ベネチア・ムラーノ島はガラス工房の島!ベネチアングラスを堪能しに行こう!

※原文:二コラ 和訳:エナ

「ベネチア・ムラーノ島はガラス工房の島!ベネチアングラスを堪能しに行こう!」 トップ画像

チャオ!ベネチア出身の二コラです!

ベネチアの近くにある離島「ムラーノ島」を知ってるかい?
ムラーノ島は素晴らしいベネチアングラスを生み出している島として、世界中で有名なんだ。ガラス工房はもちろん、ガラス博物館や、その他のたくさんの見所があるんだよ。

この記事ではそんなムラーノ島の見所や、ベネチアからの行き方についてご紹介しようと思う。
さあ、旅の準備はいいかい?

ベネチアングラスの島・ムラーノ島ってどんなとこ?

ムラーノ島はベネチアから10分ほどで行ける離島で、ベネチアを取り囲むラグーンの中では1、2を争うぐらい人口が多い場所なんだ。まるで小さなベネチアのような場所さ。
ムラーノ島は橋でつながっている7つの小島から成り立っているんだ。

冒頭で話したように、ベネチアングラスの工房が集まる島として、世界中で有名なんだ。ここでは目を見張るほど美しいクリスタルガラスが製造されているんだよ。その歴史は10世紀頃にベネチア人の商人たちが、東洋からガラス製造の技術を持ち帰って以来、ずっと続いてるんだ。

実は君たちが一般的に「ベネチアングラス」と呼んでいるガラス製品は、「ムラーノ・グラス」のことなんだよ。イタリアでは「ベネチアングラス」という言葉は存在しないんだ。僕たちは代わりに「ムラーノ・グラス」と呼んでるからね。

もしベネチアングラスのお土産を買いたいなら、ムラーノ島こそが一番の場所だろう!あらゆる種類のベネチアングラスが、たくさんのお店で売られているんだ。
ムラーノグラスのお土産は、世界中で高品質だと有名だよ。

それでは、次のセクションからそんなムラーノ島の見所を紹介していこうと思う。

まずはこの地図を見てみてね。

1.ガラス博物館(Museum of Glass) 2.サンタ・マリア・エ・ドナート教会 3.灯台

ムラーノ島のガラス工房を見学!

ベネチアの離島ムラーノ島 ガラス工房

ムラーノ島のガラス工房を見学する一番の方法は、街中を散策することなんだ。いたる所にガラス工房があるから、職人たちがガラス作りをしているところを、島中で見ることができる。

窯のせいでガラス工房内はとても暑いから、冬でも工房の窓やドアは開けっ放しなんだ。だから通りかかって中をのぞくのは簡単だよ。

いくつかの工房は見学者を受け入れているから、近くでガラス作りを見学することもできるよ。見学者を受け入れることによって職人さんは作品を紹介できるし、売れるチャンスが増えるからね。
ぜひ街中を散策して、お気に入りの工房を探してみてね。

もしムラーノグラスについてもっと深い体験をしたいのであれば、オプショナルツアーをオススメするよ。ムラーノ島のガラス工房ツアーなんかもあって、ツアーに参加すれば通常は見学者を受け入れてない工房なんかにも入ることができるようになるんだ。
また、ツアーによってはガラス作り体験もできるよ。最高だろ?

ベネチアの離島ムラーノ島 ガラス工房

ムラーノ島のユニークなガラス博物館!

ベネチアの離島ムラーノ島 ガラス博物館

ムラーノ島のガラス博物館は島で一番人気の観光地の一つなんだ。博物館の建物自体もベネチアン・ゴシック様式で美しいよ。博物館はムラーノ島の中心部の水路沿いにあるんだ。

展示品は時系列で並べられていて、ベネチアングラスの歴史がよくわかるようになってる。1階の考古学コーナーから始まるんだけど、ここには1~3世紀頃のローマ時代の素晴らしい作品も展示されているんだ。

その後にはムラーノグラスの世界最大の歴史コレクションを見ることができる。これらの作品は15世紀~20世紀に製造されたもので、その中の多くが世界的に有名な傑作なんだよ。

ガラス博物館詳細
・名称:ガラス博物館(Museo del Vetro)
・営業時間
>10/1 ~3/31 :10 am – 5 pm (チケットオフィス:10 am – 4.00 pm)
>4/1~10/31:10 am – 6 pm (チケットオフィス:10 am – 5.00 pm)
・チケット料金: 12ユーロ
・公式サイト(イタリア語・英語):ガラス博物館

ムラーノ島のガラスショップとお土産

ベネチアの離島ムラーノ島 ガラス製品 お土産

ムラーノ島に来たからには、お土産を買わずに去るなんてもっての他だよ!
君の想像通り、ムラーノ島にはムラーノ・グラス製品を取り扱っているお店がたくさんあるんだ。これらの店舗は島内のガラス工房や工場と提携していることが多いんだよ。

島中を散策して、お気に入りのムラーノ・グラスのお店でお土産を探すことを心からオススメするよ。
君の財布次第だけど、5ユーロのガラスの指輪から、5000ユーロのシャンデリアまでなんでもあるんだ。

ムラーノグラスはありとあらゆる種類の製品を造り出していて、例えば女性用のアクセサリーから灰皿、ペン、シャンデリアとかなんでもありさ。色んなお土産アイディアが生まれそうだろう?

