ミュンヘン観光の必要日数とモデルコース!シンデレラ城もご紹介!

ミュンヘン観光 必要日数・モデルコーストップ画像

ミュンヘンはドイツの他の都市に比べて、中世から続く美しい街並みが数多く残っています。
また、シンデレラ城のモデルとして有名な「ノイシュバンシュタイン城」にほど近いことから、世界中の多くの観光客たちを魅了しています。更に、オクトーバーフェスト世界最大のビールイベントとして有名です。

今回はそんなミュンヘン観光の必要日数やミュンヘンの魅力が詰まったモデルコースお得に観光する方法などをご紹介したいと思います!穴場スポットやビールがおいしいグルメスポットについても書いてますのでお見逃しなく!

ミュンヘン関連記事もどうぞ↓↓

ドイツの旅行術の記事はこちら↓↓

 ミュンヘン観光の必要日数

ミュンヘンは観光地が市街地に集まっており、メトロやトラムなど交通機関も便利がいいので、市街地のみ見たければ1泊で十分です。なお、美術館や宮殿めぐりをしたり、郊外のシンデレラ城のモデルとして有名なノイシュバンシュタイン城まで行きたければ最低2泊3日は必要と思います。

ノイシュバンシュタイン城の美しさは本当に感動的なので、ぜひ2泊して行ってくださいね!
こちらのモデルコースは2泊3日を想定しています。

ミュンヘン観光モデルコースの地図

1.マリエン広場 2.新市庁舎 3.旧市庁舎 4.ヴィクトリエンマルクト 5.アザムホーフ・パサージュ 6.アザム教会 7.ノイハウザー通り 8.ミヒャエル教会 9.カールス門  10.バイエルン州立歌劇場 11.レジデンツ博物館 12.英国風庭園 13.サーフィンスポット   14. ツム・アウグスティナー

上の青いピンがミュンヘン市街地、オレンジのピンがノイシュバンシュタイン城です。

ミュンヘンをお得に観光する方法

ミュンヘンをお得に観光したければ、公共交通機関の1日乗車券を活用しましょう!
ミュンヘンの公共交通機関はゾーン制で料金が分かれていて、観光名所はほとんどミュンヘン市内の「インナーディストリクト」ゾーン内にあります。 チケットは電車・バス・トラム共通なので、1枚のチケットでどの交通機関でも使用できます。

そこで、おすすめするチケットが1日乗車券(Day Ticket)です。市内を移動するにあたって、1回限りのチケット:2.90ユーロですが、1日乗車券:6.70ユーロです。
つまり、市内で3回交通機関を使うなら、1日券の方が全然お得ですよね!

また、市内で使える3日のパス(16.80ユーロ)や、グループパス(2人~5人まで利用可能・12.80ユーロ)などもあります。
ちなみに、ミュンヘンの自動券売機は日本語表示ができるものもあって、とても使いやすいです。

ミュンヘン観光 駅のチケットの買い方

ミュンヘンの公共交通機関について、詳しくは下の記事を読んでみてくださいね。

空港アクセスについては、こちらの記事に書いてます。

他にバイエルンチケットという、ノイシュバンシュタイン城やザルツブルク(オーストリア)まで含めて行ける格安チケットもあるので、旅程に合わせて購入を検討してくださいね!

 ノイシュバンシュタイン城(Neuschwansten Castle)

ミュンヘン観光 ノイシュバンシュタイン城(Neuschwansten Castle)

ノイシュバンシュタイン城はヨーロッパ有数の美しさを誇る、シンデレラ城のモデルとなったお城です。そして私と主人が大喧嘩したいわくつきの場所としても有名です(笑)

ミュンヘンから2時間ほどで行けるので絶対に行きましょう!ルートヴィッヒ2世のよって19世紀に建てられた教会で、ノイシュバンシュタイン城とは直訳すると「新しい白鳥の石」という意味ですが、白鳥が好きだったルートヴィッヒ2世が付けた名前だそうです。確かに白鳥のような優雅さがあるお城です。

