港線への接続もできる。

渋滞が多いバンコクだから、僕たちも地下鉄には本当に助けられたよ。
多くの観光地に簡単にアクセスできるし、渋滞にハマることが多いタクシーよりも、速く移動できるしね。

だから君も、バンコクでは地下鉄やBTSをよく使うことになるだろう。
そんなバンコクの地下鉄(MRT)の路線図や乗り方、チケット、MRTカードについて解説しようと思う。

※この記事に記載のタイバーツ→日本円の金額は、2019年5月執筆時のレートで計算しています。

バンコクの地下鉄(MRT)ってどんなもの?

バンコク観光 MRT(地下鉄)の駅構内

バンコクの地下鉄はMRTと呼ばれていて、市内中心部を通るのはブルーラインのみなんだ。
地下鉄だと市内を速く安く移動できるし、タクシーと違って渋滞にハマる心配が無いから、とても快適だよ!

バンコクのタクシーはとても安いけれど、渋滞が多発するのが問題だよね。特にサイアム、シーロム、アソーク周辺のピークタイムの渋滞はすごいものだよ。

だから、バンコクでは地下鉄やBTSが大活躍するんだ!
バンコクの地下鉄の特徴を下記に簡単にまとめているよ。

・バンコクでは、地下鉄はMRTもしくはメトロと呼ばれている。MRTは「Mass Rapid Transit network」の略。
・MRTブルーラインのみ市内中心地を通っている。ブルーラインは北のバーンスー(Bang Sue)駅から南のフワランポーン(Hua Lamphong)駅まで、18駅・20kmの距離を走っている。
・電車は5~7分間隔で運行している(時間帯による)
・チケットは各駅のチケットオフィス、もしくは券売機で購入できる。
BTSと空港線に接続できる駅がある。

それでは、次のセクションから路線図やチケット、乗り方などについて詳しく説明していこう。

バンコク地下鉄(MRT)の路線図。カタカナ表記も!

MRTの路線図は各駅で見ることができて、タイ語と英語の二言語で表記されているんだ。
でも、読み方が複雑な駅も多くあるから、僕の方で英語の路線図にカタカナ表記を加えてみたよ。

ぜひこの路線図をプリントアウトして、旅行に役立てて欲しい。
路線図の水色の線がMRTブルーラインだ。

バンコク観光 MRT(地下鉄)、BTSスカイトレイン、空港線の路線図

このマップにはMRTブルーラインの他に、BTSスカイトレインの2路線やARL(空港線)も含まれているよ。

・黄緑の線:BTSスカイトレイン スクンビット線
・緑の線:BTSスカイトレイン シーロム線
・ネイビーの線:ARL(空港線エアポートレイルリンク)
・丸いMマーク:MRTのBTS・ARLへの乗り継ぎ案内

チケットオフィスで券を買う時なんかに、この路線図のカタカナを参考にしてね!

バンコクの地下鉄(MRT)のチケットの種類と料金

バンコク観光 MRT(地下鉄)の電車の中

バンコクの地下鉄のチケットには、次の二種類があるんだ。

1. 1回乗車券(トークン)
2.MRTカード

過去にはMRTの1日乗り放題券もあったみたいだけど、残念ながら今は無くなってるみたいだ。その代わりに、MRTカードという、日本でいうSUICAのようなICカードがある。

それでは、1回乗車券とMRTカードについて、それぞれ説明していこう。

MRTの1回乗車券について

バンコク観光 MRT(地下鉄)のトークン切符

1回乗車券はトークンになっていて、丸いプラスチック状のチケットなんだ。
観光客はこの1回乗車券を一番よく使うことになるだろう。

詳細は以下。

・料金:16バーツ(約55円)~42バーツ(約145円)。16バーツが最低料金で、目的地までの距離によって料金が加算される。上限は42バーツ。
・磁器トークンチケットで、購入した当日のみ使える。

気をつけたいのが、チケットオフィスでも券売機でも、チケットを買うのにかなり並ぶ時があるということだ。
だからトークンを購入する際は、予定より早めに出かけた方がいい。

次のセクションで詳しく説明するけれど、MRTカードなら毎回チケットを買う必要は無いから、並ぶ手間は省けるよ。

MRTカードもある!料金や使い方は?

バンコク観光 MRT(地下鉄) MRTスマートカード

もしバンコクに3~4日以上いる予定で、MRTを主に利用するのであれば、MRTカードがオススメだ!
MRTカードさえあれば、毎回チケットを買うために、長い列に並ぶ必要は無くなるよ。

MRTカードはICカードで、上述のように、日本のSUICAのようなものなんだ。チャージさえしておけば、駅に着いたら改札に直行できるから、快適だよ。

ただ、残念ながらこのMRTカードはBTSスカイトレインやバスには使えないんだ。地下鉄でのみ利用ができるカードだから、注意してね。

MRTカードの料金

発行時にかかる料金は合計180バーツ(約630円)で、内訳は下の表のようになる。

カード発行手数料30バーツ(約105円)
デポジット料金(カード返還時には返金される)50 バーツ(約175円)
初回チャージ料金(地下鉄利用に使える)100バーツ(約350円)
合計180バーツ(約630円)

