イタリア旅行で注意すべきこと!英語は通じる?治安・スリなど危険は?

※原文:二コラ 和訳:エナ

イタリア旅行 「イタリア旅行で注意すべきこと!英語は通じる?治安・スリなど危険は?」 トップ画像

チャオ!ベネチア出身の二コラです!
「日本に行くなら地震、台風、火山、サムライに気をつけて!」 これは僕が日本に来る前に、ママに言われた言葉さ。

日本でも皆が僕にこう聞いてくるんだ。「イタリアってすごく治安悪いの?マフィア、スリ、盗難、犯罪とか多いんでしょ?交通機関はいつも遅れて、トイレはすごく汚いんだよね?」

ハハハ、イタリアに対してすごい偏見と心配があるみたいだね。でも危険なんて世界中のどこにでもあるんだし、他の国と比べてイタリアが特に治安が悪いとは思わないよ。
まあ確かにイタリアを旅行するにあたって、少し注意すべきことや、気をつけたいマナーとかはあるけどね。

この記事ではベネチア出身の僕が、イタリア旅行で注意すべきことをまとめてみたんだ。
気になる治安・スリなどの危険性安全に旅行する方法や、英語は通じるかどうかなどについても書いてる。ぜひこの記事を読んで安全な旅をしてきてね!

イタリアを旅行する際のコツ・旅行術については「イタリア旅行の準備編!チップ、服装マナーや両替など現地人が教える旅行術」で書いてる。イタリア出身の僕ならではのマル秘情報がたくさん詰まってるから、ぜひ参考にしてね!

イタリア旅行ではスリ、盗難などに注意!

イタリア旅行 注意すべきこと スリ

イタリアには毎年何百万人もの旅行者が訪れるような、観光客に大人気の都市がたくさんあるんだ。
そんな観光客であふれたエリアは、スリや盗みをする人たちにとって天国なんだ!残念だけど、スリや盗難はイタリアでもあるんだ。世界中のどこでも起こってるようにね。
だから、イタリアを旅行するならスリや盗難に十分に注意しよう!

そんなスリや盗難から身を守る方法を下記に書いてるから、頭に入れておいてね!

★高そうな宝石やロレックスなんかの高級時計は身に着けないように!
★控え目な服を着て、すごく目立つような恰好は避けるように。
歩いている時や写真を撮る時に荷物から目を離さないで。旅行者はたまにイタリアの美しさにうっとりし過ぎて、荷物から目を離してしまうからね(笑)
混んでるバスや電車では荷物を体の前で持つように。こうしておくと常に荷物を見ておけるし、盗まれにくくなるからね。
鞄はファスナーがついてて、隙間なく口が閉じれるものを持とう。
★現金は最小限だけ持っておこう。イタリアではほとんどの場所でクレジットカードが使えるんだ。たとえ小さなカフェやバーでもね。だから大量の現金は必要ないんだ。
だからできる限りクレジットカードを使おう。万が一盗まれたらすぐにカードをブロックできるように、カード会社の盗難時の電話番号を控えたメモを携帯するように。

クレジットカードについて言えば、エポスカード年会費永久無料なのに海外旅行保険が自動付帯で、傷害・疫病治療の補償がとても充実してるから、とても安心だしお得だよ。持ち物の損害保険も自動で付いてるんだ。VISAだからイタリアでも問題なく使える。
旅行中もサポートデスクが日本語対応してくれるしね。海外旅行に行くなら絶対に持って行きたいクレジットカードだ。

更に、マルイでの買い物で使えるポイントが貯まったり、全国のカラオケ店やチェーンレストランなんかの割引特典もあるから(お店によって5-30%オフ)、日本でも使える優秀なカードだよ!
エポスカードについては「エポスカードの海外旅行保険が評判良いけど1枚で十分?使い方や内容・口コミは?」の記事で読んでね!

服装・鞄にも注意が必要!スリ・盗難を防ぐには?

イタリア旅行 注意すべきこと スリ・盗難を防ぐ服装

ベネチアにずっと住んでたから、何千人もの観光客たちを毎日見てきたんだ。それで驚いたのが、たくさんの旅行者たちが高そうな宝石や服、時計を身に着けてることだ。
あんな金持ちで現金をたくさん持ってますって見た目だったら、悪いやつらの格好の的だよ!

だから、イタリア旅行ではお金持ちに見えるような服装は極力しないように注意しよう(君が貧乏ならいらない心配だけどね)。
ホームレスみたいな恰好をしろというわけじゃないんだよ。スタイリッシュに見せることは悪いことじゃない。だってイタリアという、ファッション大国にいるんだから。
オシャレな服を着ておくと、イタリア人たちは喜んで「Bello!(かっこいい!)」とか「Bella!(きれい!)」とか言ってくれるよ(笑)

鞄もちゃんと口が完全に閉じるものを持っておこう。ちゃんとした鞄を持っておけば、安心して観光を楽しめるよ。
コールマンのこのリュックとかは信頼できるブランドものだし、丈夫・軽量でポケットも多くて使いやすいよ。色・デザインもたくさんある。

このGeoxのリュックは折りたたみができてコンパクトに持って行けるし、防水素材で便利だ。色の種類もたくさんあるよ。

もう一つの注意点は、ポケットに何も入れないことだ。プロのぬすっ人たちにとっては、ポケットから何かをスることなんておちゃのこさいさいだからね。

最後に、最近世界中で「スキミング」っていう、電波を使ってクレジットカードやパスポートの情報を読み取る犯罪が流行ってるんだ。機械を使って、財布や鞄の中のカード情報も読み取られてしまうから、スキミング防止のポーチやトラベルウォレットがあれば安心だよ。

このバッグはショルダーとリュックの2Wayで、スキミング防止素材のポケットが中についてるから、海外旅行にとても便利だ。

ちなみに、旅行に持って行きたい便利な持ち物については「海外旅行の便利な持ち物まとめ!おすすめ便利グッズで旅の悩み・不安を解消!」の記事に書いてる。

イタリア旅行では花やチケットの行商人に注意!

イタリア旅行 注意すべきこと 行商品

出典:By Adrian Pingstone (Arpingstone) – Own work, Public Domain

イタリアは観光名所がたくさんあるから、一部のイタリア国民にとってはいつでもどこでも、物を売るいい機会なんだよ。だから、行商人にも注意が必要だ。

街中やレストランで1-2ユーロとかの花を売ってくる人たちがいるけど、必要なければちゃんと「NO!」と言おう。
でも日本人は優しいから、もし街中で誰かがお花やおもちゃを売ろうとしてきたら「NO!」って言うのが難しいかもしれないね。
君さえ良ければ所詮1-2ユーロだし、買ってもいいと思うよ。ただあんまりしつこい押し売りたちからは距離を取った方がいい。

また、街中で紙に署名するように言われることもあるけど、「NO!」って言うか無視しよう。なんの紙かわからないのにサインなんてするものじゃないからね。

最後に、路上で博物館・美術館のチケットを売ってくる人がいるけど絶対に買っちゃいけないよ。公式チケットより安く見えても、それが本当に使えるチケットとは限らないからね。フェイクだったら大損だ。

イタリアはテロや犯罪の危険性があるの?治安は?

イタリア旅行 注意すべきこと カラビニエリ

日本人の友達はみんな、イタリア旅行に行く前にテロや犯罪の危険性について聞いてくるんだ。
そんな不安そうな君たちにいいことを教えよう!

イタリアはテロについて言えば、とても安全な国なんだよ。ヨーロッパの周りの国々ではテロの攻撃が最近あったけど、イタリアでは全然無かったんだ。イタリアの素晴らしい公安調査庁のおかげかな。

犯罪についても、観光客を巻き込むような犯罪事件はほとんど無いよ。治安は日本より悪いことは確かだけど、日本は世界一安全な国の中の一つだからね。日本と比べてもしょうがないよ!だから心配せずに旅行を楽しんできて!

イタリア人は英語を話せるの?

イタリア旅行 注意すべきこと 英語

イタリア人は英語を話せるかって?そんなわけないだろう!
ハハハ、冗談だよ。答えは、どこに行くかによって変わってくるんだ。

どの街に行っても観光案内所の係り員は数か国語を話すことができるんだ。彼らは英語は確実に話せるし、もしかしたら日本語を話す人もいるかも!ラッキー!

レストランやホテル、デパートや観光施設では常に誰かしら英語が話せるんだ。電車や地下鉄などの交通機関もそうだよ。
今時は僕のママンでさえ、「Thank you!」「Where are you from? 」ぐらいのフレーズは知ってるしね。

でも、もし観光地を離れて、小さな町や田舎に行こうと思ってるんなら英語でのコミュニケーションは難しいかもしれない。もし観光地以外に行くんなら、旅行会話の本か何かを持って行った方がいいよ。この記事「旅行で使えるイタリア語!イタリア人が教える旅行に役立つ厳選フレーズ集」も役に立つだろう。

ガイドブックも一冊あると安心だよ。

イタリアの交通機関は時間通りに来ない?

イタリア旅行 注意すべきこと イタリアの交通機関

うん、日本の交通機関は世界一時間に忠実で、イタリアはそうじゃないっていうのはよくわかってるよ!
確かに、イタリアの電車やバスは常に時刻表通りというわけじゃないんだ。でも前よりは良くなってるんだよ?時間がもうちょっと必要なだけで・・・22世紀頃にはきっと完璧さ!

冗談はこれぐらいにして、実は高速電車(日本の新幹線のような電車)はけっこう時間通りに来るんだ。だから、時刻に遅れないように電車の乗ろう。
ベネチアからフィレンツェに行く電車については別の記事「ベネチアからフィレンツェの移動は鉄道が一番?ベネチア人が教える交通ガイド!」に書いてるから、読んでみてね。

さあ、悪い部分もお伝えしよう。高速電車以外の公共交通機関や飛行機や船は、あまり時間通りには来ないんだ。特に通勤バスや電車はね。どれくらい遅れるかと言うと、ある時は数分だし、ある時は数十分なんだ。

だからもし公共交通機関で街を回るつもりなら、あんまりスケジュールをきつきつに入れないように気をつけよう。予定通りにいかない可能性があるからね。

最後に、イタリアではたまに電車や飛行機のストライキがあって、一日何も動かない日もあるんだ。ストライキは各メディアに最低1カ月前には知らされてるから、オンラインとかで調べるのは簡単だよ。宿泊先に聞くのもいいだろう。

イタリアのタクシー運賃に注意!

イタリア旅行 注意すべきこと イタリアのタクシー

イタリアの都市部では多くのタクシーが走ってるんだ。特に街の中心地や電車の駅、空港の辺りではね。
イタリアのタクシーは真っ白だから簡単に見つけることができるよ。

日本では皆がタクシーを使ってるけど、イタリアでは旅行者かビジネスマンぐらいしか使わないよ。
その理由は、料金が日本のタクシーよりもずっと高いからだ!更には渋滞のせいで、代金がとても高くなることがあるんだよ。
料金は距離と時間の両方で計算されるんだ。更に、計算方法は町によって様々なんだよ。
このようい、イタリアと日本のタクシーは勝手が違うから注意した方がいい。

だから、一番の方法は乗車する前に、タクシードライバーに目的地までいくらで行けるか聞くことだ。そしたらタクシーで行くか他の交通機関を使うか選べるだろう。

そして目的地に着いたら、必ずレシートをもらおう。レシートにちゃんと料金が表示されるからね。
もしお金を使いたくないなら公共交通機関の方がオススメだよ。
お金は気にしない、快適な旅がしたいって言うんならタクシーの旅を楽しんでね!

イタリアのお店の営業時間に注意!

イタリア旅行 注意すべきこと イタリアのお店

イタリアではたくさんのお店で、長いお昼休みをとるっていう習慣があるんだ。例えば、12時から午後3-4時まで閉まってるとかね。お店やシーズンによっても変わるけど。

だから、イタリア旅行中にショッピングをするつもりなら、営業時間に注意した方がいい。営業時間は前もって調べておこう。
デパートならお昼時もちゃんと開いてるから、心配しなくていい。

この習慣もこの頃は変わってきてて、イタリアの主な街では一日中開いてることも多くなってきてるよ。
全部のお店が一日中開いてるってわけではないけどね。

イタリアでは日曜日はお店が閉まる!?お土産を買う日に注意!

イタリア旅行 注意すべきこと 閉まってるお店

とっても重要な部分だ!!日曜日にショッピングをしたいって?
でもイタリアでは日曜日が安息日で、多くの店が閉まってるから気をつけて!

シーズンや街によっては日曜日もお店が開いてるかもしれないけど、それは例外的なんだよ。ミラノやローマとかの大きな都市では日曜日もお店が開いてるかもしれないけど、全部のお店が開いてるわけじゃないし、開いてても中心地のお店だけだろう。

だから、ショッピングしたいなら平日にすることをオススメするよ。帰国ギリギリになってから日曜日にショッピングに行って、行きたかったお店がしまってたら最悪だからね。

レストランのチャージと有料の水に注意!!

イタリア旅行 注意すべきこと イタリアのレストラン

イタリアのレストランでは一人につきチャージを払わないといけないんだ。レストランによるけど、1-3ユーロぐらいだよ。
レシートにはCOPERTOっていう記載になってて、これがチャージっていう意味なんだ。

このチャージによってたまにレストランとお客さんの間で誤解が生じるんだ。だから、レストランではチャージを払うものって覚えておいて。これはチップとはまた違うからね。

チップをあげるかどうかは君次第だよ。チップは絶対ではないし、特にルールもないんだ。君の気持ちと持ってるお金次第でチップをあげるかどうか決めればいいよ。

もう一つ重要なのが、レストランで無料の水は出ないってことだ。レストランで何を注文しても必ずお金がかかるのさ。水も含めてね。
ただ「お水ください」って言ったら必ずスパークリングウォーターか普通のお水かを聞かれるから、注文の際にどちらが欲しいかまで伝えた方が簡単だよ。

あと、自分で買った飲み物はお店に持ち込むことはできないよ。日本もそうだろう?

コーヒーを飲みたければ支払いが先!

イタリア旅行 注意すべきこと イタリアのバー(カフェ)

イタリアのバー(イタリアでは、日本で言う「カフェ」がバーって呼ばれてるんだ)ではたいてい支払いを先にしないといけないんだ。
まずおレジで注文を伝えて会計して、レシートをもらおう。それから注文カウンターでレシートを見せて、オーダーをもう一度伝えよう。

これがイタリアの効率的な仕事の方法さ。たかだかエスプレッソを作るのに、時間をかけてられないからね!

イタリアの医療機関の治療費は高い?

イタリア旅行 注意すべきこと イタリアの救急車

緊急時のために、イタリアで医療機関の受診がちゃんとできるって知ってた方がいい。公共の病院であれば、応急処置など、イタリア市民と全く同じ治療が受けられるんだ。
一部の国では海外旅行保険に入ってないと治療が受けられなかったりするけど、イタリアではそんなことないよ。

治療費は治療の種類によって変わるけど、保険がないとかなり高くなる場合があるから注意が必要だ。
だから絶対に海外旅行保険に入るか、海外旅行保険が付帯されたクレジットカードを持っておいた方がいいよ!特に傷害や疫病もちゃんとカバーしてくれるものがいい。
上述のクレジットカードエポスカードなら障害・疫病の高額補償が付いて、年会費は永久無料だから本当にオススメだよ!

健康・医療に関しては、お金を節約しようなんて考えないで。ちゃんと保険に入って、憂いなく旅行を楽しもう。

イタリアのプラグと電圧は?

イタリア旅行 注意すべきこと プラグ・電圧

日本の電化製品を使いたいなら、イタリアのプラグの形状や電圧が日本とは違うから注意してね。
日本ではプラグの形状がAタイプで電圧が100-110Vだけど、イタリアのプラグはCタイプで、電圧は220Vなんだ。

プラグの形状が違うことについては、変換プラグで簡単に解決ができるよ。色んな国に対応してるマルチ変換プラグで、USBポートがついてるものが便利だ。USBポートがあればスマホを直接充電できるからね。

電圧については、最近のスマホやパソコンの充電器はほとんど100-240Vまで対応可能ってなってると思うよ。対応電圧については充電器に記載があるはずだよ。

もしイタリアで使いたい電化製品が100-110Vまでしか対応してないなら、変圧器が必要になる。色んな変圧器があるけど、色んな国で使える変換プラグとセットでUSBポートが付いたものとかが便利で割安だと思うよ。これさえあれば、上で紹介した変換プラグがいらなくなるしね。

イタリアのトイレってどう?綺麗なトイレを使うには?

イタリア旅行 注意すべきこと イタリアのトイレ

日本を出るってことは、トイレという名の天国から離れるってことさ!
イタリアのトイレについて一言だけ言っておこう。イタリア一きれいな公共トイレは、日本一汚い公共トイレと同じぐらいのレベルなんだ。

イタリア人は家の中はとても綺麗にしてるんだよ。だからホテルのトイレは心配しなくていい。
でも公共トイレとなると、また違った話になるんだ。
そこまで汚いとは思わないけど、日本の公共トイレと比べると天と地ほどの差があるね!だから期待しちゃダメだ。

公共のトイレでは1ユーロほど払わないといけない場合もあるんだ。でも1ユーロ払ってそこそこ許容範囲のトイレを使えると思ったら、そんなに悪い話じゃないよ。主な電車の駅ではこの1ユーロ払うシステムを取り入れてる。
もし公共トイレが無料なら、ひどいトイレなことが多いよ。

ティッシュは常に持ち歩いてた方がいいよ。公共のトイレにはトイレットペーパーが無いことも多いからね。あとは抗菌のウェットティッシュも持ち歩いておこう。

ここで旅のコツを教えよう!コーヒーやお菓子を買って、トイレを使うんだ!
公共トイレはあまりないから、イタリア人たちはバー(カフェ)でコーヒーを買って、店内のトイレを使わせてもらうんだよ。何か買う前に店内にトイレがあるか聞いてね。

街中で道路を渡る時は気をつけて!

イタリア旅行 注意すべきこと イタリアの交通渋滞

日本ではドライバーたちがとても気をつけて運転してるけど、イタリアでは逆なんだ。
イタリア人はスピードだし、イタリアでは渋滞もよく起こる。イタリア人は歩行者が道路を渡るのを待つのが大嫌いなんだ・・・待つなんて時間の無駄だってね!

おかしな話かもしれないけど、イタリアの道路を歩く習慣に慣れてないととても危険なんだよ。
だから道路を渡るときは日本よりもずっと気をつけて渡ってほしい。車がちゃんと止まってくれることを確認してから渡ろう。日本でもするように、手を上げて「止まって!ひかないで!」って意思表示をしよう。

歴史地区の中心地には車が入れないことも多いけどね。ローマやミラノ、フィレンツェなんかもそうだ。ベネチアの歴史地区は車が全く入れないから、一番安全だよ!

助けが必要だって?警察とカラビニエリの出番だ!

イタリア旅行 注意すべきこと イタリアのカラビニエリ

イタリアには二つのタイプの警察がいるんだ。一つはポリツィア(Polizi、日本でいう警察)で、もう一つはカラビニエリ(Carabinieri 、国家憲兵)だ。
彼らは国の治安を守っていて、それぞれ違う役割を担ってるんだよ。

イタリアに行ったら、何度もパトロールの場面を見るだろう。彼らは何かあった時のために、常に声をかけれる場所にいてくれるんだ。
ポリツィアとカラビニエリを見分けるのは簡単で、ポリツィアは青い制服、カラビニエリは黒い制服を着てるよ。

緊急時には彼らに電話すればいい。無料通話で、英語も使える。

カラビニエリ(Carabinieri )112 盗難やスリ、犯罪、パスポートの紛失などはこちら
ポリツィア(Polizia)113 交通事故とか交通関係の事故はこちら

ちなみに救急車の電話番号は下記だ。必要ないのが一番だけど、知っておくにこしたことはないからね。

救急車118

まとめ:イタリア旅行で注意すべきこと!英語は通じる?治安・スリなど危険は?

この記事では「イタリア旅行で注意すべきこと!英語は通じる?治安・スリなど危険は?」について書いたよ。
イタリアについて日本では悪い噂が色々流れてるみたいだけど、大げさなものが本当に多いから(笑)僕がここで書いてることに従えば、安心して旅が楽しめると思うよ。

もしこの記事が役に立ったなら、ぜひ周りの人にもシェアしてね。
コメントや質問もいつでも待ってるよ!

イタリアの関連記事はこちら↓↓

By |2018-11-06T09:46:02+00:008月 15th, 2018|Categories: イタリア観光, ヨーロッパ旅行|Tags: , , |0 Comments

おすすめ記事

関連記事

Leave A Comment

CAPTCHA