※アドバイス1:安すぎる品物は、もしかしたらムラーノ・グラスじゃなくてメイド・イン・チャイナ製品かもしれないよ。ムラーノ・グラス製品には「Made in Murano」って証明が付いてるんだ。
購入前にちゃんと確認して、心配なら店員さんに「MADE IN MURANO?」って聞いてみてね。

※アドバイス2:ムラーノグラスは普通のガラス製品と比べて、とても軽いことで有名なんだ。だからムラーノ・グラスと偽物のガラス製品を見分けるのは簡単だよ。手に取って重さを確認してみてね!

ベネチアの離島ムラーノ島 ガラス製品 お土産
ベネチアの離島ムラーノ島 ガラス製品 お土産

サンタ・マリア・エ・ドナート教会

ベネチアの離島ムラーノ島 サンタ・マリア・エ・ドナート教会(Duomo di santa maria e donato)

ムラーノ島で素晴らしいスポットに行きたいなら、サンタ・マリア・エ・ドナート教会(Duomo di santa maria e donato)がオススメだよ!
この教会は、ビザンティン様式のモザイクの床が素晴らしいんだ。

サンタ・マリア・エ・ドナート教会はベネチアのラグーンの中で最も古い教会の一つで、7世紀に建てられたんだよ。ムラーノを散策するならこの教会にも絶対行ってね。教会だから無料で入れるよ。

キリスト教の教会だからいつでも誰でも入れるし、朝から午後の遅い時間まで空いてるよ。決まった営業時間は特に無いんだ。

ムラーノ島の小道を散策!灯台も見てみよう!

ベネチアの離島ムラーノ島 灯台

僕が一番好きなムラーノ島での過ごし方は、島中の小道を散策して歩きまわることなんだ。ムラーノ島はとても小さいから、水路や小道の位置をすぐに覚えることができるだろう。

前述のようにムラーノ島は小さいベネチアのようだけど、ベネチアがにぎやかな場所だとしたら、ムラーノ島は静かでまったりできる場所なんだ。だからここで忙しなく過ごす必要はないよ!

また、灯台は絶対に外せない場所だよ!この灯台はまだ動いていて、灯台の形や色が、島の景色と素晴らしいコントラストを作り出しているんだ。

ムラーノ島に水上バスで行く方法

ベネチアの離島ムラーノ島 ムラーノ島の水上バスターミナル

ベネチアからムラーノ島へは水上バス(ベネチアの公共交通機関のフェリー。「ヴァポレット」と呼ばれる)で行けるんだ。

水上バスの利用方法詳細については「ベネチア水上バス・ヴァポレットの乗り方!路線図・チケット・料金まとめ」で読んでほしい。

ムラーノ島の水上バスのターミナルは、

・ ムラーノ・コロンナ(Murano Colonna)
・ ムラーノ・ファロ(Murano Faro)

の2つがあるんだ。2つと言っても歩いて8分の距離なんだけどね。どちらのターミナルで降りても変わらないよ。
各ターミナルの位置は下の地図で見てね。

1.ムラーノ・コロンナ(Murano Colonna) 2.ムラーノ・ファロ(Murano Faro)

ベネチアから上記のムラーノのターミナルには、次の3ヵ所の乗り場から行けるんだ。ホテルの場所によってどこを利用するか決めてね。

下の地図参照
・フォンダメンテ・ノーヴェ(Fondamente Nove):ベネチア歴史地区の北側で、ラグーンに面した水上バスターミナル。下の地図上の①と②
・フェロビア(Ferrovia):サンタルチア駅の目の前の水上バスターミナル。下の地図上の③と④
・ピアッツァーレ・ローマ(Piazzale Roma):ピアッツァーレ・ローマのバス停近くの水上バスターミナル。下の地図上の⑤と⑥

ここで気をつけたいのが、各フェリーターミナルはとても大きくて、同じターミナル内で、路線によって複数の乗り場に分かれているんだ。
それぞれのターミナルについて今から説明していくけど、乗り場の位置についても書いてるからよく読んでね。
ターミナルの各乗り場には、Line番号が載った電光掲示板があるからそれを見て確認すると安心だよ。

