ベネチア水上バス・ヴァポレットの乗り方!路線図・チケット・料金まとめ

原文:二コラ 和訳:エナ

チャオ!二コラです!僕の故郷、ベネチアの世界一ユニークな交通機関にようこそ!

「サンマルコ広場やリアルト橋に車やバスで行きたい」と思ってる君・・・悪いけどそれはできないんだ!

ベネチア市街を動き回る方法は、徒歩か水上バスしかないんだ。特に、「ヴァポレット」と呼ばれてる水上バス!水上バスは、ベネチアを違う視点から見ることができるとてもいい機会だよ。

グランドカナル(Grand Canal)沿いでは、建物の真の美しさを見ることができるだろう。あの壮大な建物たちを正面から見れるなんて、素晴らしい写真撮影の機会だよ!インスタ映え写真もたくさん撮れる。

ベネチアをあちこち見て回るなら一日中歩かないといけないんだ。そうなると君の脚が悲惨なことになるよ。だから、君の脚を救うためにも便利で楽しい水上バスを活用しよう!
この記事ではベネチア出身の僕が、水上バス・ヴァポレットのチケットの種類・料金や路線図、乗り方について説明するね。

ベネチアの関連記事はこちら↓↓

水上バス「ヴァポレット」の概要

ベネチアではラグーンを移動するために水上バスを使うんだ。水上バスは毎年数百万人ものベネチア市民や観光客を運んでるんだよ。

ベネチアの水上バスはヴァポレット(VAPORETTO)って呼ばれてるんだ。もしくは、ベネチア方言でバテオ(BATEO)って教えた方がいいかな(笑)
Waterbus(水上バス)っていう言葉は観光客しか使わないんだ。ベネチア弁の「バテオ」は別として、イタリア語では「VAPORETTO」っていうのが正しい名前なんだよ。

街中で見かける道路標識にも「VAPORETTO」って書かれてるんだ。ヴァポレットの乗り場を見つけたかったら、この「VAPORETTO」の標識に従ってね。

ベネチア観光 ヴァポレット(VAPORETTO)の案内標識

ベネチアで主にヴァポレットを運行しているのはACTVという会社で、ACTVって乗り場やボート自体に書かれてるよ。

他にも水上バスを運行している会社があって、ACTVとは別のルートを運行しているんだ。例えば空港線を運行する ALILAGUNAや、ベネチア市外行きを運行する会社もあるよ。

ALILAGUNAやベネチア市街に行く路線も、ヴァポレットと同じ乗り場なんだ。でもACTVのチケットではこれらの路線に乗れないから、間違って乗ってしまう心配はないよ。
たぶん通常の観光では、ACTV以外の水上バスに乗る機会は無いと思う。

ヴァポレットのチケット

まずチケットが必要だ!ヴァポレットのチケットは、他の多くの公共交通機関と同じような感じだよ。
水上バスに乗る前にチケットを買って、チケットを乗り場の機械にピッてかざして乗船すればいいんだ。
乗り方については後で詳しく説明するね。

ベネチア観光 ヴァポレット(VAPORETTO)のチケットを乗り場の機械にかざしている画像

チケットには1回券と24時間、48時間、72時間、1週間のものがあって、24時間~72時間チケットは乗り場で切符を読み取った時から、時間のカウントが始まるんだ。
チケットの種類や料金については次のセクションで詳しく説明してるよ!

ヴァポレットのチケット料金・路線図

ベネチア観光 ヴァポレット(VAPORETTO)のチケット料金

ヴァポレットのチケットは次の種類がある。

・1回券(75分間有効):7.5ユーロ
・24時間チケット:20ユーロ
・48時間チケット:30ユーロ
・72時間チケット:40ユーロ
・1週間チケット:60ユーロ
(※2018年7月執筆時の料金)

1回券は水上バスにしか使えないけど、1回券以外の長時間有効のチケットなら、ベネチア市街地のバスやトラムなんかの全ての公共交通機関に使えるんだ。マルコ・ポーロ空港線には使えないけど。どれくらいの期間ベネチアに滞在するかによって、チケットを選べばいいよ。
チケットオフィスで路線図をもらってね。この路線図はルートを選ぶのにすごく役立つよ。

