ベネチア観光モデルコース!ベネチア人が教える1日観光プラン

※原文:二コラ 和訳:エナ

「ベネチア観光モデルコース!ベネチア人が教える1日観光プラン」 トップ画像

チャオ!イタリア人トラベラー、ニコラです!

僕が長年住んでいた街、ベネチアは「ベネチアとその潟」として世界遺産に登録されている世界的にも大人気の観光地だ!

もしベネチアにちょっとだけ滞在して、短時間で観光するとしよう・・・うーん、ベネチアには数々の有名な島もあるし、ちゃんと観光するには何週間でも必要なんだよ。

でもそんな君にいいことを教えよう。
限られた時間の中でも、この美しい水の都を楽しむ方法はあるんだ。
サンマルコ広場のような超有名スポットから穴場の小さな広場や小道を見てまわったり、ゴンドラ遊覧だってできる。

この記事ではそんなベネチア観光のモデルコースを紹介しよう。

履きなれたスニーカーを持ってくるように。後できっとこのアドバイスに感謝するだろう。
旅行者たちがとてもハッピーな顔でこの街にやって来て、夜には足の痛みで顔を歪めながら帰って行くを見るのはおもしろいけどね。

力のつく朝ご飯を食べて、歩きやすい靴を履いて、リュックサックか小さなバッグ(重いのはNG!)を持ったら最高の笑顔で出発だ!

ベネチア1日観光モデルコースの地図

①サンタルチア駅 ②サン・ジェレミア教会 ③ゲットー ④ノーヴァ通り ⑤リアルト橋 ⑥リアルト市場 ⑦サンマルコ広場 ⑧サンマルコ寺院 ⑨ドゥカーレ宮殿 ⑩ため息橋 ⑪バチーノ・オルセオロ ⑫カッレ・ラルガXXII マルツォ ⑬アッカデーミア橋 ⑭サンタマルゲリータ広場

このモデルコースは鉄道駅の「サンタルチア駅」を起点としているけれど、鉄道を利用しない人や泊まっているホテルから観光をスタートする方は、それに合わせて出発地点を調整してね。

ベネチアはそんなに交通の便が良くないから、観光の中心地に近いホテルに泊まることをオススメするよ。

ベネチアのおすすめホテルについては「ベネチアのおすすめホテル21選!元ベネチア市民の僕が便利なホテルを紹介します」の記事をご参考に。

車やバイク、自転車はベネチア内を走れないようになっているから、自分の足で歩くか「ヴァポレット」と呼ばれる水上バスを使うしかないんだ。

ヴァポレットを使うつもりなら、1日パスや2日パスがあると便利だよ。
旅行予約サイトのKKdayから日本語で事前購入できる。

ACTVヴァポレットツーリストパス

ヴァポレットの乗り方などの詳細については「ベネチア水上バス・ヴァポレットの乗り方!路線図・チケット・料金まとめ」の記事を参考にしてね。

また街中を水路が走っているから、橋の位置に注意しておかないと無駄に大回りしてしまうことがある。
その点留意してほしい。

余談だけど、この特殊な交通事情からベネチア市民は本当にたくさん歩くし、歩くのがすごく速いんだ!
僕の妻が初めてベネチアに来たときは、僕や友だちの歩くペースが速すぎて着いて行くのが大変だったと言っていたよ(笑)

サンタルチア駅(Stazione di Venezia Santa Lucia)

ベネチア観光 サンタルチア駅(Stazione di Venezia Santa Lucia)

ベネチア観光の一番のスタート地点はサンタルチア駅だろう。
駅に背を向けて目の前の景色を写真におさめてみて。
いつもすごく人が多いけど、ベネチアで一番魅力的な場所の一つだよ。

サンタルチア駅の目の前には水上バスの船着場がある。
ベネチアの全てのヴァポレット(イタリア語で水上バスのこと)はこの船着場に停まるんだ。
だからサンタルチア駅は、ベネチアのラグーンを観光するには最高の出発点なんだよ。