まずは下の地図で各ターミナルの位置を確認してね。

1.フォンダメンテ・ノーヴェ 2.フォンダメンテ・ノーヴェ 3.フェローヴィア 4.フェローヴィア 5.ピアッツァーレ・ローマ 6.ピアッツァーレ・ローマ

フォンダメンテ・ノーヴェから乗る場合

フォンダメンテ・ノーヴェ(Fondamente Nove)からムラーノ島に行く場合は、次の方法があるんだ。

地図上の乗り場①:水上バスのLine4.1もしくはLine4.2に乗る
地図上の乗り場②:水上バスLine12もしくはLine13に乗る

Line4.1もしくは4.2に乗った場合は、両方とも10分で ムラーノ・コロンナに着く。
また、Line12もしくは13に乗った場合は、9分で ムラーノ・ファロに行けるんだ。

フェローヴィアから乗る場合

サンタルチア駅目の前のフェローヴィア(Ferrovia)からムラーノ島に行く場合は、次の方法があるんだ。

地図上の乗り場③:水上バスのLine3に乗る
地図上の乗り場④:水上バスLine4.2に乗る

Line3「Diretto Murano(ムラーノ直行)」に乗った場合は、17分で ムラーノ・コロンナに到着だ。ムラーノ・コロンナの後にムラーノ・ファロにも停まるよ。
また、Line4.2でも行けるけど、各停だからLine3よりも遅くなる。

ピアッツァーレ・ローマから乗る場合

ピアッツァーレ・ローマ(Piazzale Roma)からムラーノに行く場合は、次の方法があるんだ。フェロヴィーアから乗る場合と同じLineだよ。

地図上の乗り場⑤:水上バスのLine3に乗る
地図上の乗り場⑥:水上バスLine4.2に乗る

各ラインの説明については、上述の「フェローヴィアから乗る場合」を見てね。

ムラーノ島に自力で行く際の料金は?

ベネチアの離島ムラーノ島 ムラーノ島の街並み

自力で水上バスを利用してムラーノ島に行くんなら、かなり安価に行けるんだ。水上バスの料金はかかるけれど、島には無料で入れるからね。
水上バスの料金は、

・1回乗車券:7.5ユーロ
・24時間乗り放題チケット:20ユーロ

となってる。一回水上バスに乗るごとに7.5ユーロかかるから、ムラーノ島以外にも水上バスを利用したいなら24時間乗り放題のチケットを購入した方が安くなるよ。1回1回チケットを買わなくていいから簡単だしね。

水上バスの乗り方や料金の詳細については、「ベネチア水上バス・ヴァポレットの乗り方!路線図・チケット・料金まとめ」に書いてるから読んでみてね。

また、ムラーノ島と一緒に、周辺のブラーノ島・トルチェッロ島を周遊するなら、「ベネチアのムラーノ島・ブラーノ島・トルチェッロ島を1日で回る!離島巡りの旅」も読んでね。

ムラーノ島に行く現地オプショナルツアーも!

自力で行くのが不安な人や、面倒なことが嫌という人は現地オプショナルツアーを使うのも一つの手だよ。特にその日中に飛行機に乗らないといけないんなら、ツアーの方が安心だ。

日本語ガイド付きツアーならムラーノ・グラスの歴史やガラスアートについての説明も聞けるし、前述のようにガラス工房を見学したり、ガラス作り体験をしたりすることも可能だ。

特にガラス工房を見学して、職人たちの凄腕を近くで見るのは素晴らしい経験になると思うよ。ガラス作りのスペシャリストは「MAESTRO VETRAIO」と呼ばれているんだけど、その名の通り、「ガラス作りの巨匠」という意味なんだ。
そう呼ばれるまでには何年もの月日がかかるんだよ。そんな巨匠のガラス作りを見れたら最高だね!

色んなツアーがあるから、ムラーノ島/ブラーノ島/トルチェッロ島巡り一覧からツアー情報を見てみてね!

まとめ:ベネチア・ムラーノ島はガラス工房の島!ベネチアングラスを堪能しに行こう!

ベネチアの離島ムラーノ島 ムラーノ島の街並み

この記事では「ベネチア・ムラーノ島はガラス工房の島!ベネチアングラスを堪能しに行こう!」について書いたよ。
ムラーノ島はとても個性的な島で、何世紀もの間ガラス作りの技術を守秘してきたんだ。そのおかげでムラーノ・グラス事業が成功しているんだね。

この島の魅惑的な雰囲気は昔からずっとそのままで、静かだけどパワフルだ。ムラーノ島を訪れることによって、この小さな離島がどのように世界中にその名を轟かせているかを、体感することができるだろう。

じゃあ、ベネチアン・グラスの旅を楽しんで!

ムラーノ島と一緒に、周辺のブラーノ島・トルチェッロ島を周遊するなら、ぜひ「ベネチアのムラーノ島・ブラーノ島・トルチェッロ島を1日で回る!離島巡りの旅」を参考にしてね。

この記事が役に立ったなら、ぜひ周りの人にもシェアしてね!
コメントや質問もいつでも待ってるよ!

※この記事に記載の情報は2018年10月執筆時の情報だよ。随時更新するつもりだけど、最新情報については各公式サイトで確認してね。

おすすめ記事

関連記事

Leave A Comment

CAPTCHA