ベネチア観光 ヴァポレット(VAPORETTO)の路線図

路線図のPDFファイルは公式ページからダウンロードもできるよ。このリンクのページの一番下の方にある。

1回券

1回券は75分間有効のチケットなんだ。75分の間なら途中で乗り換えもできるよ。

ここで注意すべきことがある!1回だけヴァポレットに乗るなら1回券はとても便利だけど、もしヴァポレットで街中を散策したいなら、24時間以上のチケットを買った方が絶対にいいよ!
君のお財布のためにね。

ベネチアの近くにはメストレ(Mestre)やマルゲラ(Marghera)って町もあるんだ。これらの町まで行くなら絶対に乗り放題チケットの方がいい。まあ君はメストレやマルゲラにそんなに興味ないかもしれないけど・・・その気持ちもわかるけどね!
まあベネチア市内と比べたらそんなに見るべきものはないかな。でも、万が一行きたい気分になった時のために、ヴァポレットで行けるって知ってた方がいいよ。

ベネチア観光 ヴァポレット(VAPORETTO)の画像

ヴァポレットの旅はステキだろう?

24時間・48時間・72時間チケット

さあ、僕がオススメするチケットについて話そうか。ベネチアを散策するのに一番いい方法は徒歩だけど、ヴァポレットでグランドカナルの両岸を行き来するのは楽しいし、君が行きたい島にも最短で行くこともできるんだ。

もしこれを聞いてワクワクしてるなら、1回券のことは忘れちゃいな!
24時間(1日)や、滞在日数によっては他の長時間有効なチケットを選ぼう!ヴァポレットやバス・トラムを自由に乗り降りできるなら、数ユーロ多く払ったって後悔しないだろう。

このチケットさえあれば、どのヴァポレットでも乗り放題なんだ(ただし16・19・21番とAlilagunaライン、カジノライン以外ね。でもこれらの路線は乗る機会ないと思う!)。そして、朝から夜遅くまで多く運行されてるんだよ。前述のように、ベネチア市街地の公共のバス・トラムにも使えるんだ(ベネチア~マルコ・ポーロ空港間は除く)。

24時間チケットを使うもう一つのメリットとしては、あのヴェネチアン・グラスで有名なムラーノ島(Murano)、カラフルな家屋の街並みが美しいブラーノ島(Burano)や、ベネチア発送の島、トルチェッロ島(Torcello)にも行けることだろう。

ヴァポレットのチケットの購入方法

Venezia Unicaチケットオフィスでヴァポレットのチケットを買うことが可能だ。
チケットオフィスはサンタルチア駅、ローマ広場、マルコポーロ空港などにあるから順に説明するね。

まず3つのチケットオフィスの場所を下の地図で見てほしい。

1. サンタルチア駅のチケットオフィス 2. ローマ広場のチケットオフィス 3. マルコポーロ空港のチケットオフィス

Venezia Unicaチケットオフィス:サンタルチア中央駅

電車でサンタルチア中央駅(Santa Lucia central station)に着いたら、Venezia Unicaチケットオフィスは駅の構内にあるよ。

Venezia Unicaチケットオフィス: ローマ広場

バスや車でローマ広場(Piazzale Roma)のバス停に着いたら、Venezia Unicaチケットオフィスすぐそこだよ。

Venezia Unicaチケットオフィス: マルコ=ポーロ空港

マルコポーロ空港に着いて、ベネチア市内までボートで行きたいなら、まず水上バスの乗り場に行こう。空港内の案内標識に従って行けば簡単だよ。
この乗り場にVenezia Unicaチケットオフィスがあるんだ。

24時間チケットを購入する際の注意点

24時間チケットやその他の長時間有効のチケットを購入するなら、大きな水上バスの駅じゃないとチケットを買えないんだ。小さい駅では1回券のみの取り扱いになるんだよ。

長時間有効なチケットを買ってしまえば、毎回チケットを買う必要がないから購入場所の心配はないよ。

チケットをオンラインで購入する方法

ベネチアはテクノロジーが発達してるから、なんとびっくり!ヴァポレットのチケットをオンラインでも買えるんだよ。このベネチア観光局公式サイトのページから自分に合うチケットを買えばいいよ。PUBLIC TRANSPORT っていうタブをクリックしてね。でも、残念なことにこの公式サイトは英語かイタリア語でのみの表示なんだ。

もし英語やイタリア語でのチケット購入に不安があるなら、アナログに上述のチケットオフィスで買えばいいよ。

ベネチア観光 ヴァポレット(VAPORETTO)の画像

ヴァポレットではあの有名なリアルトやアカデミア橋の下もくぐれるんだよ!