サンタルチア駅周辺のおすすめホテルについては「ベネチア・サンタルチア駅周辺のおすすめホテル10選!イタリア人が厳選しました」の記事にまとめているよ。

サンタルチア駅詳細
名称:サンタルチア駅(Stazione di Venezia Santa Lucia)
住所:Fondamenta Santa Lucia, 20, 30121 Venezia VE / 地図①
所要時間:10~20分
おすすめ度:★★★★

サン・ジェレミア教会(Chiesa di San Geremia)

ベネチア観光 サン・ジェレミア教会(Chiesa di San Geremia)

サンタルチア駅を出たら左に曲がって右手に見える橋は渡らずに、道なりに進もう。

すぐにサン・ジェレミア広場(Campo San Geremia)が見えるから、ちょっと教会の中をのぞいてみて。
聖ルチア(シラクサのルチア)の亡骸がここに安置されていて、とても有名な場所なんだ。

実はここは目が悪い人たちのためのパワースポットになっている。
聖ルチアは拷問によって両目を奪われたけれど、奇跡によって目がなくても見ることができた聖人なんだ。
聖ルチアに祈ってごらん、きっと目が良くなるから!

この場所をちょっと見た後は「最高の自撮り」を撮るのにぴったりな建物や橋が目に入ると思う。
どこでもいいから写真を撮ってみてね。この周辺はどこを切り取っても絵になるから!

サン・ジェレミア教会詳細
名称:サン・ジェレミア教会(Chiesa di San Geremia)
住所:Campo San Geremia, 334, 30121 Venezia VE / 地図②
営業時間:月~日曜9:30~13:00、14:00~17:00(火曜は午後のみ)
入場料:無料
所要時間:15~30分
おすすめ度:★★★
公式サイト:https://www.santuariodilucia.it/en/home-en/

新ゲットー(Ghetto Nuovo)

ベネチア観光 新ゲットー(Ghetto Nuovo)

この新ゲットーには多くのユダヤ人たちが住んでいて、ベネチアではユニークな場所だ。
ユダヤ人の伝統・文化に関連するお店や食料品店、博物館、本屋、アートギャラリー、レストランなどをたくさん見ることができるよ。

新ゲットーには長いユダヤ人文化の歴史があって、第二次世界大戦のときは残念ながらすごく悲しい場所になったよ。
今もまだその雰囲気が感じ取れると思う。

でも僕たちベネチア人にとって、このGhetto Nuovoはとても興味深い場所なんだ。
だってこの場所はベネチアという島の中にある、もう一つの島みたいに感じるからさ。

ここを見逃しちゃダメだよ・・・景色を楽しみながら歩いてね。

ベネチア観光 新ゲットー(Ghetto Nuovo)

こんなかわいい猫にも会えるかも?

もし時間に余裕があるなら、ユダヤ博物館に立ち寄るといいよ。

小さいけれど個性的な博物館で、ベネチアのユダヤ人の文化や歴史についてよく知ることができる場所だ。

新ゲットー詳細
名称:新ゲットー(Ghetto Nuovo)
住所:Campo di Ghetto Nuovo, 30121 Venezia VE / 地図③
所要時間:20~30分
おすすめ度:★★★★

ノーヴァ通り(Strada Nova)沿いを歩く

ベネチア観光 ノーヴァ通り(Strada Nova)

ノーヴァ通り(Strada Nova)はベネチアの「ハイウェイ」だ!
ノーヴァ通りはサンタルチア駅から街の中心地に向かうための近道なんだよ。

このノーヴァ通りでは、欲しい物はなんでも見つかるだろう。
お店、ジェラート店からマクドナルドまで!(もし時短で食べないといけないなら)

ノーヴァ通りでは誰が旅行者で誰が地元民か明らかだ。
旅行者たちは写真を撮ってしゃべりながらゆっくり歩いて、数多くの誘惑に負けて道に迷ったりしてるからね。

ベネチア人は違うよ!僕らはこのハイウェイであるノーヴァ通りを歩く、いやハイスピードで走るんだ・・・みんな急いでるときにこの近道を使うからね!

