ベネチアからフィレンツェの移動は鉄道が一番?ベネチア人が教える交通ガイド!

※原文:二コラ 和訳:エナ

「ベネチアからフィレンツェの移動は鉄道が一番?ベネチア人が教える交通ガイド!」 トップ画像

チャオ!二コラです!僕の故郷、ベネチアにようこそ!
今ベネチアにいて、これからフィレンツェに移動したいって?それなら鉄道がとても速くて、一番賢い方法だよ。

ベネチアからフィレンツェに行く電車はトレニタリア(Trenitalia 、ほぼ国鉄)イタロ(Italo、私鉄)の2つの会社が運行してる。毎日、朝早くから夜遅くまで、30本以上も運行されてるんだよ。
結論から言うとイタロの方がオススメだけど、その理由についてはこの記事を読めばわかると思う。

この記事では、ベネチア出身の僕が、ベネチアからフィレンツェに行く鉄道の詳細や乗り方、チケットの料金、チケットの購入方法などについて説明するね!
チケットを日本語で予約する方法も書いてるから、見逃さないで!!

ベネチアの関連記事はこちら↓↓

イタリアの旅行術の記事はこちら↓↓

ベネチアからフィレンツェに行く電車の概要

冒頭で話したように、ベネチアからフィレンツェに行く電車は次の二つの会社が運行してるんだ。

・トレニタリア(Trenitalia)
・イタロ(Italo)

どちらの鉄道会社でも、ベネチアからフィレンツェに行く電車は多くが直通なんだ。
直通の高速電車は2時間ほどでフィレンツェに着くんだけど、普通列車ならもっと遅いし、しかも途中で乗り換えしないといけない場合もあるんだ。

また、ベネチアのサンタルチア駅(Santa Lucia station)メストレ駅(Mestre station)から出てるフィレンツェ行きの高速電車は全て、フィレンツェの中心地にあるサンタ・マリア・ノヴェッラ駅(Santa Maria Novella station)に着くことになってるよ。

次のセクションから、トレニタリアとイタロについてそれぞれ詳しく説明していくけど、先にまとめるとこんな感じさ。

トレニタリア(Trenitalia) イタロ(Italo)
所要時間 ・直通の高速列車:2時間05分
・普通列車、快速列車(最低1回の乗り換え):3~5時間
2時間05分(高速列車のみ運行)
発車駅 サンタルチア駅、メストレ駅 サンタルチア駅、メストレ駅
運行間隔 高速列車は1時間ごと 1~2時間ごと(時間帯による)
料金 ・高速列車スタンダード席:50ユーロ~
(早割やキャンペーン時は30ユーロ~)
・スタンダード席:35ユーロ~(早割やキャンペーン時は18.90ユーロ~)

トレニタリアのベネチアからフィレンツェに行く電車

ベネチアからフィレンツェに行く電車 トレニタリア(Treitalia)のフレッチャロッサ(FRECCIAROSSA)

トレニタリア(Treitalia)は日本で言うとJRのようなイメージ。もともとは国鉄だったけど今は民営化されてるよ。

トレニタリアでベネチアからフィレンツェに行くなら、下記のようなたくさんの選択肢がある。

・高速列車:フレッチャロッサ(FRECCIAROSSA)、フレッチャアルジェント(FRECCIARGENTO)という2種類の列車。一番速くてオススメ。
・普通列車:Local Train(イタリア語Regionale
・特急の普通列車:Express Local Train(イタリア語Regionale Veloce
・快速列車:Intercity Train(イタリア語もIntercity

一番速いのはフレッチャロッサ(FRECCIAROSSA、和訳:赤い矢)もしくはフレッチャアルジェント(FRECCIARGENTO、和訳:銀の矢)という名前の高速列車に乗ることだ。日本で言う新幹線のような列車だよ。

これらの高速列車なら、フィレンツェまでは2時間ぐらいで、乗り換えも必要ないんだ。チケットの料金はだいたい50ユーロ~だよ。
フリーWi-FIもついてるんだ。

トレニタリアならこのフレッチャロッサとフレッチャルジェントに乗るのが一番オススメの方法だよ。簡単で速くて、信頼もできる。

もし時間に余裕があってお金を節約したいって言うんなら、普通列車や普通列車の特急、インターシティ電車(Intercity train、快速電車)を選ぶのも一つの方法だよ。これらの列車に乗るなら、最低1回は乗り換えが必要で、フィレンツェまで3~5時間ぐらいかかるけどね。これもアドベンチャーっぽくていいだろ?

イタロのベネチアからフィレンツェに行く電車

ベネチアからフィレンツェに行く電車 イタロ(Italo)の列車

トレニタリアで満足できないって?ご心配なく。とても機能的でよく整備された私鉄、イタロ(Italo)で行くっていう手もあるよ。イタロは主なイタリアの都市間を運行してるんだ。

イタロのベネチアからフィレンツェ行き列車は一種類しかないから、どの列車にするか頭を悩ませる必要はないよ。それは、高速列車だ!
フィレンツェまで2時間でひとっ飛びさ!!

イタロはチケットの料金がとても柔軟で、チケットを買う時期によっては早割や特別キャンペーンでとてもお得になる場合があるんだ。
普通席の料金は22~50ユーロまで様々で、前もってチケットを買っておくとかなり安くなるよ。さあ、みんな今のうちに早割チケットを買うんだ!

ベネチアからフィレンツェに行く鉄道のチケット料金詳細

ここでは前のセクションで話した電車のチケット料金について、より詳しく説明していくね!

トレニタリアのチケット料金詳細

ベネチアからフィレンツェに行く電車 トレニタリアのチケット画像

前述のように、トレニタリアでベネチアからフィレンツェに行くにはたくさんの選択肢がある。一番速いのは高速列車のフレッチャロッサとフレッチャアルジェントで、遅い電車は普通列車、普通列車の特急、インターシティ列車(快速列車)だ。

値段についてまとめると次のようになる。

・高速列車フレッチャロッサ・フレッチャアルジェント:普通席は通常50ユーロ~(早割・キャンペーン時35ユーロ~)
・普通列車、特急の普通列車、インターシティ:20~40ユーロ

フレッチャロッサとフレッチャアルジェントはたいてい50ユーロ~だけど、早割や特別キャンペーンで35ユーロぐらいになることもあるんだ。アップグレード席にするなら値段が上がるけどね。
朝から夜まで1時間ごとに運行されてるからとても便利だし簡単だね。

普通列車については、料金が20-40ユーロぐらいで、最低1回の乗り換えが必要だ。
もしベネチア~フィレンツェ間の途中の町で降りる予定が無いなら、正直普通列車はオススメしないよ。

参考として、下の画像がトレニタリア公式サイト上のベネチア(サンタルチア駅)→フィレンツェ(サンタ・マリア・ノヴェッラ駅)行きの検索結果だよ。ここには全ての種類の列車が載ってる。

おさらいだけど、Regionale:普通列車、Regionale Veloce:特急の普通列車、Intercity:快速列車だ。普通列車は安い分、フィレンツェまでかなり時間がかかるね。Durationの欄が所要時間で、時間の下に書かれててるChanges:2とかの数字は何回乗り換えが必要かってことが示されてるんだ。

ベネチアからフィレンツェに行く電車 トレニタリアの時刻表と旅程

また、下の画像はフレッチャロッサとフレッチャアルジェントのみの検索結果だ。時間帯によって値段が全然違うね。

ベネチアからフィレンツェに行く電車 トレニタリア高速列車の時刻表と旅程

イタロのチケット料金詳細

ベネチアからフィレンツェに行く電車 イタロのチケット画像

イタロは早割やキャンペーン中なら、トレニタリアよりも全然安くなる。なんとスタンダード席(イタロでの表示はEconomy)が18.90ユーロぐらいになることも!!ただ、割引料金で買うにはネットで予約しないといけないんだ・・・でもそんなに安いなら喜んでネット予約するよね。
ちなみに、スタンダード席より下のクラスのローコスト席ならもっと14.90の時もあるけど、キャンセル・変更時の条件とかが変わってくるんだ。

スタンダード席は早割・キャンペーンじゃなければ35ユーロ~だ。でもイタロの列車がとても速くて、清潔で、モダンで時間通りにくることを考えたら、全然安いよね。これ以上安くなんて望めないよ。

イタロも普通席以外のアップグレード席があるんだ。コンフォート席・プリマ席とかね。アップグレードオプションを選ぶと、より良いサービスとより快適な旅が提供される。ただ上述の値段よりも高くなるけどね。

この高速列車は朝から夜まで1~2時間ごとの運行で、スケジュールによるんだ。運行間隔について言えば、トレニタリアの方が頻繁に運行されてるから便利だね。

下の画像がイタロの公式サイト上の時刻・料金検索結果だよ。トレニタリアより見やすいね。日にちや時刻によって値段が全然変わるみたいだ。

ベネチアからフィレンツェに行く電車 イタロの時刻表と旅程

ベネチアからフィレンツェ行き電車のチケット購入方法

トレニタリアもイタロも、ベネチアのサンタルチア駅か、もしくはネットで予約することができるんだ。日本語で購入する方法も含めて説明していくね!

トレニタリアのチケット購入方法

トレニタリアのチケット購入方法は次の4つの方法があるんだ。

1. サンタルチア駅で購入する
2. イタリアの各鉄道駅の自動券売機から購入する
3. 公式サイトからネット予約する
4. レイルヨーロッパから日本語で予約する

オススメなのは公式サイト、もしくはレイルヨーロッパからネットで購入する方法だ。ネット予約の方が安い場合が多いし、レイルヨーロッパだと日本語で簡単だしね。

1. サンタルチア駅で購入する

ベネチアからフィレンツェに行く電車 トレニタリアのチケットオフィス

サンタルチア駅構内にあるトレニタリアのチケットオフィスに行ったら、カウンターの係り員からチケットを購入することができるんだ。係り員は親切に購入のアドバイスもしてくれるだろう。

でも、ベネチアは観光客に大人気な街だから、チケットカウンターで並ばないといけない場合もあるって知っててほしい。
だから早めに駅に行った方がいいよ。でも割引がないから、カウンターで買うのはあまりオススメしない。

2. イタリアの各鉄道駅の自動券売機から購入する

ベネチアからフィレンツェに行く電車 トレニタリアの自動券売機

イタリアの各鉄道駅には自動券売機があるから、券売機でフィレンツェ行きのチケットを買うこともできるんだ。自動券売機の言語はイタリア語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、中国語の表示も可能だよ。

券売機での買い方は簡単で、画面に従って買えばいいんだけど、上のどの言語にも自信がないならサンタルチア駅のチケットカウンターに行った方がいいと思うよ。
こちらも割引はないから、あまりオススメはしないかな。

3. 公式サイトからネット予約する

ベネチアからフィレンツェに行く電車 トレニタリアのチケット予約ページ

早くて楽なのは公式サイトからネット予約する方法だ。この方法なら前もって都合のいい電車のチケットを買うことができて、また早割やキャンペーンでとても安くなる場合がある。

トレニタリアのネット予約はメールアドレスを登録して、ログインする必要があるんだ。ログインしたらスマホでいつでもログインして、予約画面の確認ができるからE-ticketをプリントアウトできない環境でも安心だね。まあ、念の為にチケットのプリントアウトをしておいた方がいいとは思うけど。

公式サイトでの購入の際は、言語はイタリア語、英語、フランス語、ドイツ語、中国語の表示が可能だよ。departure(出発地)に「VENEZIA」を記載して、arrival(到着地)に「FIRENZE」って入力してね。イタリア語の地名を入力しないとダメなんだ。

4. レイルヨーロッパから日本語で予約する

言語がわからなくて不安な場合は、レイルヨーロッパっていうヨーロッパの鉄道予約サイトから、日本語で購入することもできるよ。
日本語の電話サポートもあるから安心だね。

フランスとスイスの合弁会社が運営してるから、ヨーロッパの各鉄道会社と連動した価格で購入することができる。日本語で購入できる分、多少の予約手数料がかかるから少し割高にはなるけど。

注文1回につき手数料がかかるから、複数チケットを買うなら同時に購入すると安くつくよ。
また、定期的に割引キャンペーンを実施してるから、キャンペーンで割安になることもある。

ベネチアからフィレンツェに行く場合は、「鉄道チケット予約」のタブの出発地に「ヴェネツィア」を、目的地に「フィレンツェ」を入力してね。

ベネチアからフィレンツェに行く電車 レイルヨーロッパの予約ページ

レイルヨーロッパだと、トレニタリア高速列車のチケットはメストレ駅出発のチケットのみの取り扱いみたいだ。
イタロだとサンタルチア駅発とメストレ駅発の両方のチケットが買えるよ。

下の画像の「VENEZIA S LUCIA」がサンタルチア駅、「FIRENZE S M N」がサンタ・マリア・ノヴェッラ駅のことだ。例えば一番下のトレニタリアのインターシティ(快速列車)だと、中心地のサンタ・マリア・ノヴェッラ駅じゃなくて隣のRIFREDI(リフレディ)駅の到着になる。
だから、発車駅・到着駅の両方を注意して見た方がいいよ。

ベネチアからフィレンツェに行く電車 レイルヨーロッパの予約ページ

チケットの受け取りは次の3種類の方法から選択できるけど、列車によっては選択肢が限られることもあるんだ。

・電子チケット(TOD):現地の駅の端末で予約番号を入力してチケットを印刷する(無料)。
・電子チケット(Print@Home):送られてくる電子チケットを印刷して、それをチケットとして使う(無料)。
・宅配便で郵送してもらう:宅配便でチケットを送ってもらう。送料1,500円

イタロのチケット購入方法

イタロのチケット購入方法は次の通りだ。

1. サンタルチア駅で購入する
2. 公式サイトからネット予約する
3. レイルヨーロッパから日本語で予約する

イタロもオススメするのは公式サイト、もしくはレイルヨーロッパからのネット予約だよ。トレニタリアと同じで、ネットの方が安くなるんだ。

1. サンタルチア駅で購入する

サンタルチア駅内にあるイタロのチケットオフィスで係り員からチケットを買うことができるよ。また、チケットオフィス内には自動券売機があるから券売機で買うことも可能だ。カウンターで買う場合も券売機で買う場合も、とても簡単だ。どちらの場合も係り員がきっちりサポートしてくれるよ。

2. 公式サイトからネット予約する

ベネチアからフィレンツェに行く電車 イタロのチケット予約ページ

トレニタリアと同じように、公式サイトのネット予約が速くて簡単だ。イタリア語と英語で表示できるけど、もし言語が苦手ならチケットカウンターの方がいいかもね。

こちらも前もってネット予約することによって、かなり安くなる場合が多いよ。

レイルヨーロッパから日本語で予約する

イタロもレイルヨーロッパから日本語でネット購入することが可能だ。レイルヨーロッパから購入する場合の詳細については「トレニタリアのチケット購入方法→レイルヨーロッパから日本語で予約する」の欄で説明してるよ。

電車の乗り方

ここでは、チケット購入後の電車の乗り方について紹介していくね。

トレニタリアの電車の乗り方・打刻に注意!

トレニタリアの場合は、チケットオフィスや券売機でチケットを購入した場合と、ネット予約した場合で乗り方が変わってくるんだ。

チケットオフィス・自動券売機でチケットを購入した場合

もしチケットオフィスや自動券売機でチケットを購入したんなら、電車に乗る前に打刻をしないといけないんだ。駅構内やプラットフォームの手前あたりに、たくさんの打刻機が目に入るはずだよ。この打刻機にチケットを差し込んで打刻すればOKさ。

注意したいのが、もし打刻を忘れてしまうと、チケットの検査があった際に罰金を取られてしまうんだ。こんなことで旅を台無しにしたくないだろ?必ず打刻をしておこう!

ベネチアからフィレンツェに行く電車 トレニタリアの打刻機

チケットをネットで購入した場合

チケットをネット予約した場合は、打刻の必要はないんだ。ただ電子チケットをプリントアウトしておいて。

電子チケットは予約番号や電車の時刻、旅程が書いてあるから、打刻せずにただプラットフォームに行って電車に乗ればいいんだ。

イタロの電車の乗り方

イタロのチケットは全て乗る電車の時刻が決まってるから、打刻の必要がないんだ。購入したらただプラットフォームに行って、電車に乗ればいいだけさ。

電車の施設について

イタリア スナックの自動販売機

このセクションではトレニタリアの高速列車(フレッチャロッサとフレッチャアルジェント)と、イタロの列車の施設についてまとめてるよ。

言うまでもなく、どの列車もトイレ・Wi-Fiは付いてるんだ。テーブルはイタロの列車には必ず付いてて、トレニタリアは列車によるかな。

そしてどの列車でも、食べ物を購入することができるんだ。イタロの列車内には自動販売機があるから、もし必要であればスナックや水、おいしいイタリアンコーヒーも手に入れることができる。

トレニタリアの フレッチャロッサとフレッチャアルジェントは、係り員に声をかけて軽食や飲み物を購入することができるんだ。

でも、列車内の飲み物とかって割高なことが多いから、乗る前に飲み物ぐらいは用意しておいた方がいいかもね。

トレニタリアとイタロどちらがよりオススメ?

ベネチア サンタマルコ広場の画像

僕はイタリア人だから、今までトレニタリアもイタロも、何回も利用したことがあるんだ。
どちらの電車も速くてサービスも良いけど、イタロの方がより快適でモダンだし、何より早割でめちゃくちゃ安くなることがあるから、イタロの方がオススメだよ。

イタロは私鉄だけど、サービスが素晴らしいから、イタリアではすごい速さで成長してる会社なんだ。
ベネチアからフィレンツェ間のどこかの駅で降りる必要がないなら、僕は断然イタロ派だよ。
鉄道の旅は簡単でシンプルなのが一番だからね!

まとめ:ベネチアからフィレンツェの移動は鉄道が一番?ベネチア人が教える交通ガイド!

この記事では「ベネチアからフィレンツェの移動は鉄道が一番?ベネチア人が教える交通ガイド!」について書いたよ。

ベネチアからフィレンツェの鉄道での行き方について、少しはわかってもらえたかな?
ちなみにフィレンツェのホテルについてはフィレンツェのホテルランキングを参考にしてみてね。

それじゃあ、鉄道の旅を楽しんで!チャオチャオ!

ベネチアの関連記事はこちら↓↓

※この記事に記載の情報は2018年7月執筆時の情報だよ。随時更新するつもりだけど、最新情報については各公式サイトで確認してね!

イタリア旅行の記事はこちら↓↓

By |2018-10-22T09:36:27+00:007月 23rd, 2018|Categories: イタリア観光, ヨーロッパ旅行|Tags: , |0 Comments

おすすめ記事

関連記事

Leave A Comment

CAPTCHA