ヴァポレットの乗り方

ベネチア観光 ヴァポレット(VAPORETTO)乗り場の改札

さあ、チケットを買ったら、ついに乗船の時間だ!

ヴァポレットの乗り場は水上に浮かんでるんだ。潮の満ち引きによって、上がったり下がったりしてボートみたいなんだよ。だから乗り場に入る時は気を付けて。もしつまづいて転んだりしたら、「またツーリストがやらかしてるよ!」って笑われるかもしれないからね。

全ての水上バスの乗り場で、時刻表やどこ方面に行く路線なのかを確認できるようになってるんだ。不安なことがあれば、周りの人に聞くといいよ。常に誰かしらが教えてくれるから。

ベネチア観光 ヴァポレット(VAPORETTO)の乗り場

水上バスに乗る時は、必ず乗り場にある切符を読み取る機械にチケットをかざしてね!ICチップを読み取るから、ピッて音がするはずだよ。

もしここでピッてしてなかったら、検察があった際に罰金を取られるよ。最近検察が厳しくなってるみたいだから、注意してね!

ベネチア観光 ヴァポレット(VAPORETTO)の乗り場

ヴァポレットの路線・時刻表・乗り場の確認方法

もし君のスマホがネットにつながってるんなら、水上バスの乗り場や路線、時刻表を確認するのは簡単だよ。グーグルマップで調べればいいんだ。普段通り公共交通機関での経路を調べたら、一覧の中に船の絵が出てくるよ。それをクリックしたら行き方の詳細が見れる。今時の旅行では、グーグルマップが神様だからね(笑)

例えばリアルト橋からアッカデーミア橋に行きたければ次のように検索すればいい。経路検索の一覧に船のマークが出てくるから、その列をクリックして。

ベネチア観光 ヴァポレット(VAPORETTO)の路線・時刻確認方法 グーグルマップ

クリックしたら下のような画面になる。S.Silvestroっていう乗り場から1番の船に乗ればいいってわかるね。右側にある>をクリックしたら、より細かい詳細が出てくるよ。

ベネチア観光 ヴァポレット(VAPORETTO)の路線・時刻確認方法 グーグルマップ

一応ACTVの公式サイトでも時刻・乗り場を見れるようになってる。
もしスマホでネットが使えないなら、悪いけど君は道に迷うしかないよ!なんてね、ジョークジョーク。
ベネチアの迷路のような街の中では、ちょっと道に迷うぐらいのスリルを楽しむべきだけどね。

ちなみに、海外でスマホをネットにつなぎたいなら、海外用Wi-Fiルーターをレンタルするのがオススメだよ。イモトのWiFiとかがCMもやってる大手だから安心だね。

海外でスマホをネットにつなぐ方法はこの記事で詳しく書いてるよ。

メインの水上バスの乗り場たちはとても目立つから簡単に見つけられるんだ。でも小さい乗り場となると、ベネチア市民でも見つけられない場合があるんだよ。もし郊外に行きたくて、乗り場を見つけられない時は周りの人に聞いてみてね。

ベネチア市民がきっと助けてくれるよ・・・僕らは喜んで道に迷った観光客を助けるからね!僕自身も何回観光客を助けたことか(笑)

まとめ:ベネチア水上バス・ヴァポレットの乗り方!路線図・チケット・料金まとめ

この記事では「ベネチア水上バス・ヴァポレットの乗り方!路線図・チケット・料金まとめ」について書きました。
ベネチアの水上バスは徒歩の観光とはまた一味違った経験になるから、ぜひ試してみてね!

もしブラーノ島やムラーノ島、トルチェッロ島に水上バスで行きたいなら、こんなツアーもあるよ。

あとは、公共の水上バスじゃなくてチャーター船だけど、こんなツアーもあるんだ。

イタリア旅行の記事はこちら↓↓

By |2018-11-07T09:19:53+00:007月 19th, 2018|Categories: イタリア観光, ヨーロッパ旅行|Tags: , , , |0 Comments

おすすめ記事

関連記事

Leave A Comment

CAPTCHA