ベネチア観光 ノーヴァ通り(Strada Nova)

ノーヴァ通りにあるサンタソフィア教会。住宅で教会への道がふさがれてるように見えるけど、教会に行く通路はちゃんと確保されてるんだよ!

ノーヴァ通り詳細
名称:ノーヴァ通り(Strada Nova)
住所:Strada Nova, 30100 Venezia VE / 地図④
所要時間:20~30分
おすすめ度:★★★

リアルト橋(Ponte di Rialto)

ベネチア観光 リアルト橋(Ponte di Rialto)

このリアルト橋は世界でも最も有名な橋の一つだろう。
みんなこの橋について十分知ってると思うから、僕から言うことはそんなにない。

この橋の周りならどこでも、シャッターを切って笑顔を振りまきたくなるだろう・・・そしてお金もね!

そう、この場所でお土産を買うのは本当におすすめしないよ!
だってこの有名な「リアルト」にいるんだから、他の場所よりもお高いんだ。

ただ一つ付け加えるとしたら、もし特別なお土産を買いたいならリアルト橋はぴったりの場所だということ。
橋の上に立つお店の多くがゴールドやジュエリーを扱う専門店なんだ。

ちなみに下記の現地ツアーで、日本語ガイドと一緒にリアルト橋周辺の2軒のバーカロ(ベネチア名物の立ち飲み居酒屋)をはしごできるよ。

日本語ガイドとゆく!ベネチアの居酒屋「バカロ」巡りicon

リアルト橋詳細
名称:リアルト橋(Ponte di Rialto)
住所:Sestiere San Polo, 30125 Venezia VE / 地図⑤
所要時間:15~30分
おすすめ度:★★★★★

リアルト市場(Mercato di Rialto)

ベネチア観光 エルベリア広場(Campo Erberia)

もしタイトなスケジュールの中でまだ時間に余裕があるなら、橋を渡ってベネチアで一番人気のオープンマーケットを見てごらん。

ここでは魚介類、フルーツ、野菜とか地元の人が必要なものはなんでもそろってるんだ。

値段はとても良心的でどれも新鮮だよ。
地元の人々、飛び交うベネチア弁、匂い、歴史などを全て体感できるだろう・・・ベネチアの下町の雰囲気を知るいい場所だ。

ちなみに僕はベネチアに住んでいた頃、ほぼ毎週末ここで魚を買っていたよ。

誠実な料金でストリートフードを買うこともできる。

ベネチア観光 エルベリア広場(Campo Erberia)

鮮魚市場

リアルト市場詳細
名称:リアルト市場(Mercato di Rialto)
住所:Campo de la Pescheria, 30125 Venezia VE / 地図⑥
営業時間:鮮魚市場は火~土7:00頃~12:00頃、青果市場は月~土7:00頃~15:30頃
所要時間:20~30分
おすすめ度:★★★

サンマルコ広場(Piazza San Marco)

ベネチア観光 サンマルコ広場(Piazza San Marco)

うーん、サンマルコ広場を紹介するのって、日本で寿司を紹介するようなものだね。

ポストカードや映画とかで一度は見たことがあると思うけど、君たちが想像しているよりもずっと素晴らしい場所だよ。

サンマルコ広場に入ったら笑顔にならざるを得ないだろう。その美しさと大きさにしびれること間違いなしだ。
つまらなかったって人がいたらぜひ教えて欲しい・・・リアクションを待ってるよ!