内訳の中の「初回チャージ料金100バーツ」は地下鉄を利用する際に使えるチャージだから、合計料金は実質80バーツだね。

チャージは、各MRT駅のチケットオフィスですることができて、チャージの最小金額は100バーツになってる。

なお、バンコクの駅員さんたちは、「Charge(チャージ)」じゃなくて「Top Up(トップアップ)」って言ってるみたいだったよ。
だから、チャージが通じなかったらトップアップって言ってみてね。

ちなみに、地下鉄の利用料金は通常料金の通りで、特にディスカウントとかは無いんだ。

MRTカードの購入場所

MRTカードは、地下鉄の各駅のチケットオフィスで買うことができる。必要書類などは特に無いよ。
カードの購入や使用の際に名前の確認はしないから、このカードは誰でも使うことができるんだ。

有効期限が10年間だから、バンコクリピーターなら何回でも使えてお得だね。
帰国後にバンコクに行く友達がいたら、譲ってあげてもいいだろう

バンコクの地下鉄(MRT)のチケット購入方法

地下鉄のチケットは、上述のように駅のチケットオフィス、もしくは券売機で買うことができるんだ。

なお、MRTカードの場合はチケットオフィスでのみ販売されてるよ。

チケットオフィスでチケットを買う方法

バンコク観光 MRT(地下鉄) チケットオフィス

もしタイ語もしくは英語が話せるのであれば、駅構内のチケットオフィスで切符を買うといいだろう。
チケットオフィスのスタッフは皆親切だから、君を快く助けてくれるよ。

路線図上の行きたい駅を指さすか、もしくは駅の名前を伝えてみて。そしたら値段を教えてくれるから、支払えばトークンチケットがもらえるよ。

MRTカードの場合

・MRTカードを購入:MRTカードを購入するなら、「I buy MRT card」と言えば、伝わるよ。
・MRTカードをチャージす:MRTカードをチャージする場合は、「Top up(トップアップ)」と言えばOKだ。

券売機で切符を買う方法

バンコク観光 MRT(地下鉄) 券売機

券売機は各MRT駅にあって、6時~24時の間に利用できるんだ。
注意したいのが、券売機で購入する場合は硬貨とお札のみ利用可能で、クレジットカードは使えないことだ。

だから1、5、10バーツの硬貨と、20、50、100バーツのお札のみ利用可能だよ。

券売機の言語はタイ語と英語表示ができて、使い方は簡単だ。
では、一緒に使い方を見てみよう。

1.まず「English」をタップしたら、「Blue Line」をタップしよう。

バンコク観光 MRT(地下鉄) 券売機の使い方①
バンコク観光 MRT(地下鉄) 券売機の使い方②

2.目的の駅をタップしよう。ここではスクンビット駅で進めていくよ。

バンコク観光 MRT(地下鉄) 券売機の使い方③

3.駅をタップすると、現在地の駅と目的地の駅、および料金が画面右側に表示される。

バンコク観光 MRT(地下鉄) 券売機の使い方④

4.硬貨もしくはお札を挿入して支払おう。下の画像の矢印の部分だ。

バンコク観光 MRT(地下鉄) 券売機の使い方⑤

5.トークンが出てくるから、忘れずに取り出してね。券売機の下部から出てくるよ。

バンコク観光 MRT(地下鉄) 券売機の使い方⑥

地下鉄(MRT)の乗り方

ここでは、MRTの乗り方の流れを説明しよう。
バンコクの地下鉄は日本と似たような感じだから、そんなに心配しないでいいよ。

地下鉄の駅は、街中では青い「M」のマークの案内標識で表示されるんだ。
駅によっては、デパートから直結しているものもある。

バンコク観光 MRT(地下鉄) 案内標識

駅構内に入る前には、セキュリティチェックがある場合もある。武器や爆発物を所持して無いかのチェックだ。セキュリティがしっかりしてるから、安全だね!

バンコク観光 MRT(地下鉄) セキュリティチェック

駅構内は下の画像のような感じだよ。
改札の隣にチケットオフィスがあって、案内標識は全てタイ語と英語の二言語で表示されてるんだ。

バンコク観光 MRT(地下鉄) 駅構内

上述のように、ピーク時にはかなり並ぶ場合もあるから、時間に余裕を持って来てほしい。
通常、券売機に並ぶ列とチケットオフィスに並ぶ列の二種類があるから、間違えないように並んでね。

すごく混んでる時は、チケットオフィスに並ぶことをオススメするよ。チケットオフィスの方が回転が速いことが多いんだ。

バンコク観光 MRT(地下鉄) 券売機に並ぶ列

改札の通り方は、1回乗車券(トークン)とMRTカードで多少異なるんだ。

トークンチケットの場合

・改札に入る:センサー部分にトークンをかざすと改札のゲートが開く
・改札から出る:改札の挿入口にトークンを挿入し、改札から出る。

MRTカードの場合

・改札に入る:センサー部分にカードをかざすと改札のゲートが開く
・改札から出る:センサー部分にカードをかざすと改札のゲートが開く

バンコク観光 MRT(地下鉄) 改札

改札を通ったら、乗り場に行って電車に乗ればOKだ!
なお、逆方向に行っちゃうと大変だから、プラットフォームに行く前に方面を確認してね。

MRT(地下鉄)の時刻表と始発・終電

地下鉄は毎日6時~24時まで営業されてるんだ。
始発と終電は駅によって変わるけど、6時~24時の間になる。

なお、各駅ごとの始発と終電は、次のバンコクMRT公式アプリで簡単に確認ができるから、見てみてね。

●Google Play:Bangkok MRT
●App Store:Bangkok MRT

MRTとBTSスカイトレイン間の乗り換えは可能?

BTSスカイトレインとは、バンコクの高架鉄道のことだ。観光客は主にBTSとMRTを市内の移動に使うことになるだろう。

残念ながら、現状ではMRTとBTSを一つの切符で乗り継ぐことはできないんだ。
それぞれ別の会社が運営してるから、別の切符が必要になる。
だから、例えばMRT→ BTSに乗り継ぐ際は、MRTを出て、BTSの駅で新たに切符を買って、電車に乗ることになる。

なお、BTSに乗り継げるMRT駅が3か所あるんだ。路線図では、BTSに乗り継ぎができる駅は、青い「M」のマークが表示されているよ。
BTSとのコネクションが分かるようになってるから、確認してみてね。

下の表に乗り継ぎができる3つの駅をまとめてるよ。

MRTの乗り換え可能駅 ⇔ BTSの乗り換え可能駅
スクンビット(Sukhumvit)駅 ⇔ スクンビット線アソーク(Asok)駅
シーロム(Si Lom)駅 ⇔ シーロム線サラデーン(Sala Daeng)駅
チャトゥチャック公園(Chatuchak Park)駅 ⇔ スクンビット線モーチット(Mo Chit)駅

BTSスカイトレインのチケットや乗り方については、「バンコクのBTS完全ガイド!路線図、料金、乗り方など徹底解説!」の記事に詳しく書いてるよ!

ちなみに宿泊先を決める時は、市内中心部でBTSとMRTが交わるBTSアソーク駅や、BTSサラデーン駅周辺が便利だよ。
市内中心部でBTSとMRT両方にアクセスできるから、交通の便が抜群なんだ。

MRT(地下鉄)の観光の便利な駅は?

地下鉄の駅はたくさんあるけれど、その中でも特に観光に便利な駅は以下だろう。

ペッチャブリー(Phetchaburi)駅:エアポートリンク(空港線ARL)と連結。
スクンビット(Sukhumvit)駅:BTSアソーク(Asok)駅に接続できる。歓楽街ソイカウボーイの最寄駅。
シーロム(Silom)駅:BTSサラデーン(Saladaeng)駅に接続できる。パッポン夜市やルンピニー公園の最寄駅。
ガムペーンペット(Kamphaeng Phet)駅:チャトゥチャックウィークエンドマーケットの最寄駅。
フワランポーン(Hua Lamphong)駅:タイの主要鉄道駅に接続できる。アユタヤに行く時に便利。チャイナタウンの最寄駅。

MRT(地下鉄)を利用する際の注意点

・券売機で切符を購入したいなら、硬貨を準備しておこう。お札だとお釣りが細かくて面倒なことがある。
・朝や夕方などのピークタイムの際は、券売機もチケットオフィスもかなり並ぶ場合がある。時間に余裕を持って行動しよう。
・混んでいる駅構内や電車の中では、スリに注意。ショルダーバッグは斜め掛けにし、リュックは前に持つなどして対策しよう。
駅構内にトイレは無い。トイレはホテルで済ませておこう。
・タイでは僧侶をよく見かけるが、戒律上、僧侶は女性に触れることができない。電車内では隣に座らないように注意しよう。

まとめ:バンコクの地下鉄(MRT)完全ガイド!路線図、料金、乗り方など徹底解説!

僕たちがバンコクに行った際は、MRTとBTSを本当によく利用したんだ。渋滞にハマりやすいタクシーと比べると、速く移動できて時間が節約できるからね。

ただ、MRTとBTSの乗り換えは結構歩かないといけない場合もあるから、注意してね。
MRTとBTSの乗り継ぎが一枚の切符でできない点が残念だよね。将来的に、共通の切符になればいいんだけど。

MRTは想像してたよりもずっと清潔で、快適だったよ。バンコクではMRT、BTSとタクシーを使い分けて、効率よく観光してね!

この記事が役に立ったなら、ぜひ周りの人にもシェアしてね!
コメントや質問もいつでも待ってるよ!

レンタルWiFiを借りるなら、キャンペーンやクーポンを利用して安く借りよう!

バンコクの立地・コスパが良いオススメのホテルについては、下の記事にまとめてるよ。