ガイドツアーでのみ中の見学が可能で、ノイシュバンシュタイン城のみ見学なら料金は大人一人13ユーロです。
所要時間:1日
おすすめ度:★★★★★

なお、ノイシュバンシュタイン城については下記の記事に書いてます!バイエルンチケットで格安で行く方法も下の記事にまとめてます。

名称:ノイシュバンシュタイン城(Neuschwansten Castle)
住所:Neuschwansteinstraße 20, 87645 Schwangau, Germany
アクセス:フュッセン駅バス10分、徒歩40分
開館時間:
・4月-10月15日:9 am-6 pm (チケットオフィスは7.30 am-5 pm)
・10月16日-3月:10 am-4 pm (チケットオフィスは8.30 am-3 pm)
閉館日:1月1日、12月24日・25日・31日
入場料:ガイドツアー大人€13.00、子供(0~18才)無料
公式サイト:ノイシュバンシュタイン城

 新市庁舎(New Town Hall)

ミュンヘン観光 新市庁舎(New Town Hall)

新市庁舎はミュンヘンのシンボルと言える建物で、左右対象のネオゴシック様式の壮観な建物です。こちらのからくり時計は有名ですが、人形たちがくるくる踊る仕掛けがとても凝っていて、最後には驚きのオチまでついています(笑)
からくり時計があるのは11am、12am、5pmなのでお見逃しなく!

中の見学は無料で、2.5ユーロで塔に上ることもできます。夜のライトアップもきれいです!
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

マリエン広場や新市庁舎、マリエン広場周辺の観光スポットについて詳しくは、この記事に書いてます↓↓

からくり時計の動画はこちら↓↓

ミュンヘン観光 新市庁舎(New Town Hall)の内観

ゴシック様式の内観も美しいです。

名称:新市庁舎(Neues Rathaus)
住所:Marienplatz 8, 80331 Munich
アクセス:Sバーン1~4・6~8、Uバーン3・6号線マリエン広場駅(Marienpl.)から徒歩1分
営業時間:塔の営業時間は5/1-9/30まで10-19時、10/1-4/30まで10-17時
閉館日:土日、祝日
入場料:塔に上るエレベーターは大人2.5€、子供1€

 マリエン広場(Marienplatz)

ミュンヘン観光 マリエン広場(Marienplatz)

マリエン広場は市庁舎がある広場で、観光客や地元民でにぎわっています。その起源はなんと12世紀!歴史深いですね。中世ヨーロッパの雰囲気の建物に囲まれており、ミュンヘン観光の中心地なので必見です。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

名称:新市庁舎(Neues Rathaus)
住所:Marienplatz 1, 80331 Munich
アクセス:Sバーン1~4・6~8、Uバーン3・6号線マリエン広場駅(Marienpl.)から徒歩1分

ヴィクトアリエンマルクト (Viktualienmarkt)

ミュンヘン観光 ヴィクトアリエンマルクト (Viktualienmarkt)

ヴィクトアリエンマルクトはマリエン広場のすぐ隣にある市場で、平日は9時-18時頃、土曜日は9時-16時頃まで市場が開催されています。ミュンヘン市民の台所で、果物や野菜、肉類、チーズを売っている屋台が数多くあります。

それ以外にも観光客向けの土産物店や食べ物の出店、レストランなどもあるのでランチに最適です。試食できる場所もたくさんあるので、ぜひ色々試してみてくださいね♪
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

ヴィクトアリエン市場のグルメやお土産についてはこの記事に詳しく書いてます!

ミュンヘン観光 ヴィクトアリエンマルクト (Viktualienmarkt)のショップ

お土産屋さん。かわいい安価なお土産がたくさん置いてあります。

ミュンヘン観光 ヴィクトアリエンマルクト (Viktualienmarkt)のショップ

チーズのお店。チーズがたくさん!わさびチーズなんかもありました!

名称:ヴィクトアリエンマルクト (Viktualienmarkt)
住所:Southeast of Marienplatz, Munich, Bavaria 80331  Munich
アクセス:マリエン広場から徒歩2分
営業時間:月曜-土曜 ※時間は店舗により異なる

ノイハウザー通り(Neuhauser Street)からカウフィンガー通り(Kaufinger street)

ミュンヘン観光 ノイハウザー通り(Neuhauser Street )

ノイハウザー通りはカールス広場からマリエン広場まで続く歩行者天国の大通りで、カウフィンガー通りという名前に途中で変わります。カウフィンガー通りは「買い物通り」という意味。カフェ、ホテル、アパレルショップ、スーパーマーケットなどなんでもそろっているショッピングストリートで、お買い物したい方におすすめです。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★

名称:ノイハウザー通り(Neuhauser Street)
住所:Neuhauser Street Munich
アクセス:Sバーン1-4号、6-8号線 カールス広場駅(München Karlsplatz)下車すぐ

聖ミヒャエル教会(Michaelskirche)

ミュンヘン観光 ミヒャエル教会(Michaelskirche)

ミヒャエル教会はマリエン広場の近くにある三角屋根の教会で、16世紀に建てられました。外観はかわいらしく、内部は白を基調としていて美しいです。教会の正面には、教会を建てたバイエルン公ヴィルヘルム5世とヴィッテルスバッハ王家の歴代の王の像を見ることができます。

ノイシュバンシュタイン城を建てたルートヴィッヒ2世の柩もここミヒャエル教会に安置されています。
所要時間:30分-1時間
おすすめ度:★★★

名称:ミヒャエル教会(Michaelskirche)
住所:Neuhauser Str. 52 munich
アクセス:Sバーン、U4.5:Karlsplatz駅、U3.6:Marienplatz駅から徒歩3分
開門時間:[教会]月曜-土曜10:00~19:00、日曜7:00~22:15頃[ヴィッテルスバッハ家の墓所]月曜-金曜9:30~16:30、土曜14:30 まで
閉門日:[教会]無休 [ヴィッテルスバッハ家の墓所]日・祝
入場料:[教会]無料 [ヴィッテルスバッハ家の墓所]€2

カールス門(Karlsplatz)

ミュンヘン観光 カールス門(Karlsplatz)

カールス門はノイハウザー通りの入り口にある門で、昔の城壁にあった門の一つだそうです。近代的な建物が並ぶなかでいきなり中世の要塞の門があって不思議な雰囲気です。
おすすめ度:★★★

名称:カールス門(Karlsplatz)
住所:Neuhauser Str. 47, 80331 munich
アクセス: Sバーン、U4.5:Karlsplatz駅からすぐ

アザムホーフ・パサージュ(Asamhof Passage)

ミュンヘン観光 アザムホーフ・パサージュ

アザムホーフ・パサージュはガイドブックには載っていないミュンヘンの超穴場スポット!下記に紹介するアザム教会のすぐ近くにあるアザムホーフ・パサージュという小道には、おしゃれなカフェがたくさん!植物でいっぱいの店内に、カラフルな椅子、ノームの置物たちなどまるで絵本の中のようです。

ぜひアザム教会に行く前にカフェで一息ついてくださいね!隠れた小道的なのを見たら飛び込まずにいられない性格の夫が見つけました(笑)
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

アザムホーフ・パサージュと、ミュンヘンの展望テラス付きカフェについては、この記事に詳細を書いています。

ミュンヘン観光 アザムホーフ・パサージュのカフェ

おとぎの国のようなかわいらしさ!

名称:アザムホーフ・パサージュ(Asamhof Passage)
住所:Sendlinger Str. 28
アクセス:Uバーン1~3・6~8のSendlinger Tor駅から徒歩5分

アザム教会(Asam Church)

ミュンヘン観光 アザム教会(Asam Church)

アザム教会は入り口が小さく見つけにくいですが、内部はバロック様式のとても豪華で濃密な教会です。18世紀に建てられた教会で、建築家・芸術家の風変りな兄弟が、私財を投じて「作りたいものを好きなように作ってやったぜ」、と感性の赴くままに作った教会です。

内部のツイストされた円柱は珍しく、とても特徴的な教会でした。珍しい建築ですが、それでも「バロック建築の最高傑作の一つ」と評価されています。ガイドブックに載ってないかもしれないですが必見です!
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

アザム教会の詳細はこの記事に書いてます。

名称:アザム教会(Asam Church)
住所:Sendlingerstr.32, 80331 München
アクセス:Uバーン1~3・6~8のSendlinger Tor駅から徒歩5分
開館時間:月曜から金曜 7:30 – 17:30 、土曜日8:00 – 19:00 、日曜日8:00 – 15:00
入場料:無料

レジデンツ博物館(Residenz Museum)

ミュンヘン観光 レジデンツ博物館(Residenz Museum)

レジデンツは14世紀末に建てられた宮殿で、中は博物館になっています。外観は地味ですが中はとても豪華で、特に目玉の回廊の装飾は壮観です。博物館のみで7ユーロ、宝物館と共通券で11ユーロで入れます。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★

名称:レジデンツ博物館(Residenz Museum)
住所:Residenzstrasse 1, 80333 Muenchen
アクセス:Uバーン3~6号線オデオンス広場駅(Odeonspl.)から徒歩5分。Sバーン1~4・6~8、Uバーン3・6号線マリエン広場駅(Marienpl.)から徒歩5分
開館時間:9~18時(3/24~10/21)、10~17時(10/22~3/23)
閉館日:1/1、12/24・25・31、カーニバルの火曜日
入場料:大人:7ユーロ、 子供:無料(宝物館は大人7€、レジデンツ博物館と宝物館共通チケットは大人11€)

バイエルン州立歌劇場(Bayerische Staatsoper)

ミュンヘン観光 バイエルン州立歌劇場(Bayerische Staatsoper)

日本でも有名な歌劇場ですね!バイエルン国立歌劇場は、バイエルン王国のマクシミリアン1世によって19世紀に建てられたギリシャ建築風の円柱がある建物です。マックスヨーゼフ広場でひと際目立っていました。

ガイドツアー付きの見学もできます。時間とお金に余裕がある方はぜひバレエやオペラなんか観劇されてください。
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★

名称:バイエルン州立歌劇場(Bayerische Staatsoper)
住所:Max-Joseph-Platz 2, Muenchen
アクセス:Uバーン3~6号線オデオンス広場駅(Odeonspl.)から徒歩3分
営業時間:ガイドツアー不定期(ガイドツアーチケット売り場の営業時間:月曜-土曜 10-19時)
入場料:ガイドツアー料金10€、子供5€
公式サイト:バイエルン州立歌劇場

エングリッシャーガルテン(English Garden)

ミュンヘン観光 英国風庭園(English Garden)のサーフィンスポット

エングリッシャーガルテン(英国庭園)は英語圏のミュンヘンの観光地ランキングでは1番の場所です。広大なイギリス風の公園で、何がおもしろいかと言うと、なんと庭園内の川でサーファーたちがサーフィンしてるんです!!公園の川でサーフィンなんて生まれて初めて見ました。個人的にはここがミュンヘンで一番おもしろかったかな。

サーフィンしているスポットはアイスバッハ(Eisbach)という、公園の中で一番ミュンヘン市街地に近い場所。イケメンもいっぱいいるからマジ必見です!!目の保養してきてね♪

エングリッシャーガルテンにはサーフィンスポットだけでなく、日本式茶室や、夏のビアガーデンなど見所がたくさんありますよ!あと、なんとヌーディスト地区(ヌードの人が集まる場所)もあります(笑)
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

エングリッシャーガルテンの詳細は、下の記事にまとめています。

Youtube動画はこちら↓↓

名称:英国風庭園(English Garden)
住所:English garden Munich
アクセス:Uバーン3、6 Universität駅下車、徒歩5分

ツム・アウグスティナー(Zum Augustiner)

ミュンヘン観光 ツム・アウグスティナー(Zum Augustiner)

伝統的なバイエルン料理とおいしいビールのディナーを楽しみたいなら、歴史あるツム・アウグスティナー(Zum Augustiner)でしょう!ノイハウザー通りにあるビール醸造所直営のビアホールレストランで、めっちゃくちゃ広いですが人でいっぱいでした。地元民にも観光客にも人気のようです。ミュンヘン数度目のイタリア人の夫に連れてきてもらいました。

ツム・アウグスティナーについてはこちらの記事で詳しく書いてます↓↓お料理の写真もたくさん載せてるので見てみてくださいね!

ちなみにアウグスティナーはミュンヘン最古のビール醸造所だそうで、ミュンヘンと言えば!というようなビールらしいです。飲んでみるとすごくコクがあっておいしい!!素材の旨味を感じられるようなビールでした。お料理も良かったですよ~!
所要時間:1-2時間
おすすめ度:★★★★★

名称:ツム・アウグスティナー(Zum Augustiner)
住所:Neuhauser Strasse 27, 80331 Muenchen
アクセス:Sバーン1~4・6~8、Uバーン3・6号線マリエン広場駅(Marienpl.)から徒歩8分。またはミュンヘン中央駅(Muenchen Hbf)から徒歩10分

ミュンヘンでオススメのホテルは?

ミュンヘンの観光名所はマリエン広場を中心とするエリアに集中しています。そのため、ミュンヘンで宿泊するならマリエン広場周辺や、マリエン広場から地下鉄で2駅離れた中央駅周辺が便利です。
ちなみにノイシュバンシュタイン城に個人で行く時は、中央駅から電車に乗ることになります。

なお、夜遅くのフライトでミュンヘンに着く場合や、早朝のフライトに乗る必要がある場合はミュンヘン国際空港周辺のホテルも便利でしょう。ただ空港から中心地までは45分ほどかかるので、観光の拠点とするには不便です。

実際にミュンヘンを観光した経験から、観光に便利な立地で、評判・コスパが良いおすすめのホテルをこちらの記事にまとめています。中央駅周辺・マリエン広場周辺・空港周辺のエリアごとに分けて紹介してますので、ぜひご参考に!

まとめ:ミュンヘン観光の必要日数とモデルコース!シンデレラ城もご紹介!

今回は「ミュンヘン観光の必要日数とモデルコース!シンデレラ城もご紹介!」についてご紹介しました。ドイツの中でも特に美しい街、ミュンヘンですが街並みの美しさはもちろん、目玉であるノイシュバンシュタイン城は今まで見たどんなお城よりも美しかったです。

ミュンヘンへの旅行プランや見積もりを旅行会社に問い合わせするなら、「タウンライフ旅さがし」が簡単・便利です。タウンライフ旅さがしでは無料で複数の旅行会社に、旅行プランと見積もりを一括で依頼できるので、各旅行会社の提案を簡単に比較できます。プラン・見積もりをもらうだけなら無料だし、1社ずつに問い合わせする手間が省けるので、ぜひ活用してみてください。

この記事で紹介しきれなかった場所もあるので、ガイドブックも一冊持って行くことをオススメします。2-3泊なら「ことりっぷ 海外版 ミュンヘン・ロマンチック街道 (旅行ガイド)」で十分でしょう。

皆さんもぜひ一度は行ってみてくださいねー!
※この記事に記載の情報は2018年3月執筆時の情報です。随時更新するつもりですが、料金などの最新情報については各公式サイトでご確認ください。

お得情報!

ドイツでインターネットを使うなら、海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>がオススメ!

グーグルマップを見たり、翻訳アプリを使ったり、海外旅行ではインターネットが必要不可欠。
でも、ドコモやau、ソフトバンクなど携帯会社の海外ローミングって、割高ですよね・・・。

そんな時、役に立つのがレンタルWiFiルーターです。
このイモトのWiFiなら、格安の定額なので安心・お得に使えます。そして5台まで接続可能なので、何人かで割り勘するともっとお得!!
大手なのでサービスやサポートも充実してます!

イモトのWiFiのクーポン・キャンペーン情報はこちら。
イモトのWiFi割引情報!早割・クーポン・キャンペーンで安く借りよう!

ミュンヘン関連記事もどうぞ↓↓

旅行準備はこちらの記事をご参考に↓↓

おすすめ記事

関連記事

Leave A Comment

CAPTCHA