ただ広場内のカフェのテラス席に座るのは気を付けて。
このロケーションといつもやってるライブ演奏のために、かなり高い特別チャージがかかることがあるんだ。

サンマルコ広場のカフェに座ってコーヒーやジェラートを味わうのは素敵な体験だけど、予算が少ないなら注意した方がいいだろう。

もし予算がたっぷりあるなら、ぜひここで世界遺産の広場を眺めながら本物のミュージシャンによる生演奏を堪能してね!

ちなみに現地オプショナルツアーを利用すれば、サンマルコ広場やその周辺を効率的かつ簡単に観光できるよ。
日本人に人気のおすすめツアーはこちら。

サンマルコ寺院&ドゥカーレ宮殿入場+ゴンドラ遊覧<日本語>icon

このツアーには次のものが含まれている。

・サンマルコ寺院入場
・ドゥカーレ宮殿入場
・ゴンドラ遊覧
・日本語ガイド

内容のわりに料金はリーズナブルだから、コスパ高いよ。
半日ツアーだから滞在時間が少ない人に特にオススメ。短時間で濃い観光ができること間違いなしだ!!

サンマルコ寺院とドゥカーレ宮殿のチケットも含まれているから、自分でチケットを買う手間も省ける。

ベネチア観光 サンマルコ広場(Piazza San Marco)のカフェ

サンマルコ広場のカフェ。ミュージシャンの生演奏を聴きながらコーヒーでも飲んだら、最高の気分になるよ!(お高いけどね)

多くの友達にサンマルコ広場周辺のおすすめホテルが知りたいと言われたから、ついにこの記事を書いたよ!

ベネチアのサンマルコ広場・リアルト橋周辺のおすすめホテル10選!観光に便利!

高級ホテルからリーズナブルな宿まで、幅広く紹介している。
サンマルコ広場周辺でホテルを探しているなら、ぜひ参考にしてね。

サンマルコ広場詳細
名称:サンマルコ広場(Piazza San Marco)
住所:Piazza San Marco, 30124 Venezia VE / 地図⑦
入場料:無料
所要時間:30~60分
おすすめ度:★★★★★

サンマルコ寺院(Basilica San Marco)

ベネチア観光 サンマルコ寺院(Basilica San Marco)

サンマルコ寺院はサンマルコ広場にある壮麗な寺院だ。この寺院の美しさは言葉で言い表せないよ。

サンマルコ寺院はベネチアで最も重要かつ貴重な寺院だ。
ぜひともサンマルコ寺院を背景に写真撮影してきてね!MUST DOだよ!

寺院の中を見学するにはチケットが必要だ。
また寺院内の宝石がちりばめられた祭壇画「パラ・ドーロ」の見学や、2階の博物館、サンマルコ広場を見渡せるテラス「ロッジア・デイ・カヴァッリ」の入場にはそれぞれチケットが必要になる。

全部見て回るとかなり時間がかかるから、あまり時間が無い人は寺院だけ見るといいだろう。

現地の窓口でチケットを買うこともできるけれど、オンラインチケットだと優先入場になるからネットで買うことをオススメするよ。
大人気スポットのため、繁忙期には1時間ぐらい並ぶこともあるからね。

ちなみにこのサンマルコ広場周辺を回るツアーにはサンマルコ寺院の入場チケットも含まれていて、ガイドと一緒だから効率的に観光できる。

サンマルコ寺院&ドゥカーレ宮殿入場+ゴンドラ遊覧<日本語>icon

またサンマルコ寺院からすぐの場所には、赤レンガ造りの寺院の鐘楼(ベルタワー)がある。
ベネチアで一番背の高い建物で、その高さは99m。

塔の上から素晴らしい360度のパノラマを見れるから、ぜひ上ってみてね!
ベネチアの景観や運河を一望できる絶景スポットだよ!

ベネチア観光 サンマルコ寺院(Basilica San Marco)の内観

建物の内部もまるで芸術作品のような美しさ!

サンマルコ寺院詳細
名称:サンマルコ寺院(Basilica San Marco)
住所:San Marco 328, 30124 Venice / 地図⑧
寺院の営業時間:月~土9:30~17:15、日祝14:00~17:15
※イベントやミサの都合で営業時間が変わる場合あり
※最終入場は30分前まで
入場料:オンライン購入の場合は優先入場になる
>サンマルコ寺院:オンライン6ユーロ、現地窓口3ユーロ
>サンマルコ寺院+パラ・ドーロ:12ユーロ、現地窓口5ユーロ
>サンマルコ寺院+博物館+ロッジア・デイ・カヴァッリ:オンライン15ユーロ
>すべて(寺院+博物館+パラ・ドーロ+ロッジア・デイ・カヴァッリ):オンライン20ユーロ
>ベルタワー(鐘楼):12ユーロ
所要時間:20~90分
おすすめ度:★★★★★
公式サイト:http://www.basilicasanmarco.it

ドゥカーレ宮殿(Palazzo Ducale)

ベネチア観光 ドゥカーレ宮殿(Palazzo Ducale)

この世界遺産のドゥカーレ宮殿はベネチアで一番重要な場所で、ベネチアンゴシック建築の傑作だ。

この建物はかつてのベネチア共和国の督邸兼政庁 だった。
正面から見れば、その大きさとここから見える素晴らしい景観に鳥肌が立つだろう。

もし時間があるなら入場して、かつてのベネチアの雰囲気や伝統を体感してほしい。

最大の見どころは長さ53メートル、幅25メートルという圧倒的なサイズの「大評議会の間」だ。
ティントレットによる世界最大級の油絵もここに飾れている。
また後述の「ため息橋」を渡ってかつての牢獄を見学することもできるよ。

「サンマルコ広場ミュージアムチケット」というサンマルコ広場の博物館の共通チケットで入場可能だ。
ドゥカーレ宮殿単体のチケットもあるけどガイドツアーのみだから、上述の共通チケットより高くなる。

サンマルコ広場ミュージアムチケットはベルトラやKlookから購入可能だ。
ベルトラは公式と1ユーロしか変わらないから、日本語で購入できることを考慮するといい選択肢だろう。

ベルトラ ドゥカーレ宮殿 優先入場チケット事前予約icon
Klook ドゥカーレ宮殿 入場チケット

Klookはこの友だち紹介ページから会員登録すると、500円分の割引クーポンをもらえるからお得だ。

またこのサンマルコ広場周辺を回るツアーには、ドゥカーレ宮殿の入場チケットも含まれているよ。

サンマルコ寺院&ドゥカーレ宮殿入場+ゴンドラ遊覧<日本語>icon

ドゥカーレ宮殿詳細
名称:ドゥカーレ宮殿(Palazzo Ducale)
住所:San Marco 1, 30124 Venezia / 地図⑨
営業時間:11/1~3/31 9:00~18:00、4/1~10/31 9:00~19:00
※23/12/8~24/1/6の金土は21:00まで営業
※最終入場は1時間前まで
入場料:サンマルコ広場ミュージアムチケット 30ユーロ(オンライン予約かつ30日以上前の予約は25ユーロ)
※入場箇所:ドゥカーレ宮殿、ため息橋、コッレール美術館、考古学博物館、マルチャーナ国立図書館
チケット購入:ベルトラiconKlook
所要時間:10~20分(外観のみ)、1.5~2時間(中の見学)
おすすめ度:★★★★★
公式サイト:https://palazzoducale.visitmuve.it/en/home/

ため息橋(Ponte dei Sospiri (Bridge of Sighs))

ベネチア観光 ため息橋(Ponte dei Sospiri (Bridge of Sighs))

たとえ時間がなくても、この有名なため息橋(Ponte dei Sospiri (Bridge of Sighs))の前で写真を撮るのを忘れちゃだめだよ!

ドゥカーレ宮殿と対岸の牢獄をつなぐ橋で、ドゥカーレ宮殿を入場見学するとこの橋を渡ることができる。

かつて、この橋からの眺めは囚人が投獄される前に見る最後の景色だったんだ。
そこで囚人がため息をついたからこの名前になったんだよ。

ため息橋詳細
名称:ため息橋(Ponte dei Sospiri) / 地図⑩
住所:San Marco 1, 30124 Venezia
所要時間:10~20分
おすすめ度:★★★★

バチーノ・オルセオロ(Bacino Orseolo)でゴンドラ遊覧

ベネチア観光 バチーノ・オルセオロ(Bacino Orseolo)

ベネチアは水路とゴンドラの街として有名だよね。水路を渡りながら街を楽しみたいって?

それならせっせと働くイケメンがいる、ゴンドラの旅が一番の方法だろう(男子たちには悪いけど、たいてい運転手はイケメンなんだ)。

ゴンドラに乗れる場所はたくさんある。一番有名で、混んでるけど便利な場所はこのバチーノ・オルセオロだ。
この場所はサンマルコ広場のちょうど裏側にある。

ここに来ると、数多くの「ゴンドリエーリ(ゴンドラをこぐ人)」たちが声をかけてくるだろう。
ここで低予算の旅行者に裏ワザを教えよう。

周りにいる旅行者に、相乗りしないか聞いてごらん。割り勘で安くできるから。
ゴンドラに4-6人で乗るのは普通だから、恥ずかしがらずに周りの人に聞いてみて・・・Let’s share!

ちなみに現地ツアー専門予約サイトのベルトラから、日本語でゴンドラ乗船を予約することもできる。

ベネチアのゴンドラツアー一覧icon

生演奏を聴きながらゴンドラの旅を楽しめるセレナーデ付きプランもあるよ。

ゴンドラ遊覧ツアー セレナーデ生演奏&ヴェネチアンマスク付プランやディナー付プランあり<混載/英語/選べる乗船時間>icon

バチーノ・オルセオロ詳細
名称:バチーノ・オルセオロ(Bacino Orseolo)
住所:Bacino Orseolo, 30124 Venezia / 地図⑪
営業時間:
>4月~10月:約9:30~20:00
>11月~3月:約9:30~19:00
ゴンドラ遊覧料金:80~100ユーロ
所要時間:30分
おすすめ度:★★★★★

カッレ・ラルガXXII マルツォ(Calle Larga XXII Marzo)

ベネチア観光 バチーノ・オルセオロ(Bacino Orseolo)のDOLCE & GABBANA

グッチが欲しい?シャネル?それともヴィトンやプラダ、それとも・・・。
次の目的地に行く途中で、無数の高級ブランドショップが立ち並んでるはずだ。

このカッレ・ラルガXXII マルツォという通りにはベネチアの中で、NYの5番街や東京の銀座に等しい場所だ。

買い物もいいし、ただ次の目的地に行くのに通り抜けるだけでもいいだろう。楽しんで!

ちなみにこの通りすぐ近くには有名な歌劇場「フェニーチェ劇場icon」もある。
興味と時間があれば立ち寄ってみてね。

ベネチア観光 バチーノ・オルセオロ(Bacino Orseolo)のPRADA

イタリアブランドのプラダ。免税でお買い得になるよ!

ベネチア観光 バチーノ・オルセオロ(Bacino Orseolo)のボッテガヴェネタ

ボッテガヴェネタ。こちらもイタリアブランド。

ベネチア観光 バチーノ・オルセオロ(Bacino Orseolo)のシャネル

シャネル

カッレ・ラルガXXII マルツォ通り詳細
名称:カッレ・ラルガXXII マルツォ(Calle Larga XXII Marzo) 通り
住所:Calle Larga XXII Marzo, 30124 Venezia / 地図⑫
所要時間:15~30分
おすすめ度